アレクセイ・ラトマンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクセイ・ラトマンスキー
原語名 Алексей Ратманский
生誕 アレクセイ・オシポーヴィチ・ラトマンスキー(Алексей Осипович Ратманский)
(1968-08-27) 1968年8月27日(51歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
職業 バレエダンサー、振付家
雇用者 ボリショイ劇場
アメリカン・バレエ・シアター

アレクセイ・オシポーヴィチ・ラトマンスキー(Alexei Osipovich Ratmansky、ロシア語: Алексей Осипович Ратманский, 1968年8月27日レニングラード)- )は、ロシア国籍を有するアメリカ人[1]振付家、元バレエダンサーである。2014年4月にアメリカン・バレエ・シアターのアーティスト・イン・レジデンスに就任[2]。2004年から2008年まで、ボリショイ・バレエの芸術監督を務めた[3]

ダンサーとしてのキャリア[編集]

ラトマンスキーは、レニングラードに生まれ、ボリショイバレエ学校で、ピョートル・ペストフ及びアレクサンドラ・マルケーエヴァから指導を受ける[2]。1986年に同校を卒業し、キエフでダンサーとしてのキャリアを開始。その後、ウクライナ国立バレエ団、ロイヤル・ウィニペグ・バレエ団英語版及びデンマーク王立バレエ団英語版でプリンシパル・ダンサーを務めた。

振付及び運営上のキャリア[編集]

1998年にジョージア国立バレエ団英語版のために振り付けた『日本の夢』の上演によって、振付家として名が知られるようになる。同作と1997年の『チャームズ・オブ・マンネリズム』は、いずれもニーナ・アナニアシヴィリのために振り付けた作品である[4]。 『日本の夢』は、ロシア演劇人同盟のゴールデン・マスク賞英語版を受賞した。

アレクセイ・ラトマンスキーとユーリ・ハノン(1998年11月24日『The Middle Duo』マリインスキー劇場

ラトマンスキーの特徴は、大規模なカンパニーのために伝統的な古典バレエを改訂・再演している点にある[5]。初めて手がけた物語バレエは、2002年にマリインスキー・バレエのために制作した『シンデレラ』全3幕である[4]。2003年に上演されたボリショイ・バレエの『明るい小川』によって、翌年同バレエ団の芸術監督に任命された。2005年には、全幕物のプロダクション『ボルト』を制作。2007年、2008年には『海賊』及び『パリの炎』の再演を手がけた。ロンドン批評家協会は、ラトマンスキー芸術監督率いるボリショイ・バレエ団に対し、2005年、2007年に「Best Foreign Company」に選定する。ラトマンスキー自身は、『明るい小川』によって、ナショナル・ダンス・アワードを受賞した。

ボリショイで芸術監督を務めた後、ニューヨーク・シティ・バレエ団との間でレジデント・コレオグラファー就任の交渉を行うが合意に至らず、2008年にアメリカン・バレエ・シアターのファースト・アーティスト・イン・レジデンスに就任する[6]。ラトマンスキーがNYCBのために制作したバレエ作品に『ロシアの季節』及び『コンチェルトDSCH英語版』、ABTのための作品に『ドニエプル川の岸辺で英語版』及び『七つのソナタ』がある。

2011年、プロコフィエフの『ロメオとジュリエット』を振り付け、トロントでカナダ国立バレエ団英語版によって世界初演が行われた。そのロンドン公演では、ニューヨーク・タイムズの評論家アラステア・マコーレーから「今日クラシック・バレエを専門とする中でも最も才能に恵まれた振付家である」と賛辞を受けた[7]

2014年、セルゲイエフ・コレクション英語版からマリウス・プティパによる最終的な再現版を復刻・再振付して『パキータ』を制作し、キャリアの新境地を開拓する。この復刻版の世界初演は、2014年12月にミュンヘンバイエルン国立バレエによって行われた。2015年3月、アメリカン・バレエ・シアターのために再度プティパ作品の復刻に取り組み、オレンジ郡で『眠れる森の美女』の世界初演が行われ、後にスカラ座でも上演された。その後、プティパ/イワノフ版の1895年に上演された『白鳥の湖』の復刻を手がけ、2016年2月にチューリッヒで世界初演が行われた。

振付作品[編集]

  • 1988年:La Sylphide-88、Duet-buff #1 & 2
  • 1993年:パ・ド・グレアム
  • 1994年:妖精の接吻、アルボラーダ、ホイップクリーム、98 steps
  • 1995年:Hurluburlu、Poor Little Things
  • 1996年:サラバンド
  • 1997年:チャームズ・オブ・マンネリズム、カプリッチオ、クラコヴィアク、Old Juniet's Carriol
  • 1998年:日本の夢、ミドル・デュエット、法悦の詩、妖精の接吻(第2版)
  • 1999年: Water、Chrizantemums
  • 2001年:Turandot's DreamFlight to Budapest、レア、くるみ割り人形
  • 2002年:シンデレラ、焔に向かって、火の鳥
  • 2003年:明るい小川、動物の謝肉祭、ボレロ
  • 2004年:アンナ・カレーニナ、レア(第2版)
  • 2005年:ボルト、カルタ遊び
  • 2006年:ロシアの季節
  • 2007年:海賊(マジリエ/プティパ版改訂、ユーリ・ブルラーカとの共作)、墜落する老婆たち
  • 2008年:ビゼー・ヴァリエーション、月に憑かれたピエロ、コンチェルトDSCH、パリの炎(ワイノーネン版改訂)
  • 2009年:せむしの仔馬、ワルツ・ファンタジー、ドニエプルの岸辺で、Scuola di Ballo(バレエ学校)、七つのソナタ
  • 2010年:ドン・キホーテ(プティパ/ゴルスキー版改訂)、ナムーナ、ファンダンゴ、くるみ割り人形(第2版)
  • 2011年:幻滅(失われた幻影)、Dumbarton、プシュケ、ロメオとジュリエット
  • 2012年:なつかしい土地の思い出、シンフォニック・ダンス、火の鳥(第2版)、金鶏、交響曲第9番
  • 2013年:24の前奏曲、異国より、室内交響曲、ピアノ協奏曲第1番、シンデレラ(第2版)、Opera、テンペスト* 2014年:舞踏組曲、展覧会の絵、ロンド・カプリチオーソ
  • 2016年:プラトンの饗宴に寄せるセレナーデ[8]
  • 2017年:ホイップクリーム[9]、オデッサ[10]

復刻作品[編集]

  • 2014年:パキータ
  • 2015年:眠れる森の美女
  • 2016年:白鳥の湖

受賞[編集]

2005年、デンマーク王立バレエ団が上演した『アンナ・カレーニナ』の振付でブノワ賞受賞。2007年、ボリショイ・バレエのために振り付けたカルタ遊びでゴールデン・マスク賞の最優秀振付家賞受賞。

2013年、マッカーサー・フェローに選ばれ、「天才賞」を受賞した[11]。これは、分野を問わず継続的に優れた創作活動を行っている卓越した才能と将来性を示した人物に対して与えられる助成金である。

脚注[編集]

  1. ^ Kourlas, Gia (2016年5月15日). “Alexei Ratmansky Has Russian Poetry and an American Pulse”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2016/05/15/arts/dance/alexei-ratmansky-has-russian-poetry-and-an-american-pulse.html?_r=1 2016年5月18日閲覧。 
  2. ^ a b Goodman, Stephanie (2011年4月27日). “Alexei Ratmansky Gives ABT 10 More Years”. The New York Times (New York, United States). http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2011/04/27/alexei-ratmansky-gives-abt-10-more-years/ 2012年3月3日閲覧。 
  3. ^ Brown, Chip. “Russian Revolutionary”. The New York Times. 2017年7月25日閲覧。
  4. ^ a b Khadarina, Oksana (2012年10月23日). “Mariinsky Ballet – Cinderella – Washington”. DanceTabs. http://www.dancetabs.com/2012/10/mariinsky-ballet-cinderella-washington/ 2012年11月15日閲覧。 
  5. ^ Sulcas, Roslyn (2012年9月24日). “The New Season: Big-Name Dance Makers on Parade”. The New York Times (New York, United States). http://rendezvous.blogs.nytimes.com/2012/09/24/the-new-season-big-name-dance-makers-on-parade/ 2012年9月25日閲覧。 
  6. ^ Harss, Marina (2009年10月12日). “Ratmansky Takes Manhattan”. The Nation. http://www.thenation.com/article/ratmansky-takes-manhattan?page=0,0#axzz2b2SIUjdl 2013年8月5日閲覧。 
  7. ^ Macaulay, Alastair (2013年4月22日). “Carrying a Torch for Pure Academic Ballet”. New York Times (New York, United States). https://www.nytimes.com/2013/04/23/arts/dance/romeo-and-juliet-with-national-ballet-of-canada-in-london.html?_r=0 2013年4月22日閲覧。 
  8. ^ Acocella, Joan (2016年10月23日). “Alexei Ratmansky Makes a Ballet about Love”. The New Yorker. http://www.newyorker.com/culture/culture-desk/alexei-ratmansky-makes-a-ballet-about-love 2017年5月6日閲覧。 
  9. ^ Bleiberg, Laura (2017年3月17日). “We're still on a sugar high: Run (or leap) to American Ballet Theatre's 'Whipped Cream'”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/arts/la-et-cm-abt-whipped-cream-review-20170317-story.html 2017年5月10日閲覧。 
  10. ^ Macaulay, Alastair (2017年5月5日). “For the Couples in This Alexei Ratmansky Ballet, Love Is Not Enough”. New York Times. https://www.nytimes.com/2017/05/05/arts/for-the-couples-in-this-alexei-ratmansky-ballet-love-is-not-enough.html 2017年5月6日閲覧。 
  11. ^ MACARTHUR FELLOWS / MEET THE CLASS OF 2013 Alexei Ratmansky”. 2017年7月25日閲覧。