アレグザンダー・フレイザー (第19代ソルトーン卿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第19代ソルトーン卿アレグザンダー・ウィリアム・フレイザー英語: Alexander William Frederick Fraser, 19th Lord Saltoun1851年8月8日 - 1933年6月19日)は、イギリススコットランド貴族政治家陸軍軍人

経歴[編集]

1851年8月8日、第18代ソルトーン卿アレグザンダー・フレイザー英語版とその妻シャーロット(旧姓エヴァンズ)の長男として生まれる[1]

イートン校で学ぶ[1]1869年陸軍に入隊。1880年にはグレナディアガーズの中佐となるが、1886年に退役した[2]

1886年2月1日に父が死去し、爵位を継承した。1890年から1933年にかけてスコットランド貴族貴族代表議員に選出され、貴族院議員を務めた。所属政党は保守党だった[2]

1897年から1900年にかけてフリーメイソンスコットランド・グランドロッジ・グランドマスター英語版を務めた[2]

1933年6月19日に死去。爵位は長男のアレグザンダーが継承した[1]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

家族[編集]

1885年にメアリー・グラタン=ベリューと結婚し、彼女との間に以下の5子を儲ける[1]

  • 第1子(長男)アレグザンダー・アーサー・フレイザー (1886-1979) - 第20代ソルトーン卿を継承。
  • 第2子(次男)ジョージ・フレイザー (1887-1970)
  • 第3子(三男)シモン・フレイザー (1888-1914) - 第一次世界大戦で戦死
  • 第4子(四男)ウィリアム・フレイザー英語版 (1890-1964) - 陸軍准将
  • 第5子(長女)メアリー・アレグザンドラ・フレイザー (1891-1969)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “Alexander William Frederick Fraser, 19th Lord Saltoun of Abernethy” (英語). thepeerage.com. 2015年9月13日閲覧。
  2. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Saltoun of Abernethy, Lord (S, 1445)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年9月13日閲覧。
フリーメイソン
先代:
チャールズ・ダリンプル英語版
スコットランド・グランドロッジ
グランドマスター英語版

1897年–1900年
次代:
ジェイムズ・ホージア英語版
スコットランドの爵位
先代:
アレグザンダー・フレイザー
第19代ソルトーン卿
1886年–1933年
次代:
アレグザンダー・フレイザー