アレックス・ウィルキンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレックス・ウィルキンソン Football pictogram.svg
Alex Wilkinson.jpg
セントラルコースト時代(2008年)
名前
本名 アレクサンダー・ウィリアム・ウィルキンソン
Alexander William Wilkinson
ラテン文字 Alex Wilkinson
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1984-08-13) 1984年8月13日(33歳)
出身地 シドニー
身長 187cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 シドニーFC
ポジション DF (CB)
背番号 4
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004 オーストラリアの旗 ノーザン・スピリット英語版 45 (0)
2004 オーストラリアの旗 ライド・シティ 19 (3)
2004-2005 オーストラリアの旗 マンリー・ユナイテッド英語版 15 (0)
2005-2012 オーストラリアの旗 セントラルコースト 172 (2)
2011 中華人民共和国の旗 江蘇舜天(loan) 10 (0)
2012-2015 大韓民国の旗 全北現代 86 (2)
2016 オーストラリアの旗 メルボルン・シティ 10 (0)
2016- オーストラリアの旗 シドニーFC 53 (0)
代表歴2
2001  オーストラリア U-17 9 (4)
2011  オーストラリア U-20 8 (0)
2014-  オーストラリア 16 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年6月12日現在。
2. 2015年11月17日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレクサンダー・ウィリアム・"アレックス"・ウィルキンソンAlexander William "Alex" Wilkinson, 1984年8月13日 - )は、オーストラリアシドニー出身の同国代表サッカー選手シドニーFC所属。ポジションはDF

クラブ歴[編集]

幼少の頃からスポーツ選手としての頭角を現し、ユース時代にはノース・ライドからノーザン・スピリットFCの下部組織に在籍した。この頃のチームメイトにはブレット・ホルマンがいる。2002年に同クラブでプロ選手となると、ライド・シティ・ガンナーズを経て2004年にマンリー・ユナイテッドFCに加入した。

2005年にAリーグセントラルコースト・マリナーズFCに移籍、2006年11月12日にノエル・スペンサー英語版がスタメン落ちするとキャプテンマークを巻いた。その後スペンサーが怪我で苦しんでいる間、主将としての役割を全うした。これによって2007-08シーズンから正式に主将となった。彼が怪我によって欠場している間はトニー・ヴィドマージョン・ハッチンソン英語版が代わりに主将となった。2011年3月17日には中国の江蘇舜天に短期間のレンタル移籍の運びとなった[1]。その後セントラルコーストに復帰すると合計200試合以上に出場し、後にハッチンソンによって更新されるまで同クラブの歴代最多出場記録を保持した。

2012年7月18日には2年半の契約でKリーグ全北現代モータースに移籍。移籍金は45万ドルと報じられた[2]

2016年2月にメルボルン・シティFCに移籍しAリーグ復帰を果たした[3]。ファイナルシリーズでメルボルン・シティが敗れるとシドニーFCに移籍、セントラルコースト時代の監督であるグラハム・アーノルドと再会した[4][5]。加入後は2シーズン連続でリーグのベストイレブンに選出される活躍を見せている[6]

代表歴[編集]

2003 FIFAワールドユース選手権にオーストラリアU-20代表として出場経験がある。

2006年8月にはAFCアジアカップに向けてのクウェート戦でA代表に初選出されたものの出場はならなかった[7]。その後カタールのトレーニングの際の37人にも選出された。結局、A代表初出場となったのは2014年3月5日にロンドンのニュー・デン・スタジアムで行われたエクアドルとの親善試合であった。

その後2014 FIFAワールドカップのメンバー入りし、初戦のチリ戦では相手のゴールをクリアした。この時、国際サッカー連盟の新たなゴールラインレビューシステムが初めて使用され、彼は同システムの初使用選手となり、その結果彼のクリアが認められた。

2015年3月30日のマケドニア共和国との親善試合では72分にミル・ジェディナクが交代で退いた事によって、キャプテンマークを代表では初めて巻く事となった。

エピソード[編集]

メルボルン・レクタンギュラー・スタジアムで初めて得点を決めた選手である。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

セントラルコースト
  • Aリーグ : 2007-08, 2011-12
  • Aリーグ・プレシーズンチャレンジカップ英語版: 2005
全北現代

代表[編集]

オーストラリア

個人[編集]

  • Kリーグ・ベストイレブン : 2014
  • Aリーグ・ベストイレブン : 2016-17, 2017-18

脚注[編集]

  1. ^ Wilkinson's Chinese adventure” (2011年3月17日). 2016年8月17日閲覧。
  2. ^ Wilkinson Confirms Korea Move - Australia News - Australian FourFourTwo - The Ultimate Football Website(2012年8月9日時点のアーカイブ
  3. ^ City Signs Alex Wilkinson”. Melbourne City FC (2016年2月5日). 2016年8月17日閲覧。
  4. ^ Alex Wilkinson Departs To Pursue A-League Opportunity”. Melbourne City FC (2016年4月26日). 2016年8月17日閲覧。
  5. ^ Sydney FC Sign Socceroo Alex Wilkinson”. Sydney FC (2016年4月26日). 2016年8月17日閲覧。
  6. ^ Eight Sydney FC players named in PFA’s A-League Team of the Year”. Daily Telegraph (2018年5月2日). 2018年6月17日閲覧。
  7. ^ Mariners youngster added to Socceroos training camp” (2006年8月7日). 2016年8月17日閲覧。