アレックス・キニョネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はキニョネス第二姓(母方の)はマルティネスです。
アレックス・キニョネス Portal:陸上競技
Kiryu Martina Daegu 2013.jpg
選手情報
フルネーム アレックス・レオナルド・キニョネス・マルティネス
ラテン文字 Alex Leonardo Quiñónez Martínez
国籍 エクアドルの旗 エクアドル
競技 陸上競技短距離走
種目 100m, 200m
生年月日 (1989-08-11) 1989年8月11日(30歳)
出身地 エスメラルダス県エスメラルダス
身長 176cm
体重 65kg
成績
オリンピック 200m:7位(2012年
世界選手権 100m:予選2組7着(2013年
200m:3位(2019年
地域大会決勝 パンアメリカン競技大会
200m:6位(2011年
4x100mR:5位(2011年)
自己ベスト
100m 10秒09A(2013年,2018年)エクアドル記録
200m 19秒87(2019年)エクアドル記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アレックス・レオナルド・キニョネス・マルティネスAlex Leonardo Quiñónez Martínez1989年8月11日 ‐ )は、エクアドルエスメラルダス出身の陸上競技選手。専門は短距離走100mで10秒09、200mで19秒87の自己ベストを持つ、両種目のエクアドル記録保持者。2012年ロンドンオリンピック男子200mのファイナリスト(7位)であり、2019年ドーハ世界陸上男子200mの銅メダリストである。

経歴[編集]

2012年8月、ロンドンオリンピック男子200m予選でエクアドル新記録(当時)となる20秒28(+0.7)をマークし、全体1位で予選を突破[1]。男女通じてエクアドル勢初となるオリンピック短距離種目のセミファイナリストになると、準決勝は20秒37(-0.6)の全体8位で突破してエクアドル勢初のファイナリストとなったが[2]、決勝は20秒57(+0.4)とタイムを落とし7位に終わった[3]

2013年5月25日、メデジンで行われたヒメナ・レストレポ国際グランプリ男子100mにおいて、南アメリカ歴代3位(当時)およびエクアドル新記録となる10秒09(+2.0)をマーク。フランクリン・ナサレノ英語版の持つ従来のエクアドル記録(10秒22)を更新するとともに、南アメリカ史上4人目となる10秒0台を達成した[注 1][4]

2013年7月、南アメリカ選手権 (enに出場すると、男子100mを10秒22(+1.3)で制してエクアドル男子初となる南アメリカ選手権短距離種目の金メダリストになると、男子200mも大会タイ記録の20秒44(+1.8)で制し2冠を達成した[5]

2013年8月、モスクワ世界選手権男子200mで準決勝に進出し、男女通じてエクアドル初となる世界選手権200mセミファイナリストとなった[6]

自己ベスト[編集]

  • 記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、-は向かい風を意味する。
種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒09A (+2.0) 2013年5月25日 コロンビアの旗 メデジン 南アメリカ歴代4位
エクアドル記録
高地記録
10秒09A (-0.7) 2018年6月6日 ボリビアの旗 コチャバンバ
200m 19秒87 (-0.1) 2019年7月5日 スイスの旗 ローザンヌ エクアドル記録

主要大会成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの
大会 場所 種目 結果 記録 備考
2006 南アメリカユース選手権 (en ベネズエラの旗 カラカス 200m 予選 22秒88 (-1.2)
400m 予選 51秒91
4x100mR 6位 43秒63 (1走)
メドレーR 4位 1分59秒96 (4走)
2009 アルバ競技大会 (en キューバの旗 ハバナ 200m 8位 22秒09 (+2.3)
400m 6位 49秒00
4x100mR 2位 40秒67 (4走)
4x400mR 4位 3分17秒38 (4走)
2011 南アメリカ選手権 (en アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス 200m 予選 21秒57 (+0.7)
4x100mR 5位 41秒90 (3走)
アルバ競技大会 (en ベネズエラの旗 バルキシメト 200m 4位 20秒95 (+2.4)
4x100mR 3位 40秒73 (3走)
4x400mR 4位 3分10秒94
パンアメリカン競技大会 (en メキシコの旗 グアダラハラ 200m 6位 20秒86 (-1.0) 準決勝20秒49 (+0.2):自己ベスト
4x100mR 5位 39秒76 (3走)
2012 イベロアメリカ選手権 (en ベネズエラの旗 バルキシメト 100m 優勝 10秒34 (-0.2) 自己ベスト
200m 優勝 20秒34 (-0.9) エクアドル記録
4x100mR 3位 40秒83 (4走)
4x400mR 5位 3分09秒48 (4走)
オリンピック イギリスの旗 ロンドン 200m 7位 20秒57 (+0.4) 予選20秒28 (+0.7):エクアドル記録
2013 南アメリカ選手権 (en コロンビアの旗 カルタヘナ 100m 優勝 10秒22 (+1.3)
200m 優勝 20秒44 (+1.8) 大会タイ記録
4x100mR 4位 40秒11 (1走)
4x400mR 4位 3分15秒61 (3走)
世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 100m 予選 10秒50 (-0.4)
200m 準決勝 20秒55 (0.0)
ボリバリアンゲームズ (en ペルーの旗 トルヒーリョ 100m 優勝 10秒52 (-0.3)
200m 優勝 20秒47 (0.0) 大会記録
4x100mR 2位 39秒62 (4走)
4x400mR 3位 3分12秒19 (3走)
2014 南アメリカ競技大会 (en チリの旗 サンティアゴ 100m 3位 10秒39 (+1.1)
200m 2位 20秒66 (-1.0)
4x100mR 5位 40秒41 (4走)
2015 南アメリカ選手権 (en ペルーの旗 リマ 100m 2位 10秒43 (-1.1)
200m 優勝 20秒76 (0.0)
4x100mR 優勝 39秒94 (4走)
パンアメリカン競技大会 (en カナダの旗 トロント 200m 準決勝 20秒81 (+1.0)
世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 200m 予選 DQ フライング
2017 南アメリカ選手権 (en パラグアイの旗 アスンシオン 4x100mR 4位 40秒61 (4走)
ボリバリアンゲームズ (en コロンビアの旗 サンタ・マルタ 100m 優勝 10秒13 (+1.6)
200m 優勝 20秒27 (+1.3)
4x100mR 3位 39秒83

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 第30回オリンピック男子200m予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月14日閲覧。
  2. ^ 第30回オリンピック男子200m準決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月14日閲覧。
  3. ^ 第30回オリンピック男子200m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月14日閲覧。
  4. ^ Destacable nivel técnico en el Gran Prix de Atletismo Ximena Restrepo”. Gustavo Adolfo Calume Pineda (2013年5月27日). 2016年8月25日閲覧。
  5. ^ Quinonez and Lemos Silva double up at South American Championships”. 国際陸上競技連盟 (2013年7月7日). 2015年6月12日閲覧。
  6. ^ 「Best National Placings」参照 (PDF, 32.8 MB) Moscow 2013 statistics book 2016年2月15日閲覧
記録
先代:
フランクリン・ナサレノ英語版
(10秒22)
2007年3月10日
男子100m
エクアドル記録保持者
(10秒09)

2013年5月25日 -
次代:
未定
先代:
フランクリン・ナサレノ
(20秒47)
2007年6月3日
男子200m
エクアドル記録保持者
(20秒34 - 19秒87)

2012年6月9日 -
次代:
未定