アレックス・ギブニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレックス・ギブニー
Alex Gibney
Alex Gibney
生年月日 (1953-10-23) 1953年10月23日(65歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
職業 映画監督プロデューサー
ジャンル ドキュメンタリー映画
活動期間 1980 -
主な作品
2005年『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?
2007年『「闇」へ
2008年『GONZO
2010年『カジノ・ジャック』

アレックス・ギブニー(Alex Gibney、1953年10月23日 - )は、アメリカ合衆国ドキュメンタリー映画監督プロデューサー

2005年の『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』で第78回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞の候補に挙がり、2年後の『「闇」へ』で第80回同賞の受賞を果たした。さらに2010年の『Client 9: The Rise and Fall of Eliot Spitzer』でも第83回同賞にノミネートされている。

来歴[編集]

父親は『太平洋の世紀』などで知られるジャーナリストで、ブリタニカ百科事典の日本語版編纂にも関わった[1]フランク・ギブニー。イェール大学で学士号を取得後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院で映画を学ぶ。

1982年、自身の製作会社ジグソー・プロダクションズを設立。1992年にPBSで放送された父の著作のテレビシリーズ化『太平洋の世紀〜アメリカ人ジャーナリストが見たアジア〜』でニュース・ドキュメンタリー・エミー賞歴史番組賞を受賞。2003年に同じくPBSで放送されたマーティン・スコセッシが製作総指揮を務め、ヴィム・ヴェンダースマイク・フィギスらが監督した音楽ドキュメンタリーシリーズ『THE BLUES Movie Project』ではシリーズ全体のプロデューサーを務めた。

ニューズウィークロサンゼルス・タイムズ、ニュー・リパブリック、シカゴ・リーダー、サンフランシスコ・クロニクルなどに寄稿している[2]

2010年、『Utne Reader』誌の「25 Visionaries Who Are Changing Your World」に選ばれた[3]

スタイル[編集]

多作で知られ、2005年から2010年の間に10本の監督作品を世に送り出した。映画評論家の町山智浩は「ギブニーはマイケル・ムーアのようにカメラの前に出てくることはないが、その作品には一貫するテーマがある。人間の心理の危うさだ」と評している[4]

訴訟[編集]

2008年6月19日、ギブニーの会社は『「闇」へ』を配給したシンクフィルムが同作の公開・宣伝を十分に行わなかったため損害を被ったとして、業界団体に仲裁を求めた。ギブニーによると映画は28万ドルしか稼ぐことができなかったという[5][6]

監督作品[編集]

  • The Ruling Classroom (1980)
  • Manufacturing Miracles (1988)
  • The Fifties (1997) - テレビミニシリーズ
  • AFI's 100 Years... 100 Movies: Love Crazy (1998)
  • The Sexual Century: Sexual Explorers (1999)
  • The Sexual Century: The Sexual Revolution (1999)
  • Jimi Hendrix and the Blues (2001)
  • エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? Enron: The Smartest Guys in the Room (2005)
  • 3 Doors Down: Away from the Sun, Live from Houston, Texas (2005)
  • Behind Those Eyes (2005)
  • Time Piece (2006) - オムニバスの一篇 "Empire of the Pushcarts"
  • The Human Behavior Experiments (2006)
  • 「闇」へ Taxi to the Dark Side (2007)
  • GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜 Gonzo: The Life and Work of Dr. Hunter S. Thompson (2008)
  • カジノ・ジャック〜史上最悪のロビイスト〜 Casino Jack and the United States of Money (2010)
  • My Trip to Al Qaeda (2010)
  • ヤバい経済学 Freakonomics (2010) - オムニバスの一篇 "Pure Corruption"
  • Client 9: The Rise and Fall of Eliot Spitzer (2010)
  • Magic Trip: Ken Kesey's Search for a Kool Place (2011)
  • Catching Hell (2011)
  • The Last Gladiators (2011)
  • 最大の過ち: 神のみもとの沈黙 Mea Maxima Culpa: Silence in the House of God (2012)
  • パーク・アベニュー 格差社会アメリカ Park Avenue: Money, Power and the American Dream (2012)
  • ストーリー・オブ・ウィキリークス〜正義と犯罪の狭間 We Steal Secrets: The Story of WikiLeaks (2013)
  • ランス・アームストロング ツール・ド・フランス7冠の真実 The Armstrong Lie (2013)
  • ファインディング・フェラ Finding Fela (2014)
  • ミスター・ダイナマイト: ファンクの帝王ジェームス・ブラウン Mr. Dynamite: The Rise of James Brown (2014)
  • ゴーイング・クリア: サイエントロジーと信仰という監禁 Going Clear: Scientology and the Prison of Belief (2015)
  • スティーブ・ジョブズ 知られざる男の正体 Steve Jobs: The Man in the Machine (2015)
  • Sinatra: All or Nothing at All (2015)
  • 倒壊する巨塔-アルカイダと「9.11」への道: 製作総指揮および脚本 (2018, Huluオリジナルドラマシリーズ)

参考文献[編集]

  1. ^ Woollard, Rob (2008年2月26日). “米軍の捕虜拷問を批判した作品、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞に”. AFPBB News. フランス通信社. 2010年11月25日閲覧。
  2. ^ About Jigsaw” (英語). Jigsaw Productions. 2010年11月25日閲覧。
  3. ^ Nelson, Rob (2010年10月). “Alex Gibney: The Smartest Guy in the Room” (英語). Utne Reader. Ogden Publications. 2010年11月25日閲覧。
  4. ^ 町山智浩コラム4 町山智浩のアレックス・ギブニー論」、『BRUTUS』第31巻第22号、マガジンハウス、2010年11月、 105頁、2010年11月25日閲覧。
  5. ^ Kearney, Christine (2008年6月26日). “US documentary maker seeks damages over Oscar film” (英語). Reuters. トムソン・ロイター. 2010年11月25日閲覧。
  6. ^ Lyons, Charles (2008年6月26日). “Filmmaker Says Distributor Failed Him” (英語). ニューヨーク・タイムズ. 2010年11月25日閲覧。