アレックス・トーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はトーレス第二姓(母方の)はマトスです。
アレックス・トーレス
Alex Torres
群馬ダイヤモンドペガサス #54
Alex Torres on April 23, 2015.jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2015年4月23日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 カラボボ州バレンシア
生年月日 (1987-12-08) 1987年12月8日(31歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 アマチュア・フリーエージェントとしてロサンゼルス・エンゼルスと契約
初出場 2011年7月18日 ニューヨーク・ヤンキース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ代表
WBC 2013年

アレクサンダー・ヘスス・トーレス・マトスAlexander Jesus Torres Matos, 1987年12月8日 - )は、ベネズエラカラボボ州バレンシア出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在はベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとエンゼルス傘下時代[編集]

2005年にアマチュア・フリーエージェントとしてロサンゼルス・エンゼルスと契約。

レイズ時代[編集]

2009年8月にスコット・カズミアーとのトレードショーン・ロドリゲス、マシュー・スウィーニーと共にタンパベイ・レイズに移籍した[1]

2010年はAA級モンゴメリー・ビスケッツで11勝6敗、防御率3.27を記録し、レイズのプロスペクトランキングで第6位にランクインした。オフには、ベネズエラウィンターリーグで、リーグ新記録にあと1つと迫る9者連続奪三振を達成した[2]

2011年7月18日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビュー。この1試合の登板のみで、一旦AAA級ダーラム・ブルズへ降格したが、9月のロースター拡大に伴って再昇格すると、9月24日トロント・ブルージェイズ戦で2番手として5イニングを無失点に抑え、メジャー初勝利を挙げた[3]

2013年開幕前の3月に第3回WBCベネズエラ代表に選出された[4]

パドレス時代[編集]

2014年1月22日ブラッド・ボックスバーガーローガン・フォーサイスら5選手とのトレードでジェシー・ハンと共にサンディエゴ・パドレスへ移籍[5]3月3日にパドレスと1年契約に合意した[6]6月21日ロサンゼルス・ドジャース戦では、打球直撃時の衝撃を和らげることができるヘルメット型の帽子を被って登板し、この年より導入されたその帽子を初めて使用した投手となった[7]

メッツ時代[編集]

2015年3月30日にコリー・マッツォーニ、ブラッド・ウェイックとのトレードでニューヨーク・メッツへ移籍した[8]8月5日エリック・オフラハティの加入に伴ってDFAとなった[9]。11月6日に自由契約となり、オフはベネズエラのウィンターリーグでプレーした。

ブレーブス傘下時代[編集]

2016年1月7日、アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[10][11]

BCリーグ・群馬時代[編集]

2017年3月28日、日本の独立リーグであるベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の群馬ダイヤモンドペガサスに入団することが発表された[12]。2017年シーズンは25試合に登板して9勝2敗5セーブ、防御率1.87の成績を挙げ[13]、リーグの後期MVPに選出された[14]。ポストシーズンは、福島ホープスと対戦した地区チャンピオンシップで1勝(この勝利で群馬は地区優勝)[15]信濃グランセローズと対戦したリーグチャンピオンシップでは1勝1敗だった[16][17](群馬は敗退)。

2018年は15勝4敗、防御率3.55、190奪三振の成績で、最多勝と最多奪三振の2冠を獲得した[18]。ポストシーズンは、まず福島と対戦した地区チャンピオンシップに先発、9回を15奪三振無失点であった(この試合に引き分けて群馬は地区優勝)[19]福井ミラクルエレファンツと対戦したリーグチャンピオンシップでは第2戦と第4戦にいずれも完投勝利を挙げ、第4戦では胴上げ投手となった[20][21]香川オリーブガイナーズと対戦したグランドチャンピオンシップでは2試合に先発、1完封(この試合では17奪三振を記録)を含む2勝を挙げて、シリーズMVPに選ばれた[22][23]。さらに、グランドチャンピオンシップ終了後の10月29日に、リーグのシーズンMVP(投手部門)にも選出されている[24]

2019年6月25日、対茨城アストロプラネッツ戦において、リーグ6人目となるノーヒットノーランを達成した[25]

投球スタイル[編集]

小柄な体格ながら、90マイル台前半で動きのある速球フォーシームツーシームカットボール)と、投球全体の約3割を占めるチェンジアップ、変化の鋭いカーブスライダー、さらにはシンカーも投げる。変化球の制球が平均レベルより高めなのに対して、速球系の制球がかなり悪く、生命線のチェンジアップのストライク率が70%以上なのに対して、フォーシームのストライク率は50%を下回ることもあった[1]

チェンジアップと並んで武器とするのが、球威であり、四球を乱発する代わりに、被弾を許すことがほとんどなく、同時に被安打も比較的少ない。

また、シンカーは、2013年の基本球種としているが、他のシーズンでは投げていない。

詳細情報[編集]

年度別投球成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 TB 4 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 39 8.0 8 0 7 2 1 9 0 0 4 3 3.38 1.88
2013 39 0 0 0 0 4 2 0 5 .667 226 58.0 32 1 20 1 3 62 1 0 12 11 1.71 0.90
2014 SD 70 0 0 0 0 2 1 0 7 .667 241 54.0 46 2 33 1 3 51 6 0 25 20 3.33 1.46
2015 NYM 39 0 0 0 0 0 0 1 7 ---- 154 34.1 26 6 26 1 1 35 3 0 16 12 3.15 1.51
MLB:4年 152 0 0 0 0 7 4 1 19 .636 660 154.1 112 9 86 5 8 157 10 0 57 46 2.68 1.28
  • 2016年度シーズン終了時

独立リーグでの投手成績[編集]










































W
H
I
P
2017 群馬 25 3 9 2 5 .818 385 91.2 59 4 51 9 88 12 2 24 19 1.87 1.21
2018 23 5 15 4 0 .789 685 157.0 133 10 89 6 190 7 1 75 62 3.55 1.41
通算:2年 48 8 24 6 5 .800 1070 248.2 192 14 140 15 278 19 3 99 81 2.94 1.34
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はBCLにおける歴代最高

背番号[編集]

  • 56 (2011年、2013年)
  • 45 (2014年 - 同年途中)
  • 54 (2014年途中 - 2015年、2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b John Sickels (2011年8月18日). “Prospect of the Day: Alexander Torres, LHP, Tampa Bay Rays” (英語). Minor League Ball/SB Nation. Vox Media, Inc.. 2016年1月8日閲覧。
  2. ^ Marc Topkin (2010年11月10日). “Prospect Alex Torres fans 9 straight, 11 total in Venezuelan game” (英語). Tampa Bay Times. 2016年1月8日閲覧。
  3. ^ Bill Chastain (2011年9月24日). “Torres rescues Rays as they gain on Red Sox” (英語). MLB.com. 2016年1月8日閲覧。
  4. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月3日閲覧 [リンク切れ]
  5. ^ “Padres acquire LHP Alex Torres and RHP Jesse Hahn in seven-player trade with Tampa Bay Rays” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2014年1月22日), http://m.padres.mlb.com/news/article/66942752 2016年1月8日閲覧。 
  6. ^ “Padres agree to terms with 22 players on 2014 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2014年3月3日), http://m.padres.mlb.com/news/article/68636574 2016年1月8日閲覧。 
  7. ^ “Torres the first to try out protective cap in game” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2014年6月22日), http://m.padres.mlb.com/news/article/81029680 2016年1月8日閲覧。 
  8. ^ Anthony DiComo (2015年3月30日). “Mets add lefty relievers Torres, Blevins in pair of trades” (英語). MLB.com. 2016年1月8日閲覧。
  9. ^ Mets acquire Eric O'Flaherty, designate Alex Torres for assignment” (英語). ESPN (2015年8月5日). 2016年1月8日閲覧。
  10. ^ Transactions | braves.com” (英語). MLB.com. 2016年1月8日閲覧。
  11. ^ Mark Bowman (2015年12月31日). “Braves sign Torres, Kendrick to Minors deals” (英語). MLB.com. 2016年1月8日閲覧。
  12. ^ 新入団選手のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2017年3月28日)
  13. ^ 2017年個人投手成績 - ベースボール・チャレンジ・リーグ
  14. ^ 後期MVP決定のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2017年10月20日)
  15. ^ 群馬、信濃が地区優勝決定! ~BCリーグ~ - Sports Communications(2017年9月19日)
  16. ^ 信濃、ゼロ封勝ちで1勝1敗 ~BCリーグ~ - Sports Communications(2017年9月26日)
  17. ^ 群馬、大勝でタイ。決着は今日、第5戦へ ~BCリーグ~ - Sports Communications(2017年10月2日)
  18. ^ 2018シーズン個人タイトル確定 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2018年9月26日)
  19. ^ “ペガサス 東地区V3 前後期優勝の貯金生かす BCリーグ”. 上毛新聞. (2018年9月16日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/79709 2018年10月18日閲覧。 
  20. ^ “エレファンツ、CS第2戦は大敗 BCリーグ、群馬打線に屈す”. 福井新聞. (2018年9月24日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/706049 2018年10月18日閲覧。 
  21. ^ “ペガサス BCリーグ制覇 2年ぶり4度目 日本一へ挑戦権獲得”. 上毛新聞. (2018年10月2日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/83105 2018年10月18日閲覧。 
  22. ^ “香川2連敗 0-3 群馬が日本一へ王手 野球独立リーググランドチャンピオンシップ 第2戦”. 四国新聞. (2018年10月9日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20181009000141 2018年10月18日閲覧。 
  23. ^ グランドチャンピオンシップ第4戦 試合結果 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2018年10月14日)
  24. ^ シーズンMVP受賞選手のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2018年10月29日)
  25. ^ 【群馬・トーレス選手】ノーヒットノーラン達成のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2019年6月25日)

関連項目[編集]