アレックス・ヒッチンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレックス・ヒッチンガー
Alex Hitzinger
Alexander Hitzinger.JPG
2013年
生誕 Alexander Hitzinger
(1971-10-23) 1971年10月23日(47歳)
西ドイツの旗 西ドイツ
バイエルン州パッサウ
国籍 ドイツの旗 ドイツ
教育 イギリスの旗 イギリス
ウォーリック大学ビジネス・スクール
業績
専門分野 自動車エンジニア
テクニカルディレクター
勤務先 トヨタ・モータースポーツ(1997年 - 1999年)
フォード・コスワース(2000年 - 2005年)
レッドブル・テクノロジー(2006年 - 2011年)
トロ・ロッソ(2006年 - 2007年)
ポルシェ(2011年 - 2016年)
フォルクスワーゲン(2019年 - )
プロジェクト アップルiCar」(2016年 - 2018年)

アレックス・ヒッチンガー(Alex Hitzinger, 1971年10月23日 - )は、ドイツ西ドイツ)出身の自動車技術者。

主にモータースポーツのエンジニアとして活動。WRCに参戦した「トヨタ」や「フォード・コスワース」、F1に参戦している「レッドブル」や「トロ・ロッソ」の技術部門を歴任した。近年は、自動車産業に携わっている。

人物[編集]

バイエルン州パッサウ出身。学生時代以前からモータースポーツの機械工学に興味を持ち、地元の応用科学大学ランツフート校の工業科に進学。そしてイギリスのウォーリック大学に入校し、自動車エンジンの分野を専攻。同校ビジネス・スクールにて経営学修士を取得した。卒業後に母国ドイツを本拠とする「トヨタ・モータースポーツ」の開発エンジニアとして勤務する。

1997年からトヨタに復帰したラリードライバー カルロス・サインツの担当スタッフとして活動していたが、2000年からサインツと共に「フォード・コスワース」に移籍した。同年から2002年にかけ、世界ラリー選手権(WRC)部門のプロジェクトマネージャーに就任。2003年はWRC参戦についての統括責任者としてフォード・フォーカスの開発を担当。2004年からは、コスワースのF1部門プロジェクトマネージャー。2005年は同チーフエンジニアに昇格し「レッドブル・レーシング」や「ミナルディ」(トロ・ロッソの前身)にエンジンを供給した。

コスワースを離脱し、2006年からレッドブル・テクノロジーの先端技術チーフに就任。また同年半ばには、ガブルエル・トレドッツィから「スクーデリア・トロ・ロッソ」のテクニカルディレクターも引き継ぎ、2007年3月にジョルジオ・アスカネッリにその座を譲るまでその職を務めた。

2011年WEC世界耐久選手権に参戦の「ポルシェ」チームに移籍し[1]、テクニカルディレクターを担当[2]2016年に退社後、アップル社の電気自動車プロジェクトに参加。

2019年初頭、「フォルクスワーゲン」の技術開発責任者に就任[3]

脚注[編集]

  1. ^ ポルシェがF1経験のある人材を獲得”. ESPN F1 (2012年10月15日). 2019年2月22日閲覧。
  2. ^ ポルシェ、LMP1カー搭載エンジンの詳細を明かす”. オートスポーツweb (2014年2月18日). 2019年2月22日閲覧。
  3. ^ フォルクスワーゲン、アップル元幹部を引き抜き--自動運転車の開発強化へ”. CNET News (2019年1月10日). 2019年2月22日閲覧。