アレッサンドロ・マエストリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレッサンドロ・マエストリ
Alessandro Maestri
サンマリノ・ベースボールクラブ #91
OB-Alessandro-Maestri20120714.jpg
オリックス・バファローズ時代
(2012年7月17日)
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 エミリア=ロマーニャ州フォルリ=チェゼーナ県チェゼーナ
生年月日 (1985-06-01) 1985年6月1日(33歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 NPB / 2012年8月12日
KBO / 2016年4月5日
最終出場 NPB / 2015年9月30日
KBO / 2016年6月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム イタリアの旗 イタリア
WBC 2006年2009年2013年2017年
プレミア12 2015年

アレッサンドロ・マエストリAlessandro Maestri , 1985年6月1日 - )は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州フォルリ=チェゼーナ県チェゼーナ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はイタリアンベースボールリーグT&Aサンマリノ所属。マイナーリーグ時代の登録名は「アレックス・マエストリ (Alex Maestri)」。

経歴[編集]

サンマリノ時代[編集]

2005年に、イタリアンベースボールリーグT&Aサンマリノでプレー。

2006年開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)イタリア代表に選出された[1][2]。同大会では主にクローザーを務めた。

カブス傘下時代[編集]

第1回WBCの終了後に、シカゴ・カブス傘下のチームとマイナー契約を果たした。

2007年9月に第30回ヨーロッパ野球選手権大会のイタリア代表に選出された。11月に第37回IBAFワールドカップのイタリア代表に選出された。同大会ではアメリカ合衆国戦に登板し、チームも勝利している。

2008年は先発投手としてデイトナ・カブスでプレー。5勝3敗、防御率3.69の成績を残し、フロリダ・ステートリーグのオールスター戦にも出場した。その後、AAに昇格を決めた。純粋なイタリア生まれイタリア育ちのイタリア人選手のAA級でのプレーはマエストリが史上初である。

2009年の3月に開催された第2回WBCイタリア代表に選出され[3]、2大会連続2度目の選出となった[1]。同大会では後にオリックスでチームメイトとなるヴィニー・ロッティーノともバッテリーを組んだ。

2011年4月にカブスを解雇される。

ソルトドッグス時代[編集]

2011年は独立リーグであるアメリカン・アソシエーションリンカーン・ソルトドッグスでプレーした。オフには、オーストラリア連邦ウィンターリーグであるオーストラリアン・ベースボールリーグに参加し、ブリスベン・バンディッツでプレーした[4]

四国IL・香川時代[編集]

2012年3月26日に四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズに入団した。前期優勝したチームにおいて、前期は30試合(47回2/3)に登板、2勝0敗12セーブ、防御率1.32の成績(前期終了時点でセーブ・防御率はリーグ首位)を残した[5]。リーグではこのあとマエストリを上回るセーブを記録した選手が現れなかったため、途中退団にもかかわらず、最多セーブのタイトルを手にすることになった[6]

オリックス時代[編集]

2012年7月4日オリックス・バファローズに入団[7]。史上初めてイタリア生まれ・イタリア育ちの選手が誕生した[8]。日本国内において、独立リーグの球団からシーズン途中でNPBの球団に移籍する選手は、前年までオリックスに在籍したフランシスコ・カラバイヨに次いで2人目である。なお、香川での登板は、入団発表直後(7月7日)の徳島インディゴソックス戦が最後になった[9]

オリックスへの入団後は、ウエスタン・リーグの公式戦5試合に登板。通算14イニングで自責点2と好投したため、8月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)で、先発投手として一軍デビューを果たした。さらに、この試合では、6回1/3を1失点で凌いで初勝利。イタリア出身投手として歴史的な1勝を挙げた[1]8月26日の対西武戦では、9回4安打1失点11奪三振で入団後初の完投勝利。シーズン通算では、一軍公式戦8試合の先発で、4勝3敗、防御率2.17という好成績を残した。

2013年開幕前に第3回WBCイタリア代表に選出され[10]、3大会連続3度目の選出となった。

シーズンでは4月4日にこの年初めて一軍へ昇格する[11]と、7月30日の対福岡ソフトバンクホークス戦までに先発で4勝を挙げた[12]。しかし、3度の二軍降格を経験するほど投球内容が不安定だった[13]ことから、北海道日本ハムファイターズ打線を相手に3回1/3で4失点を喫した8月13日の先発登板を最後に中継ぎへ転向[14]。シーズン通算の防御率こそ5点台だったものの、中継ぎ転向後の9月に1ヶ月で3勝を稼いだ[15]。球団では、ロングリリーフでの起用や先発への復帰を見据えて、同月中にマエストリの残留を決めた[13]

2014年には、先発投手が崩れた局面からのロングリリーフを中心に、安定した投球で一軍のパシフィック・リーグ優勝争いに貢献。公式戦36試合の登板で、3勝1敗1ホールド、防御率1.97を記録した。

2015年2月17日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の欧州代表に選出された[16][17]。3月10日の第1戦に2番手として登板している[18]

シーズンの公式戦にも、開幕直後の4月3日から一軍に合流すると、同月22日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)で一軍初セーブを挙げた[19]。ただし、チームの外国人枠との兼ね合いなどから、5月上旬以降は一軍と二軍を往復。28試合に登板した一軍公式戦では、防御率3.19、1セーブ、1ホールドを記録した一方で、入団後初めて未勝利に終わった。

オフの10月23日に第1回WBSCプレミア12イタリア代表に選出された[20]。大会終了後、球団が翌2016年の保留選手名簿にマエストリを記載しなかったため、12月2日付でNPBから自由契約選手として公示された[21]

ハンファ時代[編集]

2016年2月10日ベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスに入団した[22]。が、3月15日に韓国プロ野球ハンファ・イーグルスと契約し群馬では試合に出場せず、韓国プロ野球初のイタリア出身の選手となった。ハンファでは2勝を記録し、同年6月20日にウェーバー公示され退団した。

群馬ダイヤモンドペガサス時代[編集]

2016年7月12日に同年最初に契約したベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスと契約しなおした。

メキシカンリーグ時代[編集]

2017年3月31日にメキシカンリーグベラクルス・レッドイーグルスと契約。オフの9月22日にオランダ代表との親善試合である「ヨーロピアン・ベースボール・シリーズ」のイタリア代表に選出された[23]

サンマリノ復帰[編集]

2017年12月21日にイタリアンベースボールリーグのT&Aサンマリノと契約を結んだ[24]

プレースタイル[編集]

過去にイタリア系アメリカ人のプレーヤーはいたが、イタリア生まれイタリア育ちのイタリア人プレーヤーはNPB史上初。NPBの一軍公式戦では、オリックスに在籍した4シーズン通算で、14勝11敗1セーブ2ホールドを記録した。

強いインステップから投げ込む平均球速142km/h[25]、最速153km/hの速球(フォーシーム、ツーシーム)に加え、変化球はスライダーが武器で、他にもチェンジアップフォークを投げる[1][26]。 独立リーグ以前ではクローザー、オリックスに入ってからは先発やロングリリーフも経験しており、起用法を問わずに投げることができる。

NPB初登板、初勝利を上げた時のグラブは、2010年のイタリア代表の台湾遠征時に購入した5000円のもの(ZETT社製)を使用しており、一生懸命刺繍されている[27]

人物[編集]

母語のイタリア語に加え、マイナーリーグでの生活が長かったため英語スペイン語の技能に優れている。日本球界入りして以降は、日本語も少し話せるようになった。

ガイナーズ退団後も香川県には思い入れがある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 オリックス 8 8 1 0 1 4 3 0 0 .571 204 49.2 45 0 12 0 4 40 4 0 17 12 2.17 1.15
2013 24 11 0 0 0 7 5 0 0 .583 334 75.0 77 9 32 0 12 42 3 2 52 45 5.40 1.45
2014 36 1 0 0 0 3 1 0 1 .750 213 50.1 31 5 30 0 5 48 3 0 12 11 1.97 1.21
2015 28 1 0 0 0 0 2 1 1 .000 190 42.1 37 5 23 2 3 34 1 0 18 15 3.19 1.42
2016 ハンファ 9 8 0 0 0 2 2 0 0 .500 157 28.2 37 4 34 2 1 23 0 0 37 30 9.42 2.48
NPB:4年 96 21 1 0 1 14 11 1 2 .560 941 217.1 190 19 97 2 24 164 11 2 99 83 3.44 1.32
KBO:1年 9 8 0 0 0 2 2 0 0 .500 157 28.2 37 4 34 2 1 23 0 0 37 30 9.42 2.48
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]

日本




























2012 香川 31 0 2 0 12 1.000 50.2 18 0 50 7 1.24
2016 群馬 12 0 0 0 0 ---- 19.1 5 0 15 5 2.33
四国IL:1年 31 0 2 0 12 1.000 50.2 18 0 50 7 1.24
BCリーグ:1年 12 0 0 0 0 ---- 19.1 5 0 15 5 2.33
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 27 (2011年)
  • 99 (2012年 - 同年7月8日)
  • 91 (2012年7月9日 - 2015年、2016年7月 - )
  • 48 (2016年3月 - 同年6月)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d "マエストリ白星デビュー" 2012年8月13日付朝日新聞朝刊(大阪本社13版)10面
  2. ^ 2006 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年10月31日閲覧 [リンク切れ]
  3. ^ 2009 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年10月31日閲覧 [リンク切れ]
  4. ^ 2011 BRISBANE BANDITS HISTORICAL ROSTER ABL.com (英語) 2015年10月31日閲覧
  5. ^ OGマエストリ、オリックスへ/3日正式契約”. 四国新聞 (2012年7月3日). 2012年7月4日閲覧。
  6. ^ 四国アイランドリーグplus2012個人タイトル確定 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2012年9月27日)
  7. ^ アレッサンドロ・マエストリ選手 獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2012年7月4日). 2012年7月5日閲覧。
  8. ^ 「イタリア出身」ではレノ・ベルトイアに次いで2人目だが、ベルトイアはカナダとの二重国籍であり純粋なイタリア生まれイタリア育ちではない。
  9. ^ 香川、徳島に競り負け/四国ILPlus”. 四国新聞 (2012年7月8日). 2012年7月9日閲覧。
  10. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年2月19日閲覧 [リンク切れ]
  11. ^ 【オリックス】岸田ら昇格、横山抹消”. 日刊スポーツ (2013年4月4日). 2013年12月18日閲覧。
  12. ^ 【オリックス】怒りのマエストリが4勝目”. 日刊スポーツ (2013年7月30日). 2013年12月18日閲覧。
  13. ^ a b 【オリックス】ディクソン&マエストリ残留へ”. 日刊スポーツ (2013年9月16日). 2013年12月18日閲覧。
  14. ^ 【オリックス】マエストリ4失点KO”. 日刊スポーツ (2013年8月13日). 2013年12月18日閲覧。
  15. ^ 【オリックス】マエストリ9月中継ぎ3勝”. 日刊スポーツ (2013年9月25日). 2013年12月18日閲覧。
  16. ^ 欧州代表が選手発表!NPB所属の2選手も招集 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年2月17日) 2015年2月18日閲覧
  17. ^ Europe vs Japan Rosters Announced; Asics Sponsors Europe as Official Outfitter CONFEDERATION OF EUROPEAN BASEBALL (2015年2月17日) 2015年2月18日閲覧
  18. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第1戦 2015年3月10日(火) 東京ドーム 打席結果・投打成績 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月10日) 2016年3月10日閲覧
  19. ^ オリックス・マエストリが4年目初セーブ「知らなかった」”. 日刊スポーツ (2015年4月22日). 2016年2月4日閲覧。
  20. ^ Il 26 ottobre inizia la preparazione in vista del Premier12 FIBS (イタリア語) (2015年10月23日) 2015年10月31日閲覧
  21. ^ ソフトバンク李大浩、阪神呉昇桓ら130人自由契約”. 日刊スポーツ (2015年12月2日). 2016年2月4日閲覧。
  22. ^ “新入団選手のお知らせ”. 群馬ダイヤモンドペガサス. (2016年2月10日). http://d-pegasus.com/news/1161.html 2016年2月10日閲覧。 
  23. ^ Tornano le European Baseball Series, nasce l’Italia di ‘Gibo’ Gerali FIBS-Federazione Italiana Baseball Softball (イタリア語) (2017年9月22日) 2017年10月22日閲覧
  24. ^ IL REGALO DI NATALE DELLA T&A E' ALESSANDRO MAESTRI San Marino Baseball (イタリア語) (2017年12月21日) 2017年12月30日閲覧
  25. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、192頁。ISBN 978-4-905411-11-6。
  26. ^ 新加入のイタリア人右腕に岡田監督「ええな」”. スポニチ Sponichi Annex (2012年7月23日). 2012年7月24日閲覧。
  27. ^ 使用グラブは5000円! マエストリ イタリア人1勝”. スポニチ Sponichi Annex (2012年8月13日). 2012年8月15日閲覧。

関連項目[編集]