アレッサンドロ・グラミーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
アレッサンドロ・グラミーニ
グランプリでの経歴
国籍 イタリアの旗 イタリア
活動期間 1990年 - 1995年, 1997年
チーム アプリリア, ジレラほか
レース数 66
チャンピオン 125cc - 1992年
優勝回数 3
表彰台回数 12
通算獲得ポイント 331
ポールポジション回数 3
ファステストラップ回数 0
初グランプリ 1990年 125cc スペインGP
初勝利 1991年 125cc チェコスロバキアGP
最終勝利 1992年 125cc ハンガリーGP
最終グランプリ 1997年 500cc マレーシアGP
テンプレートを表示

アレッサンドロ・グラミーニ ( Alessandro Gramigni, 1968年12月29日 - ) は、イタリアフィレンツェ出身のモーターサイクルロードレースライダー1992年ロードレース世界選手権125ccクラスチャンピオン。

目次

経歴[編集]

1989年のヨーロッパ選手権でシリーズランキング2位に入る活躍を見せ、翌1990年ロードレース世界選手権125ccクラスにデビューを果たした。1988年に同クラス参戦を始めた[1]ばかりで、当時は少数派だったアプリリアのマシンを駆り、デビューイヤーはシリーズ9位の成績を残す。そして1991年ブルノでおこなわれた第13戦チェコスロバキアGPにおいて自身初、アプリリアにとっても125ccクラス初[2]となる優勝を飾った。この年は90ポイントを獲得し年間ランキングは7位に入った。

そして翌1992年、グラミーニは第3戦シャー・アラム、第9戦ハンガロリンクと年間2勝、ホンダファウスト・グレシーニとのタイトル争いを制し、ワールドチャンピオンに輝いた。これはアプリリアにとっても初のグランプリタイトルだった。

1993年、250ccクラスにステップアップしたグラミーニはジレラのマシンを駆ったが、年間わずか2ポイントの獲得、シリーズランキング30位に沈んでしまった。1994年はアプリリア、1995年にはホンダのマシンを駆ったが、満足な成績は残せないまま終わった。

1996年はグランプリから離れ、AMAスーパーバイクにスポット参戦し、ブレイナードとロードアメリカの2勝を収める活躍を見せた。1997年には1戦だけGPに復帰し、開幕戦シャー・アラム、500ccクラスのレースでアプリリアのマシンを駆った。結果はリタイヤに終わり、これが最後のGPレースとなった。

1998年からはスーパーバイク世界選手権に戦いの場を移し、1998年-2001年、2003年、2005年と参戦したが、表彰台の獲得も叶わなかった[3]。2004年にはイタリア国内のスーパーバイク選手権でチャンピオンを獲得している。

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

シーズン クラス バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
1990年 125cc アプリリア 13 0 2 0 0 84 9位
1991年 125cc アプリリア 12 1 3 0 0 90 7位
1992年 125cc アプリリア 12 2 7 3 0 134 1位
1993年 250cc ジレラ 10 0 0 0 0 2 30位
1994年 250cc アプリリア 13 0 0 0 0 10 23位
1995年 250cc ホンダ 5 0 0 0 0 11 23位
1997年 500cc アプリリア 1 0 0 0 0 0 -
合計 66 3 12 3 0 331

脚注[編集]