アレッサンドロ・ベットーニ・カッツァーゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレッサンドロ・ベットーニ・カッツァーゴ
Alessandro Bettoni Cazzago
生誕 1892年11月7日
Flag of Italy (1861-1946).svg イタリア王国
ブレシア
死没 1951年4月28日
Flag of Italy.svg イタリア共和国
ローマ
所属組織 Flag of Italy (1861-1946) crowned.svg イタリア陸軍
最終階級 大佐
除隊後 馬術選手
テンプレートを表示

アレッサンドロ・ベットーニ・カッツァーゴ(イタリア語: Alessandro Bettoni Cazzago1892年11月7日 - 1951年4月28日)は、イタリアの軍人、馬術選手。最終階級は陸軍大佐。

経歴[編集]

軍人として[編集]

1892年11月7日、上院議員フェデリコ・ベットーニイタリア語版の息子として貴族の家柄に生まれた。イタリア陸軍騎兵科に志願したカッツァーゴはクラス地方の部隊に配属され、第一次世界大戦に従軍した。彼は大戦中の功績によりサヴォイア軍事勲章武功勲章イタリア語版をそれぞれ銀章英語版一個、銅章英語版二個受章している。

1920年第3竜騎兵連隊「サヴォイア」イタリア語版に入隊。第二次世界大戦が勃発するとカッツァーゴも従軍し、1942年には大佐へ昇進、第3竜騎兵連隊の指揮官となった。イタリア・ロシア派遣軍英語版に組み込まれた第3竜騎兵連隊は彼の指揮の下1942年8月24日にソヴィエト軍に対し騎兵突撃を敢行、これを成功に収めたが、この突撃が欧州における最後の騎兵突撃となった(なお、戦史上最後の騎兵突撃は、1945年大日本帝国陸軍第4騎兵師団が中国戦線で行った老河口作戦である)。このときの功績により武功勲章銀章を受けた[1][2]

馬術選手として[編集]

カッツァーゴは騎兵科に属していたこともあり、馬術に長けていた。シエーナで行われた馬術の国際大会では1929年1940年に優勝を果たしており、1948年ロンドンオリンピックにも出場している。彼はイタリア国内で最も多くの馬術大会に出場した人物であり、1929年から1939年の間、実に384回の賞、253個のカップと62個のトロフィーを獲得している[3]

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Giorgio Vitali, Trotto, galoppo caricat!: storia del Raggruppamento truppe a cavallo: Russia 1942-1943, Mursia, 1985.
  2. ^ Lucio Lami, Isbuscenskij. L'ultima carica. Il Savoia Cavalleria nella campagna di Russia, 2011.
  3. ^ Giorgio Vitali, Trotto, galoppo caricat!: storia del Raggruppamento truppe a cavallo: Russia 1942-1943, Mursia, 1985.

参考文献[編集]

  • Luciano Mela, Pietro Crespi e Anna Lisa Carlotti, Dosvidania: Savoia Cavalleria dal fronte russo alla Resistenza, 1995.
  • Giorgio Vitali, Trotto, galoppo caricat!: storia del Raggruppamento truppe a cavallo: Russia 1942-1943, Mursia, 1985.
  • Lucio Lami, Isbuscenskij. L'ultima carica. Il Savoia Cavalleria nella campagna di Russia, 2011.
  • Rolando Anni, Un ponte fra dittatura e democrazia, 2009.