アレドミス・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • アレドミーズ・ディアス
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はディアス第二姓(母方の)はセラーノです。
アレドミス・ディアス
Aledmys Diaz
ヒューストン・アストロズ #16
Aledmys Díaz 2018.jpg
トロント・ブルージェイズ時代
(2018年4月11日)
基本情報
国籍 (メキシコの旗 メキシコに亡命)
出身地  キューバ
ビジャ・クララ州サンタ・クララ
生年月日 (1990-08-01) 1990年8月1日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2014年 アマチュアFA
初出場 2016年4月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アレドミス・ディアス・セラーノAledmys Díaz Serrano, 1990年8月1日 - )はキューバビジャ・クララ州サンタ・クララ出身のプロ野球選手遊撃手)。右投右打。MLBヒューストン・アストロズ所属。

経歴[編集]

キューバ時代[編集]

2007年からセリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルナランハス・デ・ビジャ・クララに所属。2007年-2008年シーズンは38試合に出場した。

2008年-2009年シーズンは90試合に出場して打率.317、7本塁打、45打点、2盗塁を記録した。

2009年-2010年シーズンは91試合に出場して打率.284、5本塁打、43打点、2盗塁を記録した。

2010年-2011年シーズンは92試合に出場して打率.293、7本塁打、47打点、2盗塁を記録した。

2011年-2012年シーズンは83試合に出場して打率.302、13本塁打、50打点、11盗塁を記録した。

2012年11月にメキシコへ亡命したが、虚偽の生年月日をMLB機構に提出したため、2014年2月19日までMLB球団との契約が禁止されていた[1]

カージナルス時代[編集]

セントルイス・カージナルス時代
(2016年5月2日)

2014年3月9日にセントルイス・カージナルスと4年契約に合意した[2][3]。3月23日にAA級スプリングフィールド・カージナルスに配属されたが、6月30日に故障で戦線離脱。8月6日にA+級パームビーチ・カージナルス英語版で戦列復帰した。

2015年はメジャーロースター40人枠に入ったまま、3月23日にAAA級メンフィス・レッドバーズに配属されたが、開幕前の4月3日にAA級スプリングフィールドに降格された。7月8日にDFAとなった[4]。その後、マイナー契約となり、マイナーで計116試合に出場して打率.278、13本塁打、52打点、6盗塁を記録した。守備では遊撃手を守り続け、計105試合で17失策守備率.964だった。そのうちシーズン終盤にAAA級メンフィスに再昇格して14試合に出場すると、打率.380という成績を残している。

2016年は開幕2試合目の4月5日のピッツバーグ・パイレーツ戦で「8番・遊撃手」で先発出場し、メジャーデビューを果たした。打撃は好調だったものの守備の不安があったため、しばらく正遊撃手をジェド・ジョーコルーベン・テハダグレッグ・ガルシアらと争った。4月は規定打席よりわずかに不足していが、打率.423(71打数30安打)、4本塁打、13打点などの成績を残した。前半戦に活躍したため、オールスターにも選ばれた。最終的には111試合に出場して打率.300、17本塁打、65打点、4盗塁を記録した。シーズン後のルーキー・オブ・ザ・イヤーでは投票5位ランクインした[5]

2017年は開幕から正遊撃手として出場していたが、新人のポール・デヨングの台頭に押され、6月28日にAAA級メンフィスへ降格した後は9月まで昇格できなかった。この年メジャーでは79試合に出場して打率.259、7本塁打、20打点、4盗塁を記録した。

ブルージェイズ時代[編集]

2017年12月1日にJ.B.ウッドマン英語版とのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した[6]

2018年は130試合に出場して打率.263、18本塁打、55打点、3盗塁を記録した。

アストロズ時代[編集]

2018年11月17日にトレント・ソーントンとのトレードで、ヒューストン・アストロズへ移籍した[7]

人物・エピソード[編集]

ホセ・フェルナンデスとは同郷の幼馴染みで、2016年9月に彼が急逝した際には熾烈なワイルドカード争いの中、葬儀参列のためチーム離脱を申し出ており、遺族の強い要望もあって球団はこれを許可した[8][9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 STL 111 460 404 71 121 28 3 17 206 65 4 4 2 6 41 6 7 60 10 .300 .369 .510 .879
2017 79 301 286 31 74 17 0 7 112 20 4 1 1 1 13 1 0 42 9 .259 .290 .392 .682
2018 TOR 130 452 422 55 111 26 0 18 191 55 3 4 0 4 23 2 3 62 9 .263 .303 .453 .756
2019 HOU 69 247 210 36 57 12 1 9 98 40 2 0 0 6 26 1 5 28 10 .271 .356 .467 .823
MLB:4年 389 1460 1322 193 363 83 4 51 607 180 13 9 3 17 103 10 15 192 38 .275 .330 .459 .789
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS) 左翼(LF)




























































2016 STL - 1 1 2 0 1 1.000 - 106 122 275 16 68 .961 -
2017 - 1 2 2 0 1 1.000 4 2 3 0 1 1.000 68 81 147 6 41 .974 3 2 0 0 0 1.000
2018 TOR - - 38 18 53 2 4 .973 95 124 221 7 55 .980 -
2019 HOU 26 125 7 0 6 1.000 25 19 33 0 6 1.000 19 10 19 1 2 .967 5 2 7 2 0 .818 4 2 0 0 0 1.000
MLB 26 125 7 0 6 1.000 27 22 37 0 8 1.000 61 30 75 3 7 .972 274 329 650 31 164 .969 7 4 0 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 36(2016年 - 2017年)
  • 1(2018年)
  • 16(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Jesse Sanchez (2013年12月9日). “Clubs interested in Cuban shortstop Diaz”. MLB.com. 2014年3月10日閲覧。
  2. ^ Cardinals sign Cuban free-agent Aledmys Diaz to Major League contract”. MLB.com Cardinals Press Release (2014年3月9日). 2014年3月10日閲覧。
  3. ^ Aledmys Diaz joins Cardinals”. ESPN MLB (2014年3月9日). 2014年3月10日閲覧。
  4. ^ Marty Gitlin (2015年7月8日). “Cardinals DFA shortstop Aledmys Diaz”. FANTASY NEWS (CBSSports.com). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/25236693/cardinals-dfa-shortstop-aledmys-diaz 2015年7月8日閲覧。 
  5. ^ 2016 Awards Voting - NL Rookie of the Year Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年12月10日閲覧
  6. ^ Gregor Chisholm (2017年12月1日). “Blue Jays add former All-Star Diaz to infield” (英語). MLB.com. 2017年12月4日閲覧。
  7. ^ Brian McTaggart (2018年11月17日). “Astros acquire infielder Diaz from Blue Jays” (英語). MLB.com. 2018年11月18日閲覧。
  8. ^ tiny Aldemys and Jose! - A Hunt and Peck”. SB★NATION Viva El Birdos (2016年7月29日). 2016年9月28日閲覧。
  9. ^ “カージナルス正遊撃手 葬儀のため離脱 フェルナンデス投手と同郷”. スポニチアネックス. (2016年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/27/kiji/K20160927013432460.html 2016年9月28日閲覧。 

関連項目[編集]