アレハンドロ・アメナバール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アレハンドロ・アメナーバル
Alejandro Amenábar
本名 Alejandro Fernando Amenábar Cantos
生年月日 1972年3月31日(38歳)
出生地 サンティアゴ
国籍 スペインの旗 スペイン
受賞
アカデミー賞
外国語映画賞
2004年海を飛ぶ夢
表示

アレハンドロ・アメナーバルAlejandro Amenábar, 1972年3月31日 - )は、スペイン出身の映画監督脚本家である。完成度の高いサスペンスに定評がある。

目次

来歴

チリ人の父親とスペイン人の母親の間に、チリで生まれるが、生後1年で家族でスペインに戻る。

マドリードの映画学校で学ぶ。19歳から映画作りをはじめるが、23歳のときに監督したサスペンス『テシス 次に私が殺される』がスペインで大ヒット。

第2作目の『アブレ・ロス・オホス』も大ヒット、国外からも高い評価を得る。この作品は後にトム・クルーズ主演でリメイクされ『バニラ・スカイ』として公開された。その際、スペイン版でヒロインを演じたペネロペ・クルスが再びヒロインとして出演、その縁でトム・クルーズと親しくなったのは有名な話。

ハリウッドに進出した第3作目『アザーズ』では、主演にニコール・キッドマンを迎える。

第4作目『海を飛ぶ夢』は実在の人物でラモン・サンペドロの手記『レターズ・フロム・ヘル』を元に、30年近い四肢麻痺生活の末に、尊厳死を望んだ主人公の闘いを描く。この作品で2005年のアカデミー賞外国語映画賞をはじめ、数々の賞を受賞。

サウンドトラックの収集家でも知られ、監督した映画中の音楽は、ほとんど彼自身が作曲している。

2004年、スペインの雑誌にてゲイであることを公表[1]

フィルモグラフィ

参照

  1. ^ Alejandro Amenábar: "No me importa reconocer que soy gay" (es). Radio Coopertiva (2004年8月31日). 2007年2月13日閲覧。


今日は何の日(12月7日

もっと見る

「アレハンドロ・アメナバル」のQ&A