アレハンドロ・チュマセロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はチュマセロ第二姓(母方の)はブラカモンテです。
アレハンドロ・チュマセロ Football pictogram.svg
Emelec-Strongest (4).jpg
ザ・ストロンゲストでのチュマセロ
名前
本名 アレハンドロ・サウール・チュマセロ・ブラカモンテ
Alejandro Saúl Chumacero Bracamonte
ラテン文字 Alejandro Chumacero
基本情報
国籍  ボリビア
生年月日 (1991-04-22) 1991年4月22日(28歳)
出身地 ラパス
身長 163cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 プエブラFC
ポジション MF
背番号 3
利き足 右足
ユース
ボリビアの旗 ザ・ストロンゲスト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007–2013 ボリビアの旗 ザ・ストロンゲスト 175 (27)
2013 ブラジルの旗 スポルチ・レシフェ 5 (0)
2013–2017 ボリビアの旗 ザ・ストロンゲスト 130 (31)
2017– メキシコの旗 プエブラFC 28 (4)
代表歴2
2011 ボリビアの旗 ボリビア U-20 3 (0)
2011– ボリビアの旗 ボリビア 33 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月22日現在。
2. 2018年11月22日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレハンドロ・サウール・チュマセロ・ブラカモンテ(Alejandro Saúl Chumacero Bracamonte,1991年4月22日 - )は、ボリビアラパス県ラパス出身のサッカー選手リーガMXプエブラFC所属。ポジションはMF

来歴[編集]

2007年にザ・ストロンゲストで16歳でプロデビューし、2012-13シーズンまで主力として活躍。2013年7月にスポルチ・レシフェと5年契約を締結するも、2月に古巣に復帰。

2017年12月24日、リーガMXプエブラFCと契約した[1]

代表歴[編集]

2011年にボリビア代表に初招集。2012年10月の2014 FIFAワールドカップ・南米予選の対ペルー戦で、代表戦初ゴールを記録。コパ・アメリカ2015にも出場した。

W杯予選でのハプニング[編集]

2016年3月29日、2018 FIFAワールドカップ・南米予選での対アルゼンチン戦で、ハプニングが発生。試合前のアルゼンチン国歌の斉唱中に、代表キャプテンのチュマセロが、相手キャプテンのリオネル・メッシの元に握手を求めて歩み寄り、驚いたメッシが握手を拒否するという出来事が発生。チュマセロは試合後にチリのメディアに、「第4審判に早く握手をするように求められていた。決して相手に敬意を欠いていたわけではない」と釈明したという。また、試合後にはボリビア代表の選手一同が、メッシにユニフォームの交換を求めるという一幕もあった[2][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bolivia midfielder Alejandro Chumacero joins Mexico's Puebla”. New Indlan Express (2017年12月25日). 2018年11月22日閲覧。
  2. ^ メッシ、ボリビア代表主将の握手を拒否?…W杯南米予選で珍事発生”. サッカーキング (2016年4月2日). 2018年11月22日閲覧。
  3. ^ メッシが対戦相手の握手を無視した理由は…? W杯南米予選で珍事が発生”. フットボールチャンネル (2016年4月1日). 2018年11月22日閲覧。
  4. ^ メッシが握手しなかった理由”. SPORT.es (2016年4月2日). 2018年11月22日閲覧。