アレハンドロ・ルイディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレハンドロ・ルイディアス Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Alejandro RUIDIAZ
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1969-09-03) 1969年9月3日(49歳)
出身地 アルゼンチン
身長 172cm
体重 69kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1985 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-17 [1] 1 (0)
1989 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 [1] 2 (0)
1988 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 五輪 [1] 1 (0)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレハンドロ・ルイディアスAlejandro Ruidiaz, 1969年9月23日 - )は、アルゼンチン出身の元サッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー

略歴[編集]

スピードに乗ったドリブル突破が持ち味の攻撃的MFとしてアルゼンチン国内では各年代の代表に選出され国際大会に出場するなど、将来を嘱望された選手であった。[要出典]1988年にアルゼンチン五輪代表に選出され、ソウルオリンピックに出場した(当時の監督はカルロス・パチャメ。選手にはルイス・イスラスエルナン・ディアスネストル・ファブリら、後にアルゼンチン代表となる選手が多数在籍していた)。また9月8日に日本国立競技場で行われた日本代表との親善試合にも出場した。

1989年11月に日本サッカーリーグ1部に昇格したばかりの東芝サッカー部へ移籍。12月3日のフジタ工業戦でリーグデビューを飾ると、同サッカー部の1部残留に貢献したが1989-90シーズン限りで日本を後にした。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

日本国内成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1989-90 東芝 30 JSL1部 11 4 -
通算 日本 JSL1部 11 4 -
総通算

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Alejandro RUIDIAZ”. FIFA.com. 2016年9月23日閲覧。

参考文献[編集]