アレーナ・バーエワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • アリョーナ・バエワ
アリョーナ・ミハイロヴナ・バエワ
生誕 (1985-02-26) 1985年2月26日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦オシ
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

アレーナ・ミハイロヴナ・バーエワロシア語: Алёна Михайловна Баева, ラテン文字転写例:Alena Mikhailovna Baeva, 1985年[1]2月26日[2] - )は、ソビエト連邦出身のヴァイオリン奏者[3][4]

経歴[編集]

オシの音楽一家に生まれる。5歳からヴァイオリンを始め、1995年からモスクワ音楽院附属中央音楽学校に進学してエドゥアルド・グラチの薫陶を受ける。2002年からモスクワ音楽院に進み、引き続きグラチの指導を受けた。2001年のヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール[5]、2004年のパガニーニ・モスクワ国際ヴァイオリン・コンクール、2007年の仙台国際音楽コンクールの各コンクールで優勝を果たした。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アレーナ・バーエワ - ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」公式サイト”. 2019年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月16日閲覧。
  2. ^ Баева Алена Михайловна”. 2019年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月16日閲覧。
  3. ^ アリョーナ・バーエワ”. 2019年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月15日閲覧。
  4. ^ アリョーナ・バーエワ”. 2019年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月15日閲覧。
  5. ^ ヘンリク・ヴィエニャフスキ音楽協会”. 2017年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月15日閲覧。