アローディス・ビスカイーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アローディス・ビスカイーノ
Arodys Vizcaíno
Arodys Vizcaino.jpg
アトランタ・ブレーブス時代
(2018年9月30日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・クリストバル州ヤグアテ英語版
生年月日 (1990-11-13) 1990年11月13日(29歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 アマチュアFA
初出場 2011年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アローディス・ビスカイーノArodys Vizcaíno, 1990年11月13日 - )は、ドミニカ共和国サン・クリストバル州ヤグアテ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。フリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

プロ入りとヤンキース傘下時代[編集]

2007年ニューヨーク・ヤンキースと契約を結んだ。

2008年ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースでプロデビュー。

2009年はA-級スタテンアイランド・ヤンキース防御率2.13、奪三振率11.06を記録して頭角を現す。

ブレーブス時代[編集]

2009年12月12日にハビアー・バスケスブーン・ローガンとのトレードで、メルキー・カブレラマイク・ダンと共にアトランタ・ブレーブスへ移籍した[1]。「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングでは、マイナー全体で69位にランクインした[2]

2010年にはA級ローム・ブレーブス英語版とA+級マートルビーチ・ペリカンズで17試合に登板し、9勝4敗、防御率2.74だった。「ベースボール・アメリカ」誌のランキングでは93位と、前年よりやや評価を下げた[3]

2011年はA+級リンチバーグ・ヒルキャッツ[4]からのスタートだったが、好成績を残して夏場にはAAA級グウィネット・ブレーブスまで昇格。AAA級グウィネットではリリーフに回り、8月10日のフロリダ・マーリンズ戦でメジャーデビュー[5]

2012年3月20日にトミー・ジョン手術を受け、シーズンを全休することになった。

カブス時代[編集]

2012年7月30日にポール・マホームリード・ジョンソンとの2対2のトレードで、ジェイ・チャップマン英語版と共にシカゴ・カブスへ移籍した[6]

ブレーブス復帰[編集]

2014年11月16日にトミー・ラステラとのトレードで、古巣のブレーブスへ移籍した[7]

2015年3月30日に傘下AAA級グウィネットへ異動した[8]。4月2日に筋肉増強剤スタノゾロールに陽性反応を示したため、薬物規定違反で80試合の出場停止処分を科せられた[9]。なお、この年は36試合にリリーフ登板しており、3勝1敗9セーブ、防御率1.60、奪三振率9.9という凄まじい好成績を残した。

2016年は43試合に登板し、一時抑えも務めて10セーブを挙げたが、防御率4.42、WHIP1.63、与四球率6.1と不安定な投球が続いた。一方、持ち前の奪三振能力は更に向上し、奪三振率11.6を記録。

2017年も抑えを務める機会を持ち、62試合に登板。5勝3敗14セーブ 、防御率2.83、WHIP1.10と前年から大幅に成績を改善させた。

マリナーズ時代[編集]

2019年5月20日にアンソニー・スウォーザックとのトレードで、ジェシー・ビドルと共にシアトル・マリナーズへ移籍した[10]。オフの10月31日にフリーエージェント(FA)となった[11]

投球スタイル[編集]

2011年には速球が平均95.9マイル(約154.3km/h)を計測[12]カーブの評価も高い[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 ATL 17 0 0 0 0 1 1 0 5 .500 77 17.1 16 1 9 1 1 17 5 0 9 9 4.67 1.44
2014 CHC 5 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 22 5.0 5 1 3 0 0 4 0 0 3 3 5.40 1.60
2015 ATL 36 0 0 0 0 3 1 9 3 .750 139 33.2 27 1 13 2 0 37 7 0 7 6 1.60 1.19
2016 43 0 0 0 0 1 4 10 0 .200 182 38.2 37 3 26 3 1 50 3 1 25 19 4.42 1.63
2017 62 0 0 0 0 5 3 14 17 .625 235 57.1 42 7 21 1 2 64 6 0 19 18 2.83 1.10
2018 39 0 0 0 0 2 2 16 1 .500 158 38.1 30 4 15 1 2 40 4 0 9 9 2.11 1.17
MLB:6年 202 0 0 0 0 12 11 49 26 .522 813 190.1 157 17 87 8 6 212 25 1 72 64 3.03 1.28
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 59 (2011年)
  • 47 (2014年)
  • 38 (2015年 - 2019年)

脚注[編集]

  1. ^ Hoch, Bryan(2009-12-22). Yanks' rotation gets stronger with Vazquez. MLB.com(英語). 2011年11月21日閲覧
  2. ^ Top 100 Prospects: No. 61-80. Baseball America.com(英語). 2011年11月24日閲覧
  3. ^ 2011 Top 100 Prospects: 81-100. 2011年11月24日閲覧
  4. ^ 2011年から2014年までブレーブス傘下
  5. ^ a b Bowman, Mark(2011-08-11). Braves call up Vizcaino, part ways with Proctor. braves.com(英語). 2011年11月24日閲覧
  6. ^ Braves Acquire Reed Johnson, Paul Maholm MLBTradeRumors.com
  7. ^ Braves reacquire Vizcaino, add to international budget
  8. ^ Braves demote Vizcaino, Kohn ESPN 英語 (2015年3月30日) 2015年4月3日閲覧
  9. ^ ビスカイーノ 薬物規定違反で80試合の出場停止処分 スポニチアネックス (2015年4月3日) 2015年4月3日閲覧
  10. ^ Chris Haft (2019年5月20日). “Braves bolster bullpen with trade for Swarzak” (英語). MLB.com. 2019年5月21日閲覧。
  11. ^ Thomas Harrigan, Manny Randhawa and Paul Casella (2019年11月8日). “Here are every team's free agents this winter” (English). MLB.com. 2019年12月2日閲覧。
  12. ^ Arodys Vizcaino » Statistics » Pitching. FanGraphs Baseball. 2011年11月24日閲覧

関連項目[編集]