アローン・イン・ザ・ユニバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アローン・イン・ザ・ユニバース
エレクトリック・ライト・オーケストラスタジオ・アルバム
リリース
録音 2014年-2015年
ジャンル ロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ジェフ・リン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 23位(米国)
  • 4位(英国)
エレクトリック・ライト・オーケストラ 年表
ズーム
(2001年)
アローン・イン・ザ・ユニバース
(2015年)
ミュージックビデオ
「When I Was A Boy」 - YouTube
「When The Night Comes」 - YouTube
「Ain't It a Drag」 - YouTube
「One Step at a Time」 - YouTube
テンプレートを表示

アローン・イン・ザ・ユニバース』(Alone in the Universe)は、2015年ジェフ・リンが"ジェフリンズELO"名義で発表したスタジオ・アルバムエレクトリック・ライト・オーケストラ のアルバムとしては『ズーム』以来15年ぶりとなる[1][2]

収録曲[編集]

作曲は全てジェフ・リンによるもの。

  1. ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ - "When I Was a Boy" – 3:12
    アルバムからの先行シングル。それに伴って制作されたPVは、ELO、トラヴェリング・ウィルベリーズといったジェフのキャリアを振り返る内容となっている
  2. ラヴ・アンド・レイン - "Love and Rain" – 3:29
    娘のローラがコーラスで参加。
  3. ダーティ・トゥ・ザ・ボーン - "Dirty to the Bone" – 3:06
  4. ホエン・ザ・ナイト・カムズ - "When the Night Comes" – 3:22
    アルバムからのセカンドシングル。
  5. ザ・サン・ウィル・シャイン・オン・ユー - "The Sun Will Shine on You" – 3:29
  6. エイント・イット・ア・ドラッグ - "Ain't It a Drag" – 2:34
    マージービートのロックナンバー。発売に先駆けてライブ演奏されていた。
  7. オール・マイ・ライフ - "All My Life" – 2:50
  8. アイム・リーヴィング・ユー - "I'm Leaving You" – 3:07
    ロイ・オービソンに敬意を表した曲。
  9. ワン・ステップ・アット・ア・タイム - "One Step at a Time" – 3:21
    アルバムからのサードシングル。娘のローラがコーラスで参加。
  10. アローン・イン・ザ・ユニバース - "Alone in the Universe" – 3:54
    ボイジャー1号が太陽系から離れたというニュースにインスパイアされて生まれた曲。

デラックスエディション盤ボーナストラック[編集]

  1. フォルト・ライン - "Fault Line" – 2:07
  2. ブルー - "Blue" – 2:36
  3. オン・マイ・マインド - "On My Mind" – 3:09
    日本盤のみのボーナストラック

演奏者[編集]

  • ジェフ・リン - ヴォーカル、シェイカーとタンバリンを除く全ての楽器
  • スティーヴ・レイ(エンジニア) - シェイカー、タンバリン
  • ローラ・リン(ジェフの娘) - コーラス

脚注[編集]