アンギャン公ルイ・アントワーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ルイ・アントワーヌ
Louis Antoine
アンギャン公爵
Duc d'enghien.jpg
全名 ルイ・アントワーヌ・アンリ・ド・ブルボン=コンデ
Louis Antoine Henri de Bourbon-Condé
身位 公爵
出生 1772年8月2日
Île-de-France flag.svgフランス王国シャンティイ城
死去 1804年3月21日
Flag of France.svg フランス、ヴァンセンヌ城
父親 コンデ公ルイ6世アンリ
  


アンギャン公ルイ・アントワーヌ・アンリ・ド・ブルボン=コンデ(Louis Antoine Henri de Bourbon-Condé, duc d'Enghien, 1772年8月2日 - 1804年3月21日)は、フランスの貴族で、フランス革命期の亡命貴族(エミグレ)たちのリーダーの1人。

来歴

ブルボン家の支流ブルボン=コンデ家のコンデ公ルイ6世アンリの世継ぎとして生まれる。バスティーユ襲撃後、祖母の実家であるバーデン辺境伯領に亡命し、フランス革命戦争にも参加した。しかしナポレオン・ボナパルトに対する陰謀を企てたかどでフランス軍に捕らえられ、1804年3月20日にパリ郊外のヴァンセンヌ城まで移送された後、軍法会議メンバーの7人の大佐の前に連行され、1時間後に処刑された。

ルイ・アントワーヌの処刑は、ナポレオンに対する嫌疑ではなく、ナポレオンの私恨及びタレーランによる陰謀であった。ルイ・アントワーヌは王党派による陰謀には荷担していなかったが、王党派によるナポレオン暗殺未遂の黒幕として上げられたのである。この処刑は、タレーランによる王族殺しの罪をナポレオンに着せるものであったが、このことは欧州諸国の敵意を呼び覚まし、ナポレオン戦争の激化へと繋がる事となった。

関連作品

ウィキメディア・コモンズ

今日は何の日(4月22日

もっと見る