アングレーム国際漫画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アングレーム国際漫画祭2013。街全体がバンド・デシネ一色となる

アングレーム国際漫画祭(アングレームこくさいまんがさい、: Festival international de la bande dessinée d'Angoulême)とは、ヨーロッパ最大級のバンド・デシネのイベントである。1974年よりフランスアングレーム市が開催している。フランスで最も古い漫画関連のイベントであり、「漫画界におけるカンヌ」とも言われている[1][2]

概要[編集]

世界各国から出版社やアーティストが参加する

毎年1月末に開催され、3日間から4日間の開催期間中に20万人以上を動員する[3]。ヨーロッパの漫画関連の祭典としては、イタリアルッカで開かれている「ルッカコミックス&ゲームズ」(2016年度は約27万人を動員[4])と並ぶ規模を持つ。

会期中に優れたバンド・デシネ作品(フランス語で出版された物)に対し最優秀作品賞以下各部門ごとの表彰が行われる。またバンド・デシネの発展に寄与した作家1人がグランプリに選ばれる。この漫画祭の表彰はフランス語圏で出版される「バンド・デシネ」と呼ばれる作品のみが対象となるが、日本の漫画など外国の作品でもフランス語にて翻訳・出版された作品はノミネートの権利を有する。外国作品のノミネートや受賞も少なくない。

歴代受賞者[編集]

最優秀作品賞[編集]

グランプリ[編集]

日本人の受賞[編集]

2016年度のアングレームで表彰を受ける大友克洋(左)と、バンド・デシネ作家のエルマン(右)

この漫画祭の表彰は主にバンド・デシネを対象にしていたが日本の漫画作品の紹介が進んだことにより、2000年頃より日本の翻訳作品のノミネートが増えている。2007年には水木しげるが日本人で初めて最高賞である最優秀作品賞を受賞、2015年には大友克洋が初のグランプリを受賞している。

過去の日本人受賞

慰安婦問題がテーマの展示[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Prix hommage pour l'ensemble de son œuvreフランス語版
  2. ^ Fauves d'honneur

出典[編集]

  1. ^ a b 水木しげる先生受賞『アングレーム国際マンガフェスティバル・遺産賞』!! 境港市観光協会
  2. ^ “高橋留美子さんがアングレーム国際漫画祭グランプリ「マンガの慣例を超えた最初の人物」”. ハフィントン・ポスト. (2019年1月24日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/its-a-rumic-world_jp_5c5d8da6e4b0974f75b3d531 2019年12月7日閲覧。 
  3. ^ 【アングレーム国際漫画祭特集①】アングレーム国際漫画祭とは何か”. BDfile(ベデフィル) (2012年2月21日). 2016年1月8日閲覧。
  4. ^ Comics: 271.208 biglietti venduti. E' il record di sempre - Cronaca - lanazione.it
  5. ^ a b 『世界が認めた郷土出身漫画家 谷口ジローの世界』開催の案内”. 鳥取市 (2009年5月15日). 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月22日閲覧。
  6. ^ “フランス アングレーム公式作品に日本漫画多数選出”. アニメ!アニメ! (イード). (2007年1月24日). https://animeanime.jp/article/2007/01/24/1435.html 2019年6月22日閲覧。 
  7. ^ “水木しげる氏 仏アングレームのベストコミック賞受賞”. アニメ!アニメ! (イード). (2007年1月29日). https://animeanime.jp/article/2007/01/29/1451.html 2019年6月22日閲覧。 
  8. ^ “浦沢直樹「PLUTO」 仏アングレームで二度目の受賞”. アニメ!アニメ! (イード). (2011年1月31日). https://animeanime.jp/article/2011/01/31/7542.html 2019年6月22日閲覧。 
  9. ^ a b “「劇画漂流」「乙嫁語り」 仏・アングレーム国際フェスで受賞”. アニメ!アニメ! (イード). (2012年1月30日). https://animeanime.jp/article/2012/01/30/9337.html 2019年6月22日閲覧。 
  10. ^ 大友克洋、仏アングレーム国際漫画祭で日本人初の最優秀賞受賞!”. 映画.com (2015年1月30日). 2015年1月30日閲覧。
  11. ^ a b “「ちいさこべえ」がシリーズ賞、上村一夫が遺産賞 仏・アングレームで日本2冠”. アニメーションビジネス・ジャーナル. (2017年1月30日). http://animationbusiness.info/archives/2059 2019年6月22日閲覧。 
  12. ^ PALMARÈS OFFICIEL 2017(アングレーム国際漫画祭 公式サイト 2017年度受賞作一覧)
  13. ^ 手塚治虫展に長蛇の列、楳図かずおら日本人作家も受賞 「第45回アングレーム国際映画祭」に行ってきた
  14. ^ 高橋留美子さんグランプリ 仏アングレーム漫画祭,産経ニュース,2019年1月24日
  15. ^ つげ義春さんが特別栄誉賞 欧州最大規模の漫画の祭典(朝日新聞デジタル記事(2020年2月2日)

参考文献[編集]

関連項目[編集]