アンサンブル型ステレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:典型的な外見を持った機器の画像提供をお願いします。2020年12月

アンサンブル型ステレオまたはアンサンブルステレオは、レコードプレーヤー・センターユニット(アンプ・チューナ)・スピーカーを完全一体化したステレオセットである。1950年代終盤ころから、1960年代の半ばころまで、ステレオ装置の主力商品であった。セパレート型ステレオも含めて俗に「家具調ステレオ」などと呼ばれることもある。

歴史と概要[編集]

1959年日本ビクター(現JVCケンウッド)が「皇太子美智子妃ご成婚記念」として発売した「STL-3」は、大卒初任給が12,700円の時代に47,800円と高額ながら大人気となり、ステレオ人気の火付け役となった。

アンサンブルステレオはコストダウンのために家具調の筐体にステレオスピーカーとレコードプレイヤー・アンプ・チューナを内蔵しており、それまではよほどの物好きか金持ちの趣味だったオーディオ(という言葉はまだなかったが)を一般家庭へと普及させ、またオーディオ機器一般を指して「ステレオ」と呼ばれるようになった。しかし同一筐体にレコードプレーヤーとスピーカーを内蔵していることで、レイアウト制限やハウリングなどの問題も抱えていた。特にFM放送が開始されると、レコードの音質がFM放送より劣るなどアンサンブル型の弱点がもろに出てしまい(テープレコーダーは当時普及していなかったため、FM放送を録音する手段はないことが多かった)、モジュラーステレオ、セパレート型ステレオ、コンポーネントステレオに代替される形で次第に姿を消していった。末期には、疑似的に4チャンネルステレオに対応させたものや、デザインにこだわったモデルも存在した。

近年では、ラジオカセットレコーダーワイヤレススピーカー等が、当時のアンサンブルステレオに近い音響機器と言える。

関連項目[編集]