アンサー (GUILTY GEAR)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アンサー プロフィール

アンサー (Answer) は、アークシステムワークスの2D対戦型格闘ゲーム「GUILTY GEARシリーズ」に登場する架空の人物。担当声優は関智一

概要[編集]

  • 設定
    • 国家として未申請である『東チップ王国』に籍を置いている。チップ=ザナフの側近で、役職上 重要な業務を受け持つ立場であることから『東チップ王国』の外交官を自称することもある。チップに対しては彼を「お頭」と呼び、絶対的な信頼を置いているが、元来口が悪く[1] 時に彼に対して毒づくことが目立ち、特に無鉄砲な行動には容赦なく罵倒することも辞さない面を見せる。
    • 黒いダブルのスーツに赤いマフラー覆面、額にまでレンズのついた眼鏡を着用している。長髪の持ち主で、普段はザンバラ髪に見えるような纏め方で後ろに留めている。チップ仕込みの忍術を以って隠密活動に励む、サラリーマン気質が染み付いた忍者で、名刺手裏剣忍具の代用とする面を見せる。
    • 元は貧民で、ハングリー精神から来る芯の強さと逞しさで苦難や波乱を乗り切ってきていることから順応性が高い面を持つ。
    • 記憶力が常人の領域を逸しており、一度見聞きしたことに関しては絶対に忘れないという能力を持つ他、高度な情報解析力を併せ持つことから「人間データベース」と呼ばれている。しかしアンサーは、自身の生い立ちによるものからか その天性の能力をひどく嫌っている。
    • 生真面目だが常識が欠けており、普通の人間なら気づいて当然のことをよく見落とす欠点がある。
    • 戦闘中、法力を利用したホログラフ状の携帯電話で顧客(主に国家の要人)としばしば会話する、いわゆるながら電話を行なっており、一部の攻撃およびダウン中も含めてずっと耳に携帯電話を当てている。
    • 『GGxrdS』ではチップのアーケードモードやストーリーモードのみの登場であったが、『GGxrdR2』にてプレイアブルキャラクターとして昇格した。
    • ファウスト戦で、当人からの一撃必殺技によるK.O.負け判定の全演出が、目元の形状によって元ネタと思しきものを髣髴させる台詞を言い放つ仕様となっていることも特徴の一つである。

ストーリー[編集]

  • GUILTY GEAR Xrd -SIGN-
    • 荒れた生活を過ごしていた中、アンサーはチップと出会い、その折に彼の説教に怒れて闘いに挑むも敗北。後にその力と無鉄砲に等しいカリスマ性に魅了され、持ち前の記憶力を武器に、亡き師匠毅(ツヨシ)の教えの元に大統領になる大業を目指すチップの助力を行なうようになる。
  • GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
  • GUILTY GEAR Xrd REV 2

ゲーム中の性能[編集]

技の解説[編集]

必殺技[編集]

ビジネス忍法・撒火紙
読みは「まきびし」。足下に名刺を投げる飛び道具系の必殺技で設置型の性質を持つ。弾速は速いがそれに反して弾道が低い。Sは画面半分程、HSはほぼ画面両端まで届く。隙が大きく威力も低いが、名刺は着弾点にしばらく残っており、この状態から派生技の ビジネス忍法・覇権射忍 を出せる。
ビジネス忍法・覇権射忍
読みは「はけんしゃにん」。変則的な性質の飛び道具系必殺技。印を結び、設置した名刺から分身を垂直に上昇させながら攻撃させる。発生が遅く、その間は無防備となるためにやや使いにくい[2]
ビジネス忍法・雲隠れ
移動技。煙玉を叩きつけて前方に瞬間移動する。S版は画面半分、HS版は画面ほど移動する。
インテリ忍法・空蝉
当て身技。煙玉を叩きつけ、その後前方にワープして反撃する。当て身判定の発生は早く移動距離が長い。また、インテリ忍法・凡虚待 からの派生技として出すことも可能。通常版は投げられ判定が無くなるが、ロックせずの反撃モーションは発生がかなり遅い。凡虚待からの派生版は空中投げは受ける。
インテリ忍法・麟技の書
空中にを設置する。一度に二つ設置し、座標はボタン毎に異なる。最大四つまで設置が可能。設置状態ではいくつかの専用必殺技が出せる。
インテリ忍法・凡虚待
読みは「はんこまち」。空中に静止する。インテリ忍法・麟技の書 で設置した凧の近くにジャンプする。攻撃判定はないが、ここから派生技を出すことが可能。
  • インテリ忍法・空蝉
内容は通常版と同じ。
  • インテリ忍法・雨降り
垂直落下して踏みつける。突進速度が速く、ヒット時の有利時間が長い。ダウンや吹っ飛ばし効果はない。地上ヒット時は発生の早い技で追撃が可能。
  • インテリ忍法・失脚
煙玉を叩きつけて地上にワープし、スライディングキックを放つ。
  • インテリ忍法・迦汰蛇滝
突進技。読みは「かたたたき」。弧を描いて手を振り下ろす変則的な必殺技で、発生が遅いものの攻撃判定は大きく、当てれば反撃は受けにくい特性を持つ。
  • インテリ忍法・武者鎖火
突進技。読みは「むささび」。頭から突っ込む形で突進するモーションが特徴で、レバー入力でその方向を変えられる。突進速度は速く、近距離では当てたあとに相手の裏へ回ることも可能。
冽掌
突進技。素早く前進し、打開のようなモーションの掌底突きを繰り出す。移動中に相手と接触しなかった場合は攻撃が出ず、単なる移動技となる特性を持つ。発生が早く、ガードされても隙が小さいため奇襲や連続技、固めに使える。ヒットしてもダウンは奪えないものの、カウンターヒットしていればノーキャンセルで追撃が可能となる。
インテリ忍法・螢灯落とし
投げ技。読みは「けいひおとし」。相手をつかんで蹴りあげ、飛び付いて反転、錐揉み状に回転しながら落下する。間合いはあまり広くないものの、発生が早く、威力も高い。空中で発動させることが可能で、空中版は地上版よりもわずかにダメージが大きい。また、ダッシュや空中ダッシュから出すと慣性がつき、落下中にやや前進するようになる特性を持つ。技後は相手が地面にめり込み、そこからダウン追撃が可能であるが、ロマンキャンセルすればダウン追撃にならず連続技につながる。

覚醒必殺技[編集]

デッドストック忍法・婆羅撒
飛び道具系必殺技。読みは「ばらまき」。頭上に名刺を投げてから目の前に円形に名刺を並べて飛ばす。変則的な必殺技で名刺を飛ばすまでが遅いため、近距離で当てないと見てから避けられやすい弱点を持つ。空中での発動も可能で、空中版は斜め下に投げる。真横には当てにくいが発生が早く、弾速が非常に速い。
ビジネス奥義・塵芥旋術
読みは「じんかいせんじゅつ」。いわゆる乱舞技である。発動時に突進し、ヒットすると相手をロックして攻撃する。技が成立すると三体の分身を呼び出し、本体と合計四人でプロペラのようにつながって回転し、相手へ突っ込むユニークなものとなっている。出かかりが無敵で突進速度は速く、連続技や割り込みに使いやすいものの、覚醒必殺技としては威力がかなり低い性質のものとなっている。

一撃必殺技[編集]

口寄せ・大型神陣
読みは「おおがたしんじん」。巨大なガマガエルを召喚して相手を舌で舐めさせ、ヒットすると大蛇を召喚して相手を丸呑みにさせる魅せ技。発動時、アンサーが自身の首のマフラーを外す演出が入る。発生が遅く、リーチが短いために当て難いことが弱点となっている。

ステージ[編集]

テーマミュージック[編集]

Enough is Enough

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 外交関係にある目上の人間には敬語を用いている。
  2. ^ 名刺を設置していない場合も入力できるが、攻撃判定はなく、印を結んで隙を作るだけになってしまう、いわゆる「死に技」となってしまう弱点を持つ。

関連項目[編集]