アンジェロ・サガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサガル第二姓(母方の)はタピアです。
アンジェロ・サガル Football pictogram.svg
名前
本名 Ángelo Nicolás Sagal Tapia
ラテン文字 Ángelo Sagal
基本情報
国籍  チリ
生年月日 (1993-04-18) 1993年4月18日(26歳)
出身地 マウレ州タルカ
身長 179cm
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 FCフアレス
ポジション FW
背番号 18
ユース
2008-2012 チリの旗 ランヘルス・デ・タルカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2013 チリの旗 ランヘルス・デ・タルカ 27 (0)
2013-2017 チリの旗 CDウアチパト 82 (16)
2017-2019 メキシコの旗 CFパチューカ 61 (11)
2019- メキシコの旗 FCフアレス
代表歴2
2015- チリの旗 チリ 13 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月17日現在。
2. 2018年10月16日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンジェロ・ニコラス・サガル・タピアÁngelo Nicolás Sagal Tapia1993年4月18日 - )は、チリマウレ州タルカ出身のプロサッカー選手チリ代表。ポジションは、フォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

2008年から地元クラブのランヘルス・デ・タルカでプレーを始め、2012年にトップチームに昇格した。1シーズンランヘルスでプレーした後、CDウアチパトに移籍。2015年11月のCDパレスティーノ戦で、ピッチ外に蹴り出したボールが副審を直撃した。主審はレッドカードを提示しサガルは退場したが、副審の痛がり方は明らかにオーバーアクションだっため、この判定は物議を醸した[1]。2017年7月、リーガMXCFパチューカに移籍。

代表[編集]

2015年1月、チリ代表に初招集。同月開催のアメリカ合衆国代表戦でA代表デビューを果たした[2]。2017年1月15日、アイスランド代表戦で代表初得点を決めた。2017年5月、FIFAコンフェデレーションズカップ2017の代表メンバーに選出された。

脚注[編集]