アンソニー・スウォーザック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンソニー・スウォーザック
Anthony Swarzak
アトランタ・ブレーブス #38
Anthony Swarzak on July 7, 2018 (cropped).jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2018年7月7日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ブロワード郡フォートローダーデール
生年月日 (1985-09-10) 1985年9月10日(33歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 MLBドラフト2巡目
初出場 MLB/ 2009年5月23日
KBO/ 2015年6月21日
最終出場 KBO/ 2015年10月4日
年俸 $5,000,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アンソニー・レイ・スウォーザックAnthony Ray Swarzak , 1985年9月10日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ブロワード郡フォートローダーデール出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBアトランタ・ブレーブス所属。愛称はスワジーSwarzy[2]

経歴[編集]

プロ入りとツインズ時代[編集]

ミネソタ・ツインズ時代
(2012年6月26日)

2004年MLBドラフト2巡目(全体61位)でミネソタ・ツインズから指名され、6月21日に契約。

2007年にはマリファナに陽性反応を示して50試合の出場停止処分を受けた[3]

2009年5月23日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビューを果たした。

2011年に2シーズンぶりの昇格を果たしてからは、ロングリリーフや谷間の先発をこなすスウィングマンとして起用されている。

2012年は先発とリリーフで合計44試合に登板したが、防御率は5.03とやや乱調なシーズンとなった。

2014年1月17日にツインズと93万5000ドルの1年契約に合意した[4][5]。この年は50試合に登板し、3勝2敗・防御率4.60だった。オフの11月25日に40人枠を外れ、AAA級ロチェスター・レッドウイングスへ降格したが、マイナー契約を拒否したため、FAとなった[6]

インディアンス時代[編集]

クリーブランド・インディアンス時代
(2015年4月10日)

2015年1月15日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加した[7]

同年は開幕ロースター入りを果たしたが、5月9日にDFAとなった[8]。5月14日にマイナー契約でAAA級コロンバス・クリッパーズへ配属され、6月16日に自由契約となった[6]

斗山ベアーズ時代[編集]

2015年6月13日に韓国プロ野球斗山ベアーズと契約を結んだ。同年は5勝を記録し、オフに退団[要出典]

ヤンキース時代[編集]

2016年2月5日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ[9]。開幕は傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースで迎え、6月7日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6][10]。レギュラーシーズン終了後の10月5日にFAとなった[6]

ホワイトソックス時代[編集]

シカゴ・ホワイトソックス時代
(2017年7月18日)

2017年1月23日にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[11]。4月2日にメジャー契約を結んで開幕25人枠入りした[6]。迎えたシーズンでは移籍までに41試合にリリーフ登板し、4勝3敗1セーブ、防御率2.23と好成績を挙げていた。

ブルワーズ時代[編集]

2017年7月26日にライアン・コーデル英語版とのトレードで、ブルワーズへ移籍した[12]。移籍後も好調を維持し、29試合登板で2勝1敗1セーブ、防御率2.48を記録した。シーズン通算では自己最多となる70試合に投げ、6勝4敗2セーブ、防御率2.33と自己最高のシーズンとなった[6]。オフの11月2日にFAとなった[13]

メッツ時代[編集]

2017年12月15日にニューヨーク・メッツと2年1400万ドルで契約を結んだ[14]

2018年は29試合に登板して0勝2敗4セーブ、防御率6.15、31奪三振を記録した。

マリナーズ時代[編集]

2018年12月1日にエドウィン・ディアスロビンソン・カノ、及び金銭2000万ドルとのトレードで、ジェイ・ブルースヘルソン・バティスタジャレッド・ケレニックジャスティン・ダンと共にシアトル・マリナーズへ移籍した[15]

ブレーブス時代[編集]

2019年5月20日にジェシー・ビドルアローディス・ビスカイーノとのトレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した[16]

投球スタイル[編集]

投球の軸となるのは89~94mphシンカーで、全投球の半数弱を占める。その他には、90~95mphのフォーシーム、80~85mphのスライダー、79~84mphのカーブ、81~85mphのチェンジアップを投げる[17]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 MIN 12 12 0 0 0 3 7 0 0 .300 268 59.0 76 12 20 0 2 34 0 0 43 41 6.25 1.63
2011 27 11 0 0 0 4 7 0 0 .364 441 102.0 111 9 26 1 6 55 3 1 53 49 4.32 1.34
2012 44 5 0 0 0 3 6 0 1 .333 413 96.2 106 15 31 8 0 62 3 0 57 54 5.03 1.42
2013 48 0 0 0 0 3 2 0 3 .600 387 96.0 89 7 22 1 1 69 1 0 33 31 2.91 1.16
2014 50 4 0 0 0 3 2 0 3 .600 378 86.0 100 5 28 5 0 47 0 2 48 44 4.60 1.49
2015 CLE 10 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 61 13.1 18 1 4 1 0 13 0 0 9 5 3.38 1.65
斗山 20 17 0 0 0 5 7 0 1 .417 414 92.1 110 9 30 1 4 72 4 1 57 54 5.26 1.52
2016 NYY 26 0 0 0 0 1 2 0 1 .333 124 31.0 28 10 7 0 1 31 1 0 19 19 5.52 1.13
2017 CWS 41 0 0 0 0 4 3 1 10 .571 186 48.1 37 2 13 2 0 52 2 0 12 12 2.23 1.03
MIL 29 0 0 0 0 2 1 1 17 .667 117 29.0 21 4 9 2 2 39 0 0 9 8 2.48 1.03
'17計 70 0 0 0 0 6 4 2 27 .600 303 77.1 58 6 22 4 2 91 2 0 21 20 2.33 1.03
2018 NYM 29 0 0 0 0 0 2 4 2 .000 116 26.1 28 6 14 0 1 31 2 0 18 18 6.15 1.59
MLB:9年 316 32 0 0 0 23 32 6 37 .418 2491 587.2 614 71 174 20 13 433 12 3 301 281 4.30 1.34
KBO:1年 20 17 0 0 0 5 7 0 1 .417 414 92.1 110 9 30 1 4 72 4 1 57 54 5.26 1.52
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 51(2009年、2011年 - 2015年5月)
  • 19(2015年6月 - 同年終了)
  • 43(2016年 - 同年途中)
  • 41(2016年途中 - 同年終了)
  • 34(2017年 - 2017年7月25日)
  • 37(2017年7月26日 - 同年終了)
  • 38(2018年、2019年5月22日 - )
  • 30(2019年 - 同年5月19日)

脚注[編集]

  1. ^ Anthony Swarzak Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年12月18日閲覧。
  2. ^ Jonathan Hawthorne (2017年8月25日). “Explaining Crew Players Weekend nicknames” (英語). MLB.com. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ Kelly Thesier (2009年3月1日). “Swarzak grateful for second chance” (英語). MLB.com. 2016年10月6日閲覧。
  4. ^ “Twins reach agreement on one-year contracts with Duensing, Swarzak and Plouffe” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2014年1月17日), http://minnesota.twins.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140117&content_id=66811608&vkey=news_min&fext=.jsp&c_id=min 2017年12月18日閲覧。 
  5. ^ Rhett Bollinger (2014年1月17日). “Twins avoid arbitration with Plouffe, Duensing, Swarzak” (英語). MLB.com. 2017年12月18日閲覧。
  6. ^ a b c d e f MLB公式プロフィール参照。2017年12月18日閲覧。
  7. ^ “Indians invite Swarzak to spring training” (英語) (プレスリリース), FOX Sports, (2015年1月15日), https://www.foxsports.com/ohio/story/indians-invite-swarzak-to-spring-training-011515 2017年12月18日閲覧。 
  8. ^ Jordan Bastian (2015年5月9日). “Indians promote LHP Bruce Chen; designate RHP Anthony Swarzak for assignment” (英語). 2017年12月18日閲覧。
  9. ^ “Kozma, Pestano, Swarzak sign minor league deals with Yanks”. Associated Press. ESPN.com. (2016年2月5日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=14721867 2016年6月9日閲覧。 
  10. ^ [1]
  11. ^ “White Sox invite 19 players to Spring Training” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2017年1月23日), http://m.mlb.com/news/article/214182330/white-sox-invite-19-players-to-spring-training/ 2017年1月24日閲覧。 
  12. ^ Adam McCalvy (2017年7月26日). “Brewers land Swarzak to boost bullpen” (英語). MLB.com. 2017年12月18日閲覧。
  13. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月27日閲覧
  14. ^ Anthony DiComo (2017年12月15日). “Mets sign reliever Swarzak to two-year deal” (英語). MLB.com. 2017年12月18日閲覧。
  15. ^ Greg Johns (2018年12月1日). “Source: Cano, Diaz deal with Mets close” (英語). MLB.com. 2019年2月28日閲覧。
  16. ^ Chris Haft (2019年5月20日). “Braves bolster bullpen with trade for Swarzak” (英語). MLB.com. 2019年5月21日閲覧。
  17. ^ Brooks Baseball Home of the PitchFX Tool - Player Card: Anthony Swarzak

関連項目[編集]