アンソニー・スカラムーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンソニー・スカラムーチ(Anthony Scaramucci)
Anthony Scaramucci at SALT Conference 2016 (cropped).jpg
個人情報
生誕 (1964-01-06) 1964年1月6日(54歳)
アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランド
政党 共和党
配偶者 リサ・ミランダ (m. 1988; 離婚 2014)
デイドラ・ボール (m. 2014; 別居 2017)
子供 5
教育 タフツ大学 (BA)
ハーバード大学 (JD)
渾名 ザ・ムーチ(The Mooch)[1]

アンソニー・スカラムーチ(Anthony Scaramucci、[skɛrəˈmtʃ] skerr-ə-MOO-chee、愛称ザ・ムーチ(The Mooch)、1964年1月6日生)[1][2]は、アメリカの政治家、投資家[3]。2017年7月21日、ホワイトハウス広報部長に指名された[4]。スカラムーチは、同月25日から、非公式の立場ながらその職に就き、翌8月15日付けで公式に職務を開始する予定であった[5]。しかし、7月31日付けで、正式な就任前に、ドナルド・トランプ大統領によってその職を解かれた[5]

スカラムーチは、ゴールドマン・サックスでそのキャリアの一歩を踏み出した。1989年から1996年まで同社で勤務し、インベストメント・バンキング、エクイティ、富裕層向け資産管理部門を担当。1996年にゴールドマン・サックスを退社し[6]、同僚のAndrew Boszhardtと共同でオスカー・キャピタル・マネジメントを設立する。2005年、スカラムーチはグローバル投資会社スカイブリッジ・キャピタル英語版を設立[7]。共同マネージング・パートナーの地位にあったが、2017年初頭にトランプ政権に参加するため、同社を売却すると発表した[8]

生い立ち[編集]

1964年1月6日、ニューヨーク州ロングアイランドで、ローマ・カトリックのイタリア系アメリカ人の家庭に、アレクサンダーとマリー・デフェオ・スカラムーチの間の息子として生まれる。ミドルクラスの出身で、祖父のアレッサンドロ・スカラムーチは、イタリアのグアルド・タディーノからアメリカ合衆国に移り住んだ移民[9]、、父親は建設作業員であった[7]。スカラムーチには、兄のデヴィッドと姉妹のスーザンがいる[10][11]

1982年、ポート・ワシントンのポール・D・シュライバー高校を卒業。高校時代は生徒会長を務めた[12] [13]タフツ大学で学士(経済学)、ハーバード・ロー・スクールで法務博士取得[14]。スカラムーチは、ロー・スクールにおける学生生活と教育とが、その後のキャリアの成功へと弾みをつけるきっかけになったとしている[15]

投資銀行におけるキャリア[編集]

ロースクール卒業後、スカラムーチはゴールドマン・サックスでキャリアの一歩を踏み出す[16]。同社に所属した1989年から1996年までの間に、インベストメント・バンキング、エクイティ及び富裕層向け資産管理部門で業務を行う[17][18]

オスカー・キャピタル・マネジメント[編集]

ゴールドマン・サックス入社後、スカラムーチは一旦解雇されたが、1年以内に再雇用されている。1996年、スカラムーチはゴールドマン・サックスを退社[19]、同僚であったAndrew Boszhardtとともにオスカー・キャピタル・マネジメントを設立する[20]。2001年、オスカー・キャピタルはニューバーガー・バーマンに対して売却されたが、2003年にニューバーガー・バーマンがリーマン・ブラザーズに対して売却されたことを受け、スカラムーチは同社の投資業務部門でマネージング・ディレクターとして職務に当たった[17][21]

スカイブリッジ・キャピタル[編集]

2005年、スカラムーチは、グローバルなオルタナティブ投資を業務分野とするスカイブリッジ・キャピタル(以下「スカイブリッジ」)を設立する[22]。2009年、ラスベガスで毎春開催されている投資会議「SALT」(SkyBridge Alternatives)会議を創設し、その議長を務めた[23]

2011年、ニューヨークの金融部門でアーンスト・アンド・ヤング起業家賞受賞[24]。2016年、『Worth』マガジンによる「パワーランキング100: グローバルファイナンスの世界で最もパワフルな100人」で85位にランクイン[25]

2014年5月、スカイブリッジは金融ニュースを扱うテレビ番組『ウォール・ストリート・ウィーク英語版』のライセンスを取得。同番組は、ルイス・ルーカイザーがホストを務め、PBSによって放映されていた番組である。スカラムーチは新たなホストを務めることになった。同番組の放映権は、2016年にフォックス放送に移転している[26]

2017年1月17日、スカイブリッジは、同社の過半数株式を、RONトランスアトランティックEG及び中国共産党と密接な関係を有する中国のコングロマリット、HNAキャピタル英語版のアメリカ子会社に対して売却すると発表した。その発表に伴い、スカラムーチは、スカイブリッジの共同経営者としての地位から退いた[27][8]。もっとも、2017年7月現在売却手続自体は完了しておらず、同月1月以降もスカラムーチは同社に被用者としてとどまり、給与の支給を受けていたとの報道がなされている[28][29]。売却についての規制当局の検証手続も未だ進行中であるが、スカラムーチはこの点について、利益相反のリスクを払拭するため、政府倫理局と共同して進めていると述べている[30]

政治的キャリア[編集]

過去の大統領選挙選においては、ヒラリー・クリントンバラク・オバマを支援していた[31]。2008年には、オバマ大統領のために選挙資金集めを担当[32]。しかし、2010年9月、CNBCタウン・ホール・ミーティングにおいて、スカラムーチはオバマに対し、「いつになったらウォール街ピニャータみたいにぶっ叩くのを止めるつもりなのか」と尋ねている[33]

社会問題に関し、スカラムーチは長年リベラルな立場からの意見を唱道している。今までに、複数回「厳格な銃規制法にはずっと賛成している」、「共和党は、同性婚を支持すべきだ」といった発言をツイッターを通じて行っている[34]

2012年の大統領選挙では、ミット・ロムニーのため全国財政共同議長を務めた[31]

2015年、FOXニュース出演の際、スカラムーチはトランプについて「金目当てで政治を私物化している政治家」(hack politician)で、その屁理屈は「反アメリカ的で、アメリカをひどく、ひどく、分裂させるものだ」と述べ、さらに「いい加減に」「頭おかしい屁理屈ばかりこねるのはやめろ」と警告した。2015年12月には、トランプによるメキシコ・アメリカ間の壁建設の要求について批判し、また「あらゆるイスラム教とすべてのムスリムを、その信条と少数者としての行動に出ていることをもって槍玉に挙げている点で、根本的な誤りを犯している」と述べている[31]

2016年の大統領選挙に先立ち、スカラムーチは、自身のツイッターに、ヒラリー・クリントンが次期大統領となることを望む旨記載している[31]。同年の大統領選挙では、当初スコット・ウォーカー、次にジェブ・ブッシュを支持。2016年5月、ウォーカーとブッシュが選挙戦から撤退すると、スカラムーチはドナルド・トランプの政治キャンペーンへの支持を表明し、財政委員会入りする[35]。2016年11月、大統領に当選したトランプの政権移行チーム実行委員会メンバーに任命される[36]

公共連絡局長指名[編集]

2017年1月12日、スカラムーチは、トランプ大統領の補佐官及びホワイトハウス公共連絡局長に指名される[37]。その後の同月23日、ニューヨーク・マガジン英語版誌に、「ワシントンの人間について分かったことは、とにかく奴らには金がないってことだ。金がない奴らが何をするかというと、自分がどんな地位にあってどんな肩書を持ってるかみたいなことを何やら書き出すんだ。議員って野郎どもはそういうもんだ。あいつらどうしようもないマヌケだよ」と語った[37]

2017年1月31日、FOXビジネスは「スカラムーチの任命の遅れには、11月における大統領の逆転勝利から程なくして始まったホワイトハウス内で高まる緊張が如実に表れている。様々な側近やアドバイザーらが、大統領の歓心を買い、その権力を保持・拡大しようと試み続けている」と報じた[38]。同月31日のポリティコの報道によれば、アメリカ合衆国政府倫理局英語版がスカラムーチ任命の承認を保留していることを受けて、トランプの首席補佐官ラインス・プリーバスは、スカラムーチに対して「就任を取り下げるよう」求めた。プリーバスは、スカラムーチが保有するスカイブリッジ・キャピタルの持分を理由に、スカラムーチの任命に反対したと報じられている[39]。2月1日、ロイターは、スカラムーチは局長就任について撤回した旨報じた[40]。2017年2月のニューヨーク・マガジンの記事では、プリーバスがスカラムーチの起用に干渉したとの噂は「真実ではない」というプリーバスの発言が引用されている[41]

2017年3月6日、ホワイトハウスは、スカラムーチではなく、アイディーゲンの設立者で元CEOであるジョージ・シファキス英語版を公共局長に任命した[42]

合衆国輸出入銀行[編集]

2017年6月19日付けで、合衆国輸出入銀行のシニア・バイス・プレジデント及び首席戦略役員に指名された。また、経済協力開発機構の大使就任についても検討の俎上に上っていた[43][44]

CNNの撤回と謝罪[編集]

2017年6月26日、トーマス・フランク、エリック・リクトブラウ及びレックス・ハリスのキー局調査報道記者3名が、トランプ・ロシア間の話の中で、10億ドルのロシアのインベストメント・ファンドとスカラムーチとの関連についての虚偽の報道を行ったとしてCNNを辞職した。同社はスカラムーチに対して謝罪し、当該報道は同社の編集基準を満たさないものであったと述べた。スカラムーチは、当初の報道は真実ではないとして、その謝罪を受け入れた[45][46]

ホワイトハウス広報部長[編集]

2017年7月21日、トランプ政権下でホワイトハウス広報部長に指名された。スカラムーチは、「首席補佐官に対して報告を行っていたショーン・スパイサーとは異なり、大統領に直接報告を行う予定」とホワイトハウスが発表した旨、多数の報道機関によって伝えられた[47][48]

スカラムーチ任命の発表後、ホワイトハウス報道官ショーン・スパイサーは、トランプ大統領に対して辞任届を提出。ニューヨーク・タイムズが報じたところによると、「スカラムーチの任命には絶対に反対だ」と忠告した後、辞任した[4][49]。トランプの首席補佐官ラインス・プリーバスもまた、スカラムーチの起用に「激しく反対」していた。

2017年7月26日、スカラムーチは『ザ・ニューヨーカー』のライアン・リザ記者に対して架電した。そして、スカラムーチが出席したトランプとの夕食会に前FOXニュース共同社長ビル・シャインらが同席していたことをリザが報じた点に関し、リザがその情報源を明かさなければ、ホワイトハウス広報部のスタッフすべてを解雇すると脅した[50]。さらに、ポリティコがスカラムーチの財務状況について報じていたことに関し[51]、それが合衆国輸出入銀行から公的に開示された文書に基づくものであったことを知らず、プリーバスを「重罪」を犯した「ちくり屋」と非難、「クソったれの偏執狂的な統合失調症患者、まさにパラノイア」と述べた。さらに、スカラムーチはプリーバスの調子を真似て、「わあ、ビル・シャインがこっちに来るぞ。ネタをばらしてあいつらを邪魔してやれるか見てみるか、スカラムーチを6か月の間邪魔してやったみたいに」などと語り、プリーバスは「じきに辞めるだろう」と述べた[52]

また、そのインタビューの中で、スカラムーチはFBI及び司法省に連絡し、プリーバスを捜査するよう伝えたと話した。

さらに、スカラムーチ自身はメディアの関心を引くことに興味がないという点に関連して、「俺はスティーブ・バノンとは違う。自分のブツをおしゃぶりしようと必死になるようなヘタレじゃない」と述べた[53]

インタビューの翌日、スカラムーチは、「私はときどき下品な言葉を使うことがある。今後は自分の活動領域でそういう発言は控える。だが、ドナルド・トランプの政策のために情熱を込めて戦うことはやめない」とツイートした[53]

スカラムーチがプリーバスをニューヨーカー誌で攻撃した次の日、プリーバスは首席補佐官を辞任した。CNNの取材で、プリーバスは、2017年7月27日に既に辞任していたと述べている。さらにその翌日、ドナルド・トランプは、自身のツイッターで、新たな首席補佐官にジョン・F・ケリーを指名したと発表した[54]

2017年7月31日、トランプ大統領はスカラムーチを広報部長から解任した[55]。新首席補佐官ジョン・ケリーの要請がその背景にあると見られている[56]。ホワイトハウスの公式発表によると、スカラムーチは、「首席補佐官ジョン・ケリーに対し、白紙の状態から、自身のチームを作る機会を与えるため」これに応じたとされている[57]。職務を開始した7月25日から職を離れた同月31日までの6日間の任期は、レーガン政権下のジャック・ケーラーが持っていた11日間の記録を抜き、広報部長として最短のものである[58]

その他の活動[編集]

過去、スカラムーチはテレビの金融番組『ウォール・ストリート・ウィーク』のホストを務めたほか[59]FOXニュースに出演していた[60]

2010年、映画『ウォール・ストリート』における自身の2度のカメオ出演及びスカイブリッジ・キャピタルのロゴを表示させることの対価として、10万ドルを支払った[61]

スカラムーチには、以下の3冊の著書がある。

  • 『Goodbye Gordon Gekko: How to Find Your Fortune Without Losing Your Soul』(さよならゴードン・ゲッコー:魂を失わずに富を得る方法)[62][63]
  • 『The Little Book of Hedge Funds: What You Need to Know About Hedge Funds but the Managers Won't Tell You』(ヘッジファンドの小さな本:マネージャーは教えてくれないヘッジファンドについて知っておくべきこと)[64]
  • 『Hopping Over the Rabbit Hole: How Entrepreneurs Turn Failure Into Success』(ウサギ穴を飛び越える:起業家が失敗を成功に変える方法)[65]

スカラムーチは、世界経済フォーラムの会員であるほか、ケネディ・センターの起業基金副議長及びアメリカ合衆国オリンピック・パラリンピック財団役員を務めている[66]。。また、外交問題評議会会員にも名を連ねている。2007年から2012年までの期間、ニューヨーク市の金融サービス・アドバイザリー委員会にもメンバーとして参加していた[67]

私生活[編集]

スカラムーチには、最初の妻リサ・ミランダとの間に3人の子供がいる。二人は、23年間の結婚生活の後、2011年に別居。2014年に離婚手続が終了した[68]

二度目の妻は、スカイブリッジ・キャピタル売却発表まで同社IR部門で勤務していた元社員のデイドラ・ボールである。夫妻は2011年に交際を開始し、2014年初頭に二人の間に子供が誕生。同年7月11日に二人は結婚した[69]。ボールは、2017年7月初め、二人目の子供の妊娠8か月のときにスカラムーチを相手方として離婚の申立てを行った。その後の同月24日、ボールは子供を出産した[68]

脚注[編集]

  1. ^ a b Meet The Mooch: Trump Ally Anthony Scaramucci Named WH Communications Director”. Talking Points Memo (2017年7月21日). 2017年7月22日閲覧。
  2. ^ Berman, Russell (2017年7月21日). “Who Is Anthony Scaramucci?” (英語). The Atlantic. https://www.theatlantic.com/politics/archive/2017/07/who-is-anthony-scaramucci/534543/ 2017年7月29日閲覧。 
  3. ^ “Best-Selling Books Week Ended Nov. 6”. The Wall Street Journal. (2016年11月11日). ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/best-selling-books-week-ended-nov-6-1478881902 2016年11月14日閲覧。 
  4. ^ a b Thrush, Glenn (2017年7月21日). “Sean Spicer Resigns as White House Press Secretary”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/07/21/us/politics/sean-spicer-resigns-as-white-house-press-secretary.html?action=Click&contentCollection=BreakingNews&contentID=65602623&pgtype=Homepage&_r=0 2017年7月21日閲覧。 
  5. ^ a b Scaramucci got fired after 10 days. Before his formal start date.”. Vox. 2017年8月1日閲覧。
  6. ^ Hedge fund manager rises to prominence as economic adviser to Trump”. 2016年12月23日閲覧。
  7. ^ a b “The Mooch Is His Own Aflac Duck”. (2012年5月6日). http://nymag.com/news/business/themoney/anthony-scaramucci-2012-5/ 
  8. ^ a b “SkyBridge Capital Announces Definitive Purchase Agreement To Sell Majority Stake in Firm” (プレスリリース), SkyBridge Capital, (2017年1月17日), http://www.prnewswire.com/news-releases/skybridge-capital-announces-definitive-purchase-agreement-to-sell-majority-stake-in-firm-300391910.html 2017年1月20日閲覧。 
  9. ^ “Il nonno partito da Gualdo un secolo fa, viaggio alle radici italiane di Scaramucci” (Italian). La Stampa. (2017年7月23日). http://www.lastampa.it/2017/07/23/esteri/il-nonno-partito-da-gualdo-un-secolo-fa-viaggio-alle-radici-italiane-di-scaramucci-472cf4gMx9Vy5OZQtBnKRN/pagina.html 2017年7月26日閲覧。 
  10. ^ McBride, Jessica (2017年7月21日). “Anthony Scaramucci's Family: 5 Fast Facts You Need to Know”. Heavy.com. 2017年7月24日閲覧。
  11. ^ Discussing Addiction and Recovery with My Brother”. Medium (2016年10月10日). 2017年7月28日閲覧。
  12. ^ La Roche, Julia (August 20, 2015). 40 old high-school yearbook photos of Wall Street's titans, Business Insider
  13. ^ Concerned Citizens Meet on Youth Center Issue”. The Schreiber Times. p. 8. 2017年7月31日閲覧。
  14. ^ The Hilarious Story Of How Anthony Scaramucci Was Hired, Fired, And Rehired At Goldman Sachs”. Business Insider (2012年8月14日). 2017年7月31日閲覧。
  15. ^ President Trump’s new Director of Communications: Anthony Scaramucci: The Unlikely Path of a Law…” (2017年7月28日). 2017年7月29日閲覧。
  16. ^ President Trump’s new Director of Communications: Anthony Scaramucci: The Unlikely Path of a Law…” (2017年7月28日). 2017年7月29日閲覧。
  17. ^ a b FINalternatives Sky’s the Limit for Skybridge After Citi Deal”. 2017年7月31日閲覧。
  18. ^ McLean, Bethany (2009年12月). “The Bank Job”. Vanity Fair. 2017年7月31日閲覧。
  19. ^ Hedge fund manager rises to prominence as economic adviser to Trump”. 2016年12月23日閲覧。
  20. ^ “Everybody's Going Hedge Funds”. (1998年6月8日). オリジナル1999年1月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/19990127185046/http://www.pathfinder.com/fortune/1998/980608/hed.html 
  21. ^ Neuberger Acquires High-Net-Worth Assets”. Money Management Executive (2001年10月29日). 2015年3月28日閲覧。
  22. ^ Delevingne, Lawrence (2015年1月27日). “Here are the best hedge funds for 2015: Experts”. CNBC. 2015年3月28日閲覧。
  23. ^ “DealBook "SkyBridge Comes Out a Winner in Las Vegas”. (2011年5月13日). https://dealbook.nytimes.com/2011/05/13/skybridge-comes-out-a-winner-in-las-vegas/ 
  24. ^ Kentner, DA (2011年8月5日). “The Readers' Writers: Entrepreneur and author Anthony Scaramucci”. Waynesville Daily Guide. 2015年3月28日閲覧。
  25. ^ Power 100 2016”. Worth. 2017年7月31日閲覧。
  26. ^ Steinberg, Brian (2016年3月14日). “Fox Business Network Picks Up ‘Wall Street Week’”. Variety. 2017年7月31日閲覧。
  27. ^ "Anthony Scaramucci won't get announced White House role, official says," CNBC, February 2, 2017.
  28. ^ http://static.politico.com/b5/f6/d60960f143d4b81b2925e4f3679e/scaramucci-financial-disclosure.pdf (PDF)
  29. ^ Scaramucci still stands to profit from SkyBridge from the White House”. Politico. 2017年8月1日閲覧。
  30. ^ Sale of Scaramucci's firm to Chinese group is under regulatory review”. CNN Money. 2017年7月31日閲覧。
  31. ^ a b c d Anthony Scaramucci Loved Hillary, Gave to Obama, and Deleted Anti-Trump Tweets”. Daily Beast. 2017年7月28日閲覧。
  32. ^ “Bloomberg "Romney Lures Away Obama’s Wall Street Supporters in Race for Campaign Cash”. https://www.bloomberg.com/news/2011-09-27/romney-lures-obama-wall-street-donors-in-race-for-campaign-cash.html 
  33. ^ “The New York Times "A Fund Manager’s Message Beyond the ‘Pinata’”. (2010年10月6日). https://dealbook.nytimes.com/2010/10/06/a-fund-managers-message-beyond-the-pinata/ 
  34. ^ Anthony Scaramucci's old tweets reveal liberal views on climate, abortion, gay rights, border wall”. The Washington Examiner (2017年7月22日). 2017年7月31日閲覧。
  35. ^ “Anthony Scaramucci, a top Republican fundraiser, signs on with Trump campaign”. (2016年5月9日). https://www.washingtonpost.com/news/post-politics/wp/2016/05/09/anthony-scaramucci-a-top-republican-fundraiser-signs-on-with-trump-campaign/ 
  36. ^ “Donald Trump Shuffles Transition Team, Making Mike Pence Chairman”. The Wall Street Journal. (2016年11月12日). ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/donald-trump-shuffles-transition-team-making-mike-pence-chairman-1478890592 2016年11月14日閲覧。 
  37. ^ a b Long on Trump”. New York. 2017年7月31日閲覧。
  38. ^ “The story behind Scaramucci's delayed appointment amid Trump White House bickering”. Fox Business. (2017年1月31日). http://www.foxbusiness.com/politics/2017/01/31/story-behind-scaramucci-s-delayed-appointment-amid-trump-white-house-bickering.html 2017年3月9日閲覧。 
  39. ^ Scaramucci still in consideration for White House role, official says”. 2017年7月31日閲覧。
  40. ^ “Anthony Scaramucci will not get White House role – NYT”. Reuters. (2017年2月1日). http://in.reuters.com/article/usa-trump-scaramucci-idINL4N1FN0RK 2017年2月2日閲覧。 
  41. ^ “Steve Bannon and Reince Priebus Want You to Know They Are Friends”. (2017年2月9日). http://nymag.com/daily/intelligencer/2017/02/bannon-and-priebus-want-you-to-know-they-are-friends.html 2017年2月10日閲覧. "'It's not true,' Priebus said of the rumors that he nixed the hire. 'The person closest to Anthony in the entire West Wing is me,' he said." 
  42. ^ “President Donald J. Trump Announces White House Staff Appointments.” (プレスリリース), The White House, (2017年3月6日), https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2017/03/06/president-donald-j-trump-announces-white-house-staff-appointments 2017年3月7日閲覧, "George Sifakis will serve as Assistant to the President and Director for the Office of Public Liaison." 
  43. ^ “The hedge funder who had long hoped to work for Trump finally got a job”. Business Insider. Reuters. (2017年6月27日). http://www.businessinsider.com/scaramucci-gets-trump-job-at-us-export-import-bank-2017-6 2017年6月28日閲覧。 
  44. ^ “Trump adviser Scaramucci joins Export-Import Bank”. Fox News Channel. (2017年6月27日). http://www.foxnews.com/politics/2017/06/27/trump-adviser-scaramucci-joins-export-import-bank.html 2017年6月28日閲覧。 
  45. ^ “Three CNN journalists resign over retracted Trump-Russia story”. (2017年6月27日). http://www.latimes.com/business/hollywood/la-fi-ct-cnn-resignation-20170626-story.html 2017年6月27日閲覧。 
  46. ^ Trump attacks CNN after resignations of three journalists over retracted Russia-related story”. The Telegraph (2017年6月27日). 2017年6月28日閲覧。
  47. ^ “White House: Scaramucci will report directly to Trump”. (2017年7月21日). http://thehill.com/homenews/administration/343253-white-house-scaramucci-will-report-directly-to-trump 2017年7月27日閲覧。 
  48. ^ “Anthony Scaramucci Called Me to Unload About White House Leakers, Reince Priebus, and Steve Bannon”. The New Yorker. (2017年7月27日). http://www.newyorker.com/news/ryan-lizza/anthony-scaramucci-called-me-to-unload-about-white-house-leakers-reince-priebus-and-steve-bannon 2017年7月27日閲覧。 
  49. ^ Trump Hires Scaramucci as Communications Director, Spicer Resigns”. Bloomberg (2017年5月30日). 2017年7月21日閲覧。
  50. ^ Anthony Scaramucci's absolutely bananas quotes to the New Yorker, ranked”. CNN (2017年7月27日). 2017年7月28日閲覧。
  51. ^ Scaramucci still stands to profit from SkyBridge from the White House”. Politico. 2017年8月1日閲覧。
  52. ^ “Anthony Scaramucci Called Me to Unload About White House Leakers, Reince Priebus, and Steve Bannon”. The New Yorker. (2017年7月27日). http://www.newyorker.com/news/ryan-lizza/anthony-scaramucci-called-me-to-unload-about-white-house-leakers-reince-priebus-and-steve-bannon 2017年7月27日閲覧。 
  53. ^ a b “Anthony Scaramucci in furious, foul-mouthed attack on White House rivals”. The Guardian. (2017年7月27日). https://www.theguardian.com/us-news/2017/jul/27/anthony-scaramucci-white-house-reince-priebus-steve-bannon 2017年7月27日閲覧。 
  54. ^ Reince Priebus Pushed Out After Rocky Tenure as Trump Chief of Staff” (2017年7月28日). 2017年7月31日閲覧。
  55. ^ トランプ米大統領、スカラムチ広報部長解任=NYT
  56. ^ Trump Removes Anthony Scaramucci From Communications Director Role”. The New York Times. 2017年8月1日閲覧。
  57. ^ Statement from the Press Secretary”. The White House Office of the Press Secretary. 2017年8月1日閲覧。
  58. ^ Scaramucci Sets New Record for Shortest Term as Communications Director”. NBC News. 2017年8月1日閲覧。
  59. ^ FOX Business Network Welcomes Iconic 'Wall Street Week' Program”. Fox Business Network (2016年3月14日). 2017年7月31日閲覧。
  60. ^ Celarier, Michelle (2014年9月10日). “Scaramucci inks deal with Fox Business”. New York Post. 2015年3月28日閲覧。
  61. ^ Scaramucci’s fed-up wife filed for divorce while nine months pregnant”. 2017年7月30日閲覧。
  62. ^ “Power and piñatas: Anthony Scaramucci, hedge-fund ambassador”. The Economist. (2011年5月12日). http://www.economist.com/node/18681778 2017年3月9日閲覧。 
  63. ^ Nocera, Joe (2010年10月1日). “Still Stuck in Denial on Wall St.”. The New York Times. 2015年3月28日閲覧。
  64. ^ “'The Little Book of Hedge Funds' by Anthony Scaramucci”. CBS News. (2012年6月15日). http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=7411762n 2017年3月9日閲覧。 
  65. ^ Scaramucci, Anthony; Robbins, Tony; Diamandis, Peter (October 31, 2016). Hopping over the Rabbit Hole: How Entrepreneurs Turn Failure into Success (1 ed.). Hoboken, New Jersey: Wiley. ASIN 1119116333. ISBN 9781119116332. 
  66. ^ Conference Speakers: Anthony Scaramucci”. SALT Conference. 2015年3月28日閲覧。
  67. ^ Generating Alpha in Volatile Markets”. New York Society of Security Analysts. 2015年3月28日閲覧。
  68. ^ a b Scaramucci’s fed-up wife filed for divorce while nine months pregnant”. New York Post. 2017年8月1日閲覧。
  69. ^ McBride, Jessica (2017年7月21日). “Anthony Scaramucci's Family: 5 Fast Facts You Need to Know”. Heavy.com. 2017年7月24日閲覧。