アンソニー・ディレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンソニー・ディレル
基本情報
本名 アンソニー・ディレル
通称 The Dog
階級 スーパーミドル級
身長 184cm
リーチ 189cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1984-10-14) 1984年10月14日(34歳)
出身地 ミシガン州フリント
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 33
KO勝ち 24
敗け 1
引き分け 1
テンプレートを表示

アンソニー・ディレルAnthony Dirrell1984年10月14日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーミシガン州フリント出身。現WBC世界スーパーミドル級王者。フィジカルの強さが売りの選手で技術も高い。強打者としても鳴らしており、右ストレートを武器に65%以上のKO率を誇る選手。アテネオリンピックミドル級銅メダリストアンドレ・ディレルは兄。愛称はThe Dog。プロモーターはTGB・プロモーションズ所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2003年、ナショナル・ゴールデングローブに出場するが2回戦敗退[1]

2004年、全米選手権に出場するが準決勝で敗退[2]。同年、アテネオリンピック国内予選選考会に出場するが決勝で敗退した[3]

プロ時代[編集]

2005年1月27日、初回にダウンを奪うと最後はレフェリーストップに持ち込み試合終了。初回1分20秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2011年12月2日、チュマッシュ・カジノにてアンドレ・ウォードへの挑戦権を賭けてレーナン・セト・ジェスターと対戦。試合は激しい打撃戦になり、徐々にディレルが優位になると攻勢を強めてダメージを与えた。4回終了間際にダメージを溜めて一気にフィニッシュに行くところで、ジェスターがレフェリーに左肩に異常を訴えそのまま試合終了。4回2分54秒TKO勝ちを収めウォードへの挑戦権獲得に成功した。

2012年5月、オートバイ事故で足と腕を骨折、ブランクを作る[4]

2013年5月3日、約1年半ぶりの復帰戦を8回判定勝利で飾る。

2013年12月7日、ニューヨークバークレイズ・センターポール・マリナッジザブ・ジュダーの前座でWBC世界スーパーミドル級王者サキオ・ビカと対戦したが、12回1-1(112-114、116-110、113-113)の3者3様の引き分けで王座獲得に失敗した。

2014年8月16日、スタブハブ・センター・テニスコートショーン・ポーターケル・ブルックの前座でWBC世界スーパーミドル級王者サキオ・ビカとダイレクトリマッチで再戦し、12回3-0(114-113、116-111、117-110)の判定勝ちで再戦を制し王座獲得に成功した[5]

2015年4月25日、シカゴUICパビリオンでWBC世界スーパーミドル級8位のバドゥ・ジャックと対戦。12回0-2(112-116、113-115、114-114)の判定負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[6]

2015年9月6日、テキサス州コーパスクリスティアメリカン・バンク・センターで元WBC世界ミドル級暫定王者マルコ・アントニオ・ルビオとスーパーミドル級契約で対戦し、10回3-0(3者とも100-90)の判定勝ちを収め再起に成功した[7]

2017年3月5日、バドゥ・ジャックの王座返上に伴うWBCスーパーミドル級王座決定戦の入札が行われ、ディレル擁するTGBプロモーションズが160万3千ドルで興行権を落札、ファイトマネーの分配は、ディレルが72万1350ドル(約8100万円)、カラム・スミスが72万1350ドル(約8100万円)となった(残りの10%は試合勝者の賞金)。スミス擁するマッチルーム・ボクシングの入札額は120万1千ドルだった[8]。しかしこの試合は結局行われなかった。

2019年2月23日、ミネソタ州ミネアポリスのミネアポリス・アーモリーでアブニ・イユリディンと空位のWBC世界スーパーミドル級王座決定戦を行い、アクシデントヘッドバッドで左まぶたを大きくカットしたディレルが試合続行不能となり、10回負傷判定勝ちで王座獲得に成功した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 76.US National Golden Gloves - Las Vegas - May 26-31 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月8日閲覧。
  2. ^ 114.Unites States National Championships Colorado Springs January 13-17, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月8日閲覧。
  3. ^ US Olympic Trials Tunica February 17-21, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月8日閲覧。
  4. ^ Dirrell recovering after motorcycle accident, surgery on broken leg”. Ring.TV (2012年5月12日). 2013年12月9日閲覧。
  5. ^ ブロック2-0判定で新王者に、ビカは王座陥落 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月17日
  6. ^ ジャックがディーレル攻略、WBC・S・ミドル級 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月25日
  7. ^ 亀田和毅リベンジならずも「はっきり勝ったと思う」 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月7日
  8. ^ Anthony Dirrell, Callum Smith to clash for vacant super middleweight title”. ESPN.com (2017年3月6日). 2017年3月16日閲覧。

関連項目[編集]

前王者
サキオ・ビカ
WBC世界スーパーミドル級王者

2014年8月16日 - 2015年4月25日

次王者
バドゥ・ジャック