アンダーセン空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンダーセン空軍基地
Andersen Air Force Base
Pacific Air Forces.png
ルイジアナ州バークスデール空軍基地から前方展開したB-52H(奥の機体はKC-135R)
ルイジアナ州バークスデール空軍基地から前方展開したB-52H(奥の機体はKC-135R)
IATA: UAM - ICAO: PGUA
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 グアムの旗 グアム
種類 軍用
運営者 Seal of the United States Department of the Air Force.svgアメリカ空軍
開設 1944年
標高 188.3 m (618 ft)
座標 北緯13度34分52秒 東経144度55分28秒 / 北緯13.58111度 東経144.92444度 / 13.58111; 144.92444
公式サイト www.andersen.af.mil
地図
アンダーセン空軍基地の位置
アンダーセン空軍基地の位置
UAM/PGUA
アンダーセン空軍基地の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
06L/24R 3,218×61 コンクリート/アスファルト
06R/24L 3,409×61 コンクリート/アスファルト
出典:FAA[1],official site[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

アンダーセン空軍基地(アンダーセンくうぐんきち、: Andersen Air Force Base)は、アメリカ合衆国グアムジーゴから北東に約6.4kmの場所に位置するアメリカ空軍の基地である。西太平洋地域で唯一、アメリカ空軍の戦略爆撃機が展開可能な基地となっている[3]

概要[編集]

第二次世界大戦中の1944年に、日本本土爆撃のためのB-29爆撃機用の基地として作られた。ベトナム戦争中はB-52が展開し、ベトナム民主共和国まで遠距離爆撃作戦を実施していた。太平洋空軍の傘下にあり、1991年から2005年までは第13空軍司令部が所在していた。2009年時点でのホスト部隊は第36航空団。

2016年8月からは、B-52の一部を置き換える形でB-1爆撃機の配備が始まった。朝鮮民主主義人民共和国による核・ミサイル開発への抑止力、中華人民共和国による南シナ海進出への牽制力を強化する目的とされている[4]。同年以降は、しばしば基地から朝鮮半島方面の飛行が行われ、自衛隊大韓民国国軍との共同訓練も行われている[5]

2020年4月17日、アメリカ軍は動力的戦力運用構想の一環としてB-52のグアム配備見直しを行い、前日までに配備されていた5機をノースダコタ州マイノット空軍基地に移動させたことを発表した。今後は、アメリカ本土からの運用が行われる[6]

なお基地の裏側にはかつてスターサンドビーチと呼ばれる観光用ビーチがあり、車で基地敷地を通って行く必要があった。911テロ以降、基地のセキュリティ強化などにより閉鎖されたままになっている。

所在部隊[編集]

第11空軍隷下
  • 第36航空団英語版
    • 第36作戦群英語版
      • 第36作戦支援中隊
    • 第36緊急対応群
      • 第36機動対応中隊
      • 第554レッドホース中隊
      • 第644戦闘通信中隊
      • 第736警備中隊
    • 第36整備群
      • 第36遠征航空機整備中隊
      • 第36整備中隊
      • 第36弾薬中隊
    • 第36医療群
      • 第36医療運用中隊
      • 第36医療支援中隊
    • 第36任務支援群
      • 第36施設中隊
      • 第36通信中隊
      • 第36契約中隊
      • 第36福利厚生中隊
      • 第36兵站即応中隊
      • 第36警備中隊
第16空軍英語版隷下
アメリカ空軍遠征センター英語版隷下
  • 第515航空機動作戦航空団英語版
    • 第715航空機動作戦群
      • 第734航空機動中隊
第4空軍隷下
  • 第624地域支援群英語版
    • 第44飛行場業務中隊
    • 第624航空宇宙医学小隊
    • 第624地域支援群作戦分遣隊アルファ
    • 第724航空衛生ステージング小隊
グアム空軍州兵英語版
  • 第254基地航空群
    • 第254レッドホース中隊
    • 第254警備中隊
アメリカ海軍太平洋艦隊ヘリコプター海洋戦闘航空団司令官隷下
アメリカ宇宙軍宇宙作戦軍団英語版隷下
  • 第6宇宙部隊
    • 第21宇宙作戦中隊英語版第2分遣隊

脚注[編集]

  1. ^ FAA Airport Master Record for UAM (Form 5010 PDF). Retrieved 15 March 2007
  2. ^ Andersen Air Force Base web page
  3. ^ Why Is North Korea So Fixated on Guam?”. popularmechanics.com (2017年8月9日). 2017年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月24日閲覧。
  4. ^ 米軍がグアムにB1戦略爆撃機を配備、「地球規模の攻撃能力」で中朝ににらみ 産経ニュース(2017年6月26日)2016年8月9日閲覧
  5. ^ 米戦略爆撃機、今度は朝鮮半島に飛来 北朝鮮ICBMに対抗 CNN(2017年7月8日)2017年7月9日閲覧
  6. ^ 米空軍、戦略爆撃機をグアムから撤収”. 産経新聞 (2020年4月19日). 2020年4月19日閲覧。
  7. ^ 319th Operations Group reactivates RQ-4 squadron”. 2020年3月27日閲覧。

その他の出典[編集]

  •  この記事にはアメリカ合衆国政府の著作物である空軍歴史調査局英語版の次のウェブサイトhttp://www.afhra.af.mil/本文を含む。
  •  この記事にはアメリカ合衆国政府の著作物であるアメリカ合衆国連邦政府が作成した次の文書本文を含む。"Andersen Air Force Base"
  • Maurer, Maurer. Air Force Combat Units Of World War II. Washington, D.C.: U.S. Government Printing Office 1961 (republished 1983, Office of Air Force History, ISBN 0-912799-02-1).
  • Ravenstein, Charles A. Air Force Combat Wings Lineage and Honors Histories 1947–1977. Maxwell Air Force Base, AL: Office of Air Force History 1984. ISBN 0-912799-12-9.
  • Fletcher, Harry R. (1989). Air Force Bases Volume II, Active Air Force Bases outside the United States of America on 17 September 1982. Maxwell AFB, Alabama: Office of Air Force History. ISBN 0-912799-53-6.