アンダーソン・ブラドック・シルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アンダーソン・"ブラドック"・シルバ
Anderson-Silva.jpg
基本情報
本名 アンデルソン・シウバ
通称 ブラドッグ
階級 ヘビー級
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
誕生日 1986年8月29日(29歳)
出身地 サンパウロ州
身長 192cm
体重 100kg
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

アンダーソン・“ブラドック”・シルバAnderson “Braddock” Silva1986年8月29日 - )は、ブラジル男性キックボクサーサンパウロ州出身。ドージョー・チャクリキ所属。日本のメディアではアンダーソン・“ブラドック”・シウバアンデウソン・“ブラドック”・シウバアンデルソン・シウバとも表記される。総合格闘家アンデウソン・シウバとは同姓同名である。

ブラジルからオランダへと渡り、名門ドージョー・チャクリキ本部にてピーター・アーツバダ・ハリらを育てた名匠トム・ハーリックに師事している。

リングネームの「ブラドッグ」は、「Missing in Action」というアクション映画で主演のチャック・ノリスが演じるCol. James Braddockというキャラから付けられた。

来歴[編集]

2008年10月5日、WIPU King of the Ring ヘビー級タイトルマッチでトーマス・ハロンに延長戦の末に判定負け。

2009年3月28日、VIP Fight Night 2009トーナメントに参戦し、1回戦でダニョ・イルンガに2度ダウンを奪って2RKO勝ち、準決勝でパトリック・リエダートに2度ダウンを奪って2RKO勝ち、決勝戦で同門のヘスディ・カラケスにドクターストップ勝ちを収め、3試合連続KO勝ちでの優勝を果たした。

それから2週間後の4月11日、Amsterdam Fight ClubのWMTA 4人制トーナメントに参戦し、1回戦でブライアン・ダウヴィスに延長戦の末に判定勝ち、決勝戦でトーマス・ハロンと再戦するが判定負けでリベンジならず準優勝。

5月31日、Next Generation Warriors 3にてロイド・ヴァン・ダムと対戦し、引き分けドロー。

10月17日、ゴールデン・グローリー10周年記念大会GLORY 11: A Decade of Fightsにてゴールデン・グローリー所属のステファン・レコと対戦し、ダウンを奪うなど圧倒して2RKO勝ち。

2010年5月29日、IT'S SHOWTIMEムラッド・ボウジディと対戦し、延長戦の末に判定負けを喫した[1]

2010年10月16日、Ultimate GloryのKickboxing World Series1回戦でムラッド・ボウジディと再戦し、0-3の判定負けを喫した[2]

2010年12月18日、IT'S SHOWTIMEでフレディ・ケマイヨと対戦し、右ハイキックで1RKO勝ち。敗れたケマイヨは左の側頭部から大流血した[3]

2011年5月14日、IT'S SHOWTIMEリヨン大会でダニエル・ギタと対戦予定だったが負傷によって欠場し、治療のため手術を受けた。

2012年1月28日、IT'S SHOWTIME 54&55にて、13ヶ月ぶりの復帰戦でマイケル・ドゥートと対戦し、2度ダウンを奪って5-0の判定勝ち[4]

2012年2月25日、ポドゴリツァで開催されたSuperKombat World Grand Prix I 2012の4人制ヘビー級トーナメントに参戦し、1回戦でニコラ・ファリンに3-0の判定勝ち、決勝でカタリン・モロサヌに判定負けで準優勝。

2012年5月27日、K-1 Rising 2012 ~ K-1 WORLD MAX Final 16 ~ in Madridにてバダ・ハリと対戦し、善戦するも判定負け[5]

2012年10月6日、GLORY 2 にて、約3年ぶりに現役復帰してきたレミー・ボンヤスキーと対戦し、延長戦の末に1-4の判定負け[6]。試合後の談話にてブラドックは判定に対して不満を述べた[7]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
42試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
33 23 10 0 1 0
8 0 8 0


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× レミー・ボンヤスキー 3R+延長1R終了 判定0-3 GLORY 2 2012年10月6日
× バダ・ハリ 3R終了 判定0-3 K-1 Rising 2012 ~ K-1 WORLD MAX Final 16 ~ in Madrid 2012年5月27日
× カタリン・モロサヌ 3R終了 判定0-3 SuperKombat World Grand Prix I 2012
【決勝】
2012年2月25日
ニコラ・ファリン 3R終了 判定3-0 SuperKombat World Grand Prix I 2012
【1回戦】
2012年2月25日
マイケル・ドゥート 3R終了 判定5-0 IT'S SHOWTIME 54&55 2012年1月28日
フレディ・ケマイヨ 1R KO(右ハイキック) IT'S SHOWTIME 2010年12月18日
× ムラッド・ボウジディ 3R終了 判定0-3 Ultimate Glory 2010-2011 First Round
【Kickboxing World Series 1回戦】
2010年10月16日
× ムラッド・ボウジディ 3R+延長R終了 判定 IT'S SHOWTIME 2010年5月29日
× アドナン・レゾヴィッチ 3R終了 判定 It's Showtime 2010年2月13日
デニス・ストルゼンバッチ 3R+延長1R終了 判定 Ernesto Hoost Present's IT'S SHOWTIME 2009 Barneveld 2009年11月21日
ステファン・レコ 2R KO(左フック) GLORY 11: A Decade of Fights 2009年10月17日
アンディ・シャンデンベルク 3R終了 判定3-0 SLAMM!!: New Generation 2009年6月28日
ロイド・ヴァン・ダム 3R終了 ドロー Next Generation Warriors 3 2009年5月31日
× トーマス・ハロン 3R終了 判定 Amsterdam Fight Club
【WMTA 4人制トーナメント 決勝戦】
2009年4月11日
ブライアン・ダウヴィス 3R終了+延長1R終了 判定 Amsterdam Fight Club
【WMTA 4人制トーナメント 1回戦】
2009年4月11日
ヘスディ・カラケス 1R 2:28 TKO(ドクターストップ) VIP Fight Night 2009
【決勝】
2009年3月28日
パトリック・リエダート 2R 2:32 KO(左フック) VIP Fight Night 2009
【準決勝】
2009年3月28日
ダニョ・イルンガ 2R 2:07 KO(パンチ連打) VIP Fight Night 2009
【1回戦】
2009年3月28日
タリック・チャコイ 1R TKO Noord Gestoord 2009年2月15日
× トーマス・ハロン 3R+延長1R終了 判定 Tough Is Not Enough
【WIPU King of the Ring ヘビー級王座】
2008年10月5日
カーロス"オーガスト"イノセンテ 3R+延長1R終了 判定 Demolition Fight GP
【ブラジル・クルーザー級王座】
2007年11月10日

獲得タイトル[編集]

  • ブラジル・クルーザー級王座
  • VIP Fight Night 2009 優勝
  • WMTA トーナメント 準優勝
  • SuperKombat World Grand Prix I 2012 準優勝

脚注[編集]

関連項目[編集]