アンチエイジ徳泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンチエイジ徳泉
本名 徳泉 信一(とくいずみ しんいち)
ニックネーム とくさん
生年月日 (1989-04-23) 1989年4月23日(32歳)[1]
出身地 日本の旗 北海道野付郡別海町[1][2]
血液型 O型 [1][2]
身長 169cm[3]
言語 日本語
最終学歴 横浜清風高等学校卒業[4][5]
出身 NSC東京校14期
コンビ名 アンチエイジ(2010年9月 - 2011年9月)
相方 阿部洋佑(アベヨースケ)(コンビ時代)
芸風 ものまね、ギター歌ネタ芸、フリップ芸
事務所 吉本興業
活動時期 2009年 -
同期 ネルソンズ、ざしきわらし、あわよくばダイタク井上虫歯二本なめたらいかんぜよ。MARIりんたろー。EXIT)等
公式サイト よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」
テンプレートを表示

アンチエイジ徳泉(あんちえいじとくいずみ、1989年4月23日[1] - )は、日本お笑い芸人ピン芸人)、ものまね芸人本名徳泉信一 (とくいずみ しんいち)。旧芸名、徳泉真一(読み同じ)。

北海道野付郡別海町出身[2][6][7][注 1]吉本興業東京本社所属。

来歴[編集]

東京NSC14期生。2009年4月から2010年9月までは、本名から漢字を一字変えた「徳泉真一」の芸名[8][9][10][11] 吉本のピン芸人として活動。同年10月からは吉本を出て、中学時代の同級生の芸人、阿部洋佑お笑いコンビアンチエイジ」を結成し、同時に名前を本名に戻す[3][12][13]2011年1月初旬までコンビでフリー活動をした後、同月末からコンビとして再度吉本所属になる[14]。フリー時と合わせて1年間「アンチエイジ」としてコンビ活動をするも、2011年9月14日にコンビ解散[15][16]。同年9月からはコンビ名だったアンチエイジをつけた「アンチエイジ徳泉」の芸名で、再びものまねピン芸人とし吉本で活動中[17]

芸風[編集]

  • ネタは主に、ギターを使ったものまね芸を行っているが、ギターや歌を使用しないものまね芸もある[18]
  • 数々のものまねレパートリーの中では、2012年初旬から始めた今まで誰もやったことがなかった[19][20]アンジャッシュ児嶋一哉のものまねが特に好評であり、披露する回数も一番多い。児嶋本人とは、2013年2月放送のフジテレビの『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』でのご本人登場で、初めて本人との共演を果たし、ご本人とコラボした[21][22][23][24]
  • 主にお笑い芸人の声ものまねが多数でそれらが好評だが、お笑い芸人以外の歌手やタレント等の声ものまね等も行う[18]
  • 2013年秋頃に、ものまねは一切使用しない普通のフリップ芸等も披露していたが、ものまね芸人がものまねなしは不評だったせいか、単発のみで、すぐにまた本来のものまね芸のみに戻った[18]
  • ものまねレパートリー数は、細かいもの等を入れると全部で約200人[25]

ものまねレパートリー[編集]

 他

人物・エピソード[編集]

  • 同期芸人(東京NSC14期生)らの中では唯一ものまねのみしか行わない、ものまね芸人である[20]
  • 東京NSC14期生の中で平成生まれは当時まだ少なく比較的に若いほうであり、NSC入学時にはまだ高卒直後の18歳で、芸人デビュー時はまだ二十歳になったばかりであったのにも関わらず、とてもそうとは見えない老けた外見をしていて、さらに当時の芸風やしゃべりや趣味等がすべて古く、ハタチでありながら30~40代に見られてしまうことが多かった。同期の中でも年齢詐称疑惑が絶えなかったらしい[20][26]。舞台で平成元年生まれだと言うとほとんどのお客さんは驚きの声をあげるのが定番であった[27]。本人もそのことをよく自虐に使っていて二十歳当時の公式ブログ旧タイトルは、よしもと芸人徳泉真一の「30(歳)手前に見える20(歳)過ぎのフケメン」であった[28]。ハタチ当時は精神年齢も30代だと自らブログ等に書いてあったが、それよりもっといっていて40代では?という声もデビュー当時一部あった[29]2016年1月放送のBS番組『ラジオな2人 リレー』では、 ピース又吉直樹には「平均的なおっさんの顔をしている」、綾部祐二 には「俺の12歳下なわけ絶対ないだろ。俺の4歳上だろ」と突っ込まれていた。30代なった現在でも、平成生まれにはとても見えないため、舞台や番組等で「平成生まれ」アピール発言はたまに使われている[18]
  • テレビ番組初出演は、NSC生時代だった2009年1月4日放送のTBSの『新型芸人オークション キリウリ〜お金のためならここまでやります〜』であったが、大幅にカットされ、出演シーンはたった20秒のOAであり、本人は1カットだけしか全身が映らなかったエキストラ的な出演であった[30]。また同年9月にフジテレビ『キャンパスナイトフジ』にも出たが、これもエキストラ的出演で、M-1のエントリー写真撮影の仕事をしていた時に偶然映っていただけである[31]
  • 北海道出身で、現在は横浜在住で[5] 一度も関西在住の経験はないのにも関わらず、たまに何故か関西弁を一部含めたトークをしたり[20]文章を書いたりしている[26]。この件をよく仲間の同期芸人等にエセ関西弁だといじられツッコまれている[27]
  • 同期芸人達からは「とくさん」という愛称で呼ばれていることが多い[27]
  • 一人称はTwitterやブログによると「僕」、「俺」、「私(わたくし)」の三種類を使い分けている。一時のみの数回ではあるが「徳ちゃん」という一人称を使っていたこともある[32]
  • お笑いコンビ「アンチエイジ」時はものまね芸は一切しておらず、主に漫才を行っておりツッコミを担当していた[18]
  • お笑いコンビ「アンチエイジ」は当初はM-1グランプリ出場のためだけにM-1限定で2009年6月頃に結成された即席コンビであったが、翌年に正式なコンビとして結成した。そのため正式なコンビとしての活動は2010年9月からであったが、事実上は前年の2009年6月頃にコンビ名決定とコンビ「アンチエイジ」としての初の活動をしていた[33][34][35]
  • お笑いコンビ「アンチエイジ」の解散理由は、「お笑いに対してのお互いの価値観と志しの違い」からであった[16]。決して不仲や喧嘩が理由での解散ではなかったため、解散後もお互いのTwitter等に頻繁に一緒にいる写真がツイートされている[36][37][38][39][40]。元相方阿部とコンビだったことは誇りに思っているともツイートされていた[39]
  • コンビ時から使用していた「アンチエイジ」という芸名の意味は、アンチ=反するの意味、エイジ=年齢で、上記のとおり、年齢に反する=「年相応には見えない」という意味であるのだが[26]、似た言葉で抗老化療法のことである「アンチエイジング」という言葉が有名のため、よく読み間違えられてしまい、「アンチエイジング徳泉」だと間違われることが多い。ライブチラシ等では、アンチエイジングと誤って打ち間違えられていることが多々あり[27]、『歌ネタ王決定戦2013』公式ブログの出演者発表一覧でも「アンチエイジング」と誤表記されていたり[41]、ライブでも先輩芸人には呼び間違えられてしまうことも多く、先輩芸人や後輩芸人のTwitterでもよく間違われている[42][43]。テレビ番組では2015年11月15日放送の『ラジオな2人 リレー』で先輩のピースの綾部に数回アンチエイジングと呼び間違えられ、本人が「ingはいらないです」と訂正していた。また、少ないながら「徳泉」(とくいずみ)のほうを、誤って「とくせん」と読まれてしまうこともあった[27]
  • コンビ解散後ピン芸人となった際に、今までコンビ名だった「アンチエイジ」を芸名につけることとなったのは、解散してもこの名前は残しておきたいということで元相方と共に決めた[20][26]
  • たまに「アンチエイジ」がついておらず「徳泉」のみの名義で出演しているライブも存在する[44]
  • 本名である「徳泉」という名字はライブでの本人の発言曰く、彼や彼の家族を含めても、日本でたった十数人だけしかいない名字であると言われているが、それはあくまで本人の発言だけであり、その真相は詳しくは定かではない[20]
  • 公式ブログプロフィールでは北海道別海町出身となっている[2] が、お笑いライブやネット番組等ではよく根室市出身とも発言していることも多い[20][45]
  • ものまねは小学校低学年時代から始め、ギターは中学生時代から始めた[9]
  • 趣味昭和歌謡や昭和歌謡BAR巡り、音楽鑑賞である[1][46]。昭和歌謡については、80年代音楽エンタメサイト「Re:minder - リマインダー」にて昭和歌謡のコラムを連載中。(#外部リンク 参照。)
  • 2017年頃より、Twitterで自らを「自称イントロクイズ芸人」と称し、数多くの様々なイントロクイズ大会のイベントに出場することを趣味で行っており、優勝や入賞をしている[47][48][49][50][51][52][53]
  • 小学校低学年時代から、金谷ヒデユキ松本ハウスファンであり、芸人デビュー後から2020年現在も彼らの出演するお笑いライブをよく観に行っている[54][55][56][57][58][59][60][61]
  • 東野幸治に「世界で一番(早い)ですね。児嶋のものまねしたのは」と番組内で言われた[24]
  • アンジャッシュの児嶋一哉のものまねをライブやテレビ等でやってもいいのかについては、フジテレビのものまね紅白での共演以前に、児嶋本人とのTwitter上の会話で、快く許可の返事をもらっている[62]。児嶋とはその後、ラジオ番組にも呼ばれて共演しており、今後も児嶋のものまねを続けるようにと本人に言われている[63][64]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

インターネット番組[編集]

ラジオ番組[編集]

  • シベリア文太、佐藤明洋、アンチエイジ徳泉のごきげんなラジオ(東京ネットラジオ、2016年4月 - 2017年3月)[93]- 冠番組
  • ふじきイェイ!イェイ!と佐藤明洋&アンチエイジ徳泉のごきげんなラジオ(東京ネットラジオ、2017年4月 - 2019年4月)[94]- 冠番組
  • 佐藤明洋とアンチエイジ徳泉&デビル剛犬のごきげんなラジオ」(東京ネットラジオ、2019年5月 -)[95]- 冠番組
  • キャベツ確認中のこんばんワイド22時半!(FM西東京、2018年7月3日、7月10日)
  • GOLD RUSHJ-WAVE、2018年11月2日、アンジャッシュ児嶋ナビゲーター回、ゲスト)[63][64]

雑誌[編集]

舞台・ライブ[編集]

 他多数

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 根室市出身発言もある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e アンチエイジ徳泉. “よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」 プロフィール”. ラフブロ. 2016年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c d アンチエイジ徳泉. “よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」 ブログプロフィール”. Yahoo!ブログ. 2017年3月17日閲覧。
  3. ^ a b 「TEPPEN」芸人名鑑 アンチエイジ あんちえいじ/ANTIAGE”. お笑いライブTEPPEN. 2016年2月29日閲覧。
  4. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2013年6月18日 1:14
  5. ^ a b facebook より
  6. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2012年9月12日 7:26
  7. ^ アンチエイジ徳泉の質問箱”. Peing-質問箱- (2018年9月8日). 2020年7月30日閲覧。
  8. ^ アンチエイジ徳泉. “元気いっぱい 徳泉真一! 2009年7月21日(火) 午前 10:04”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年3月14日閲覧。
  9. ^ a b アンチエイジ徳泉. “ルールル ルルル 2009年6月23日(火) 午後 10:57”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年3月17日閲覧。
  10. ^ アンチエイジ徳泉. “14期生アゲプロ無事終わりました 2009年6月13日(土) 午後 8:40”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年3月14日閲覧。
  11. ^ a b アンチエイジ徳泉. “よしもとオンラインでの裏話 2010/1/24(日) 午後 8:20”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年5月25日閲覧。
  12. ^ アンチエイジ徳泉. “皆様に重大なご報告がございます 2010年9月7日(火) 午後 11:59”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2016年11月22日閲覧。
  13. ^ ガチャ芸人図鑑476「アンチエイジ」”. お笑いLIVE!ガチャ!!. 2016年2月29日閲覧。
  14. ^ アンチエイジ徳泉. “恥ずかしながら帰って参りました 2011年1月31日(月) 午前 1:10”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2014年10月10日閲覧。
  15. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2011年9月12日 14:49
  16. ^ a b Twitter 阿部洋佑@abeyo_suke - 2011年9月7日 11:55
  17. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2011年11月3日 20:26
  18. ^ a b c d e 出演ライブでの披露ネタより
  19. ^ a b アンチエイジ徳泉. “ものまね紅白歌合戦、無事オンエア! 2013年2月2日(土) 午前 4:33”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2014年5月5日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g ライブでの本人の発言トークより
  21. ^ a b 2013年2月1日放送 19:00 - 22:52 フジテレビ 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル ものまね大好きさん大集合  超レア?アンジャッシュ児嶋ものまね”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション. 2016年2月29日閲覧。
  22. ^ a b 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル 2013年2月1日放送回”. goo テレビ番組. goo. 2014年6月6日閲覧。
  23. ^ a b 「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」”. 価格.com - テレビ紹介情報. 株式会社カカクコム. 2017年3月17日閲覧。
  24. ^ a b 2013年2月1日放送回、フジテレビ系『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャルより
  25. ^ アンチエイジ徳泉の質問箱”. Peing-質問箱- (2018年11月21日). 2020年7月30日閲覧。
  26. ^ a b c d Twitterでのツイートより
  27. ^ a b c d e 出演お笑いライブでのエピソードより
  28. ^ アンチエイジ徳泉. “よしもと芸人徳泉真一の「30(歳)手前に見える20(歳)過ぎのフケメン」 平成元年生まれのモノマネソングライターのブログ”. ラフブロ. 2010年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月19日閲覧。
  29. ^ 公式ブログコメント欄より
  30. ^ アンチエイジ徳泉. “あっついね~とテレビ初出演は・・・ 2009/6/17(水) 午後 11:06”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2016年11月25日閲覧。
  31. ^ アンチエイジ徳泉. “キャンパスナイトフジに俺出てた!? 2009/9/28(月) 午前 4:52”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年9月29日閲覧。
  32. ^ アンチエイジ徳泉. “M-1出るぞ 2009/7/21(火) 午後 1:39”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年9月30日閲覧。
  33. ^ アンチエイジ徳泉. “この芸人、凶暴につき(フリーの芸人) 2009/6/11(木) 午前 0:04”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年9月29日閲覧。
  34. ^ アンチエイジ徳泉. “タバスコを飲む男 現る 2009/6/16(火) 午後 11:28”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年9月29日閲覧。
  35. ^ アンチエイジ徳泉. “明日M-1出ます! 2009/9/3(木) 午後 10:35”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年9月29日閲覧。
  36. ^ Twitter 阿部洋佑@abeyo_suke - 2015年6月13日 18:09
  37. ^ Twitter 阿部洋佑@abeyo_suke - 2015年6月13日 19:54
  38. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2015年6月13日 18:48
  39. ^ a b Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2015年6月13日 19:59
  40. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2016年12月10日 20:19
  41. ^ 歌ネタ王. “3月9日(土) アストロホール(東京)出場者発表 2013年3月6日(水) 午後 2:22”. 歌ネタ王決定戦2013 公式ブログ. Yahoo!ブログ. 2017年3月17日閲覧。
  42. ^ Twitter @onodenmasawo - 2015年7月2日 18:28
  43. ^ Twitter @Mahjong42j - 2013年8月26日 4:09
  44. ^ きらめきニシキvol.58”. スケジゅるっ. 2017年5月31日閲覧。
  45. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2013年6月17日 9:15
  46. ^ Twitterプロフィールより
  47. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2018年2月11日 22:26
  48. ^ Twitter Re:minder - リマインダー@reminder_top - 2018年2月12日 10:15
  49. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2018年2月17日 18:52
  50. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2017年11月25日 22:11
  51. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2018年3月3日 20:44
  52. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2018年3月3日 16:43
  53. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2020年9月6日 16:51
  54. ^ アンチエイジ徳泉. “金谷ヒデユキさんって覚えてますか? 2010年7月1日(木) 午後 11:43”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2016年11月22日閲覧。
  55. ^ アンチエイジ徳泉. “松本ハウスってコンビ覚えてますか? 2009年9月2日(水) 午後 8:59”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2016年11月22日閲覧。
  56. ^ アンチエイジ徳泉. “松本ハウスライブ見に行ったよ  2010年3月19日(金) 午前 3:23”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2016年11月22日閲覧。
  57. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2010年7月1日 18:38
  58. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2011年8月12日 0:55
  59. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2015年7月11日 15:43
  60. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2016年10月15日 5:36
  61. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2017年11月10日 23:21
  62. ^ Twitter アンジャッシュ児嶋一哉@unjashkojima - 2012年7月18日 20:06
  63. ^ a b Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2018年11月1日 19:38
  64. ^ a b Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2018年11月2日 20:55
  65. ^ あばれる君、クマムシら「ものまねグランプリ」でレジェンドたちに挑む”. お笑いナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年5月18日 22:23). 2018年5月25日閲覧。
  66. ^ アンチエイジ徳泉. “ものまねグランプリ無事オンエア 2015年5月22日(金) 午前 1:22”. よしもと芸人アンチエイジ徳泉の「モノマネボイスブルース」. Yahoo!ブログ. 2017年7月17日閲覧。
  67. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2015年5月22日 1:07
  68. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2019年5月1日 13:57
  69. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2019年5月7日 22:24
  70. ^ ものまねグランプリ 特別編 ものまねレジェンドが選ぶ次世代ものまね芸人No.1決定戦”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション. 2019年5月15日閲覧。
  71. ^ 「ものまねグランプリ」 2019年5月7日(火)放送内容”. 価格.com - テレビ紹介情報. 株式会社カカクコム. 2019年5月25日閲覧。
  72. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2019年10月8日 15:37
  73. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2019年10月15日 17:47
  74. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2019年10月16日 10:26
  75. ^ ものまねグランプリ 2019秋”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション. 2020年9月9日閲覧。
  76. ^ 「ものまねグランプリ」 2019年10月15日(火)放送内容”. 価格.com - テレビ紹介情報. 株式会社カカクコム. 2020年9月9日閲覧。
  77. ^ 坂上忍の成長マン!!2014年11月23日放送 ココまで教えていいの!? ものまね編 他の芸人の石橋貴明ものまねを比較”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション. 2016年2月29日閲覧。
  78. ^ 『祝!坂上忍の成長マン日曜ゴールデン拡大版 愛犬しつけ&ものまね急成長2時間半SP!!』”. 価格.com - テレビ紹介情報. 株式会社カカクコム. 2016年11月22日閲覧。
  79. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2016年1月11日 20:37
  80. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2016年12月24日 3:42
  81. ^ くりぃむナンチャラ お笑いマニア王決定戦・予選大会”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション. 2017年3月17日閲覧。
  82. ^ くりぃむナンチャラ お笑いマニア王決定戦・予選大会”. goo テレビ番組. goo. 2016年3月17日閲覧。
  83. ^ 「スッキリ」 2020年5月27日(水)放送内容”. 価格.com - テレビ紹介情報. 株式会社カカクコム. 2020年9月9日閲覧。
  84. ^ 2020年5月27日放送 8:00 - 10:25 日本テレビ スッキリ”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション. 2020年9月9日閲覧。
  85. ^ お笑い芸人「アンチエイジ」の行き当たりばったり”. あっ!とおどろく放送局. 株式会社バースアップ. 2017年9月29日閲覧。
  86. ^ お笑い芸人「アンチエイジ」の行き当たりばったり -生放送サンプル-”. あっ!とおどろく放送局. 株式会社バースアップ. 2017年9月29日閲覧。
  87. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2010年12月15日 21:43
  88. ^ 無所属の帝王 参加芸人ネタランキング 第5位 アンチエイジ”. あっ!とおどろく放送局. 株式会社バースアップ. 2017年11月1日閲覧。
  89. ^ 【特別番組】無所属の帝王”. あっ!とおどろく放送局. 株式会社バースアップ. 2017年11月1日閲覧。
  90. ^ 無所属の帝王 参加芸人プロフィールコメント アンチエイジ”. あっ!とおどろく放送局. 株式会社バースアップ. 2017年10月31日閲覧。
  91. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2016年4月23日 14:52
  92. ^ LINE LIVE ラジオな2人 リレー 番外編. LINE株式会社.. (2016年4月14日). 該当時間: 18分56秒 - 24分40秒. https://live.line.me/channels/21/broadcast/3528 2017年3月14日閲覧。 
  93. ^ シベリア文太、佐藤明洋、アンチエイジ徳泉のごきげんなラジオ  DJ.シベリア文太、佐藤明洋、アンチエイジ徳泉”. Tokyo Net Radio. 東京ネットラジオ. 2016年11月22日閲覧。
  94. ^ ふじきイェイ!イェイ!と佐藤明洋&アンチエイジ徳泉のごきげんなラジオ  DJ.ふじきイェイ!イェイ!、佐藤明洋、アンチエイジ徳泉”. Tokyo Net Radio. 東京ネットラジオ. 2017年5月31日閲覧。
  95. ^ 佐藤明洋とアンチエイジ徳泉&デビル剛犬のごきげんなラジオ DJ.佐藤明洋、アンチエイジ徳泉、デビル剛犬”. Tokyo Net Radio. 東京ネットラジオ. 2020年9月9日閲覧。
  96. ^ Twitter アンチエイジ徳泉@tokuizuminokoto - 2018年4月19日 4:35

関連項目[編集]