アントニオ・カルバハル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカルバハル第二姓(母方の)はロドリゲスです。
アントニオ・カルバハル Football pictogram.svg
名前
本名 アントニオ・フェリックス・カルバハル・ロドリゲス
Antonio Felix Carbajal Rodríguez
愛称 La Tota、El Cinco Copas
ラテン文字 Antonio Carbajal
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1929-06-07) 1929年6月7日(89歳)
出身地 メキシコシティ
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1948-1950
1950-1966
レアル・クラブ・エスパーニャ
クラブ・レオン
45 (0)
364 (0)
代表歴
1950-1966 メキシコの旗 メキシコ 48 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニオ・カルバハルAntonio Felix Carbajal Rodríguez1929年6月7日 - )は、メキシコメキシコシティ出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。ニックネームの“La Tota”とは、アントニオの省略であり、子供の頃に名付けられた。

来歴[編集]

1950年ブラジル大会から1966年イングランド大会まで、史上初のワールドカップ5大会連続出場を果たしたことで知られる。(のちにドイツのMF・DFローター・マテウス(1982-1998)、イタリアのGKジャンルイジ・ブッフォン(1998-2014)、メキシコラファエル・マルケス(2002-2018)も達成。現在のところ5大会連続出場はこの4人だけ。)

1948年ロンドンオリンピックで活躍し、同年12月にメキシコ1部リーグのクラブ・エスパーニャでプロデビュー。2シーズンプレーした後、レオンに移籍。

ワールドカップでは通算11試合に出場。勝利したのは1962年チリ大会チェコスロバキア戦だけだった。(この試合はチェコスロバキアのバクラフ・マシェクに当時ワールドカップ最短時間ゴール記録となる開始15秒で先制を許したが、その後逆転。メキシコの記念すべきワールドカップ初勝利試合となった。また試合が行われた6月7日はカルバハルの誕生日だった。)なお、ワールドカップ通算25失点は歴代最多タイ記録である(2002年にサウジアラビアモハメド・アル=デアイエがタイ記録を達成)。

37歳で現役引退後はレオン、Unión de Curtidores、Atletas Campesinos、モナルカス・モレリアなどのクラブの監督や、メキシコ代表のゴールキーパーコーチを務めた。

ワールドカップでの成績[編集]

  • 1950年ブラジル大会
    • ● 0-4 ブラジル
    • ● 1-4 ユーゴスラビア
    • ● 1-2 スイス
  • 1954年スイス大会
    • ● 2-3 フランス
  • 1958スウェーデン大会
    • ● 0-3 スウェーデン
    • △ 1-1 ウェールズ
    • ● 0-4 ハンガリー
  • 1962年チリ大会
    • ● 0-2 ブラジル
    • ● 0-1 スペイン
    • ○ 3-1 チェコスロバキア
  • 1966年イングランド大会
    • △ 0-0 ウルグアイ