アントニオ・カルロス・アンドレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレ Football pictogram.svg
名前
カタカナ アントニオ・カルロス・アンドレ
ラテン文字 Antonio Carlos Andre
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1958-03-24) 1958年3月24日(60歳)
身長 168cm
体重 66kg
選手情報
ポジション MF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1977-1979 CRフラメンゴ
1980 フィゲイレンセFC
1980 アヴァイFC
1981-1983 GEブラジウ
1981-1983 ジョインヴィレEC
1983-1985 GEブラジウ
1986 SCインテルナシオナル
1987 キンゼ・デ・ジャウー
1987-1990 ヤマハ発動機 52 (19)
1990 GEブラジウ
1991-1993 アトレチコ・パラナエンセ
1991-1993 ヤマハ発動機 19 (3)
1993 アトレチコ・パラナエンセ
監督歴
2001-2002 静岡FC
2014 グランセナ新潟FC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニオ・カルロス・アンドレポルトガル語: Antonio Carlos Andre, 1958年3月24日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー(攻撃的MF)。登録名は「アンドレ」。

来歴[編集]

1977年にCRフラメンゴに入団し、その後はブラジルの複数のクラブでプレーした。

1984年にはブラジル五輪代表に選出され同年のロサンゼルスオリンピック準優勝に貢献した。[要出典]

1987年にキンゼ・デ・ジャウーからJSL1部のヤマハ発動機に加入。柔軟なドリブルと抜群のキープ力、切れ味鋭いスルーパスやアディウソンとのコンビネーションで攻撃陣をリードし、ヤマハ発動機を初のリーグ制覇に導いた。

またフリーキックも得意としており、第68回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝の日産自動車戦で放ったロベルト・カルロスを彷彿させる強烈な無回転のキックは木村和司のカーブを掛けたキックとは違った魅力をサッカーファンに印象付けた。[要出典]

また、1993年のヤマハのJリーグ昇格決定に貢献したが[要出典]、1993年シーズンをもって現役を引退した。

引退後は指導者となり2001年から2002年まで静岡FCの監督、2003年にサガン鳥栖のコーチを務めた。現在はグランセナ新潟FCのサッカースクールコーチ、北越高等学校サッカー部コーチを兼任している。

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1987-88 ヤマハ JSL1部 19 9
1988-89 18 7
1989-90 10 15 3 5 4
1991-92 19 3 1 1
1992 旧JFL1部 -
1993
通算 日本 JSL1部 71 22
日本 旧JFL1部
総通算

その他の公式戦

指導歴[編集]

関連項目[編集]