アントニオ・コバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JJコバス製の125ccレーサー。アレックス・クリビーレが1989年にタイトルを獲得した。
JJコバス-ロータックス 125ccレーサー

アントニオ・コバス・マルチネス (Antonio Cobas Martínez, 1952年1月29日2004年4月14日) は、スペインバルセロナ出身のグランプリレーサー設計者。コバスは現在のオートバイの大半が採用するアルミニウム製フレームを初めて設計に取り入れたことで知られる[1]

1980年代初期のレース用オートバイはまだ1950年代に開発された鋼製チューブフレームを使用していた。エンジンタイヤの技術が進歩したため、フレームにはますますストレスがかかるようになっていた[1]。1982年にコバスは鋼製のバックボーンフレームに代えてより強くて軽いアルミニウム製のツインビームフレームを開発した[1]。この技術は主要オートバイメーカーの大半がコピーし、1990年代に入るとグランプリにおける全ての主要チームが、コバスが創始したアルミニウムフレームを採用するようになった[2]

コバスは1978年にシロカスと名付けたレーサーを製作し、それはスペイン国内選手権で成功を収めた。1982年に彼はロータックス製エンジンを搭載したコバスブランドのレーサーを製作した。スペイン人ライダーのシト・ポンスが1982年のフィンランドグランプリで3位入賞、続くチェコスロバキアでも4位に入った[3]。翌年、カルロス・カルダスがコバスのマシンでヨーロッパ選手権250ccクラスのタイトルを獲得した。

1983年、オートバイマニファクチャラーのJJコバスを設立する。ポンスは1984年シーズンの250ccクラスにコバスのマシンで参戦、スペイングランプリで初勝利を挙げ、シーズンをランキング4位で終えた[3]。さらに1989年シーズンの125ccタイトルをアレックス・クリビーレが獲得し、より大きな成功を遂げた[4]

ポンスが1986年シーズン、ホンダのファクトリーチームに移籍すると、コバスも同チームに入りチーフクルーに就任した。ポンスが1991年に引退しポンス・レーシングを設立すると、コバスは同チームのテクニカルディレクターとなる。彼の開発したマシンでアルベルト・プーチカルロス・チェカが勝利を挙げた。1999年は再びクリビーレと世界GPを戦い、この年クリビーレは500ccのタイトルを獲得した。

コバスは2004年に52歳で死去した[5]

参照[編集]

  1. ^ a b c Framing the Future: The Legacy of Antonio Cobas”. superbikeplanet.com. 2010年12月14日閲覧。
  2. ^ Walker, Mick (2002). Mick Walker's Japanese grand prix racing motorcycles. Gateshead: Redline Books. pp. 66. ISBN 978-0-9531311-8-1. 
  3. ^ a b “Rider Statistics - Sito Pons”. MotoGP.com. http://www.motogp.com/en/riders/profiles/Sito+Pons 2010年12月14日閲覧。 
  4. ^ “Rider Statistics - Àlex Crivillé”. MotoGP.com. http://www.motogp.com/en/riders/profiles/Alex+Criville 2010年12月14日閲覧。 
  5. ^ Antonio Cobas Dead At 52”. superbikeplanet.com. 2010年12月14日閲覧。