アントニオ・ジャコメッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

アントニオ・ジャコメッティAntonio Giacometti, 1957年 - )は、ブレーシャ生まれのイタリア作曲家

経歴

日本における紹介時、第二回今日の音楽作曲賞へ入選した頃の初期作品は特殊奏法を多用していたが、「ラーガの向こう側(1993)」を作曲した頃から旋法的な音楽性に傾斜した。フェルナンド・メンケリーニとも似たルートを辿っているが、ジャコメッティのほうが具象的で平易な音楽性であり、同時に発される音符の量は少なめである。

近年は教育活動にも熱心であり、子供のための作品も書き下ろすようになる。第七回カジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクール第二位を受賞したギター弦楽四重奏のための「融合する風景第四番(1999)」はキネティックな感覚に充ちている。近年の作品は旋法性のみならず古典的な主題提示等も復活し、はるかにわかりやすい音楽性を志向している。

2010年第一回ブルーノ・マデルナ国際作曲コンクールに優勝、受賞歴の更新は今日も続く。

今日は何の日(2月21日

もっと見る

「アントニオ・ジャコメッティ」のQ&A