アントニオ・スマレーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アントニオ・スマレーリャ
Rudolf Krziwanek - Antonio Smareglia.jpg
基本情報
生誕 (1854-05-05) 1854年5月5日
出身地 イストリア
死没 (1929-04-15) 1929年4月15日(74歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

アントニオ・スマレーリャAntonio Smareglia, 1854年5月5日 プーラ - 1929年4月15日 グラード)はイタリアオペラ作曲家

生涯[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国領のイストリアに生まれる。生家は現在スマレーリャとその作品を記念する博物館となっている。父フランチェスコ・スマレーリャはディニャーノ(現クロアチアイストラ郡ヴォドニャン Vodnjan)出身のイタリア人で、母ジュリア・スティグリチは、イツィッチ(Ičići)出身のクロアチア人だった。スマレーリャの代表作《イストリアの結婚式 Nozze Istriane 》は、父親の故郷が舞台となっている。

マリア・イェッティ・ポッラと結婚して5人の子を儲ける。46歳で失明したため、家族や友人・門人の口述筆記で創作活動を継続した。そのような協力者に、息子のアリベルトやマリオ、プリモ・デッラ・ゾンカ、ガストーネ・ズッコーリ、ヴィート・レヴィらが挙げられる。

主要作品一覧[編集]

  • 1幕の劇付随音楽《遙かなる狩》 Caccia lontana1879年、学生時代の習作)
  • 交響詩《レオノーラ》 Leonora (1876年)
  • 歌劇《気取り屋の女》 Preziosa1879年、原作:ロングフェローの『スペインの学生』)
  • 歌劇《ビアンカ・デ・チェルヴィア》 Bianca de Cervia1882年
  • 歌劇《王者ナーラ》 Re Nala1887年
  • 歌劇《シゲートの家来》 Il vasallo di Szigeth1889年、台本:ルイージ・イッリカ"Der Vasall von Szigeth" のドイツ語名でウィーンでも上演)
  • 歌劇《コルネリオ・シュット》 Cornelio Schutt1893年、台本:ルイージ・イッリカ。ドレスデン上演)
    • 歌劇《フランドルの画家 I pittori fiamminghi 》 (1928年、《コルネリオ・シュット》の改訂版)
  • 歌劇《イストリアの結婚式》 Nozze Istriane1895年、台本:ルイージ・イッリカ)
  • 歌劇《蛾(売笑婦)》 La Falena1897年9月4日ヴェネツィア・ロッシーニ劇場にて初演、ジャルディーノ・ジャルディーニ指揮)
  • 歌劇《大洋神の娘》 Oceana1903年
  • 歌劇《奈落の底》 Abisso1914年
  • Canzoni gradesi
  • サルヴェ・レジーナ Salve regina
  • 主の祈り Pater noster
  • アヴェ・マリア Ave Maria

参考文献[編集]

  • Antonio Smareglia (1854-1929) - Sveučilišna knjižnica u Puli (Universitätsbibliothek Pula), 2004

外部リンク[編集]

  • 略歴(イタリア語)[1]
  • 肖像写真と略伝(イタリア語)[2]
  • Memorial room of Antonio Smareglia / Sveučilišne knjižnice u Puli [3]

脚注[編集]