アントニオ猪木という名のパチスロ機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アントニオ猪木という名のパチスロ機(あんとにおいのきというなのぱちすろき)は、2002年12月に平和およびオリンピアが開発し、平和が発売した元プロレスラーアントニオ猪木をタイアップキャラクターとしたパチスロ機。AT機。A-400タイプ4号機。形式名は『アントニオイノキトイウナノパチスロキ』。猪木とのタイアップやゲーム性もさることながら、長い機種名も話題となった。後継機として本機のゲーム性をさらに練りこんだ『アントニオ猪木自身がパチスロ機』もリリースされ、人気となった。

特徴[編集]

  • 内部的に6択の押し順の概念があるシングルボーナス、3択のベル役が高確率で成立しており、AT発動(「闘魂チャンス」と呼ばれる)でこれらの押し順がナビされる。
  • ストック機だが、ボーナス成立時に内部的に5Gリプレイタイム(RT)が始動し、連続演出で期待感を高める。この間ベルの押し順が不問となり、ベルが揃いやすくなる。
  • 通常時は左リールを最初に押さないとペナルティが発生する。
  • キャッチコピーは「まよわず打てよ、打てばわかるさ!」(引退試合時のマイクメッセージのパロディ)

ゲーム内容[編集]

  • 「闘魂チャンス」はシングルボーナスナビ5G、10G、20G、50Gの4種類。
  • 「闘魂チャンス」は連荘、上乗せの概念がある。
  • ボーナス中のJACゲームも押し順の概念があり、レギュラーボーナス時は基本的に最後の3Gでナビが発生しない。猪木の「闘魂注入」でナビが起きることもある(例:JACゲーム1回目で「闘魂注入」発生した場合、以後のJACゲームは「闘魂注入」が確定する)。JACの押し順正解が多いほど、「闘魂チャンス」のチャンス。(2回正解で確定、3回は10連以上の上乗せ確定)
  • 天井は1234G(「1、2、3、ダァー」にかけている。変則押しペナルティを除く)を越えてシングルボーナス成立で「闘魂チャンス」(ただし単発)。レギュラーボーナス時はJACゲームラスト3G時、2回以上の「闘魂注入」ナビが発生する。1930Gまでシングル、両ボーナス未成立で「闘魂チャンス」20連がスタートする。
  • 中段チェリー(いわゆる「2チェ」)は「闘魂チャンス」確定。
  • 「闘魂チャンス」中の押し順「?」演出は純ハズレ(チャンス目)またはボーナス。
  • 28秒間操作が出来ないフリーズ演出(「道」演出)があり、レギュラー時は3Gの「闘魂注入」ナビのチャンス。通称強ハズレ時は「闘魂チャンス」確定。ちなみにビッグ時は、通常通り高確率モードへ移行する以外の特典はない。
  • ビッグボーナス中のリプレイハズシは中、右押し後に左リール枠内に青7狙い。
  • ビッグボーナス後は100G間台枠ランプの点滅があるが、必ずしも内部高確率モードとリンクはしていない。

登場人物[編集]

アントニオ猪木
トラックをもバックドロップで投げ飛ばす本機の主人公。
マスクマン
正体不明の謎の覆面レスラー。本機での猪木のライバル。
鹿
温泉演出で登場するチャンスキャラ。以降の猪木シリーズでも登場する。

関連シリーズ[編集]

関連商品[編集]

  • 『パチスロ闘魂伝承猪木祭~アントニオ猪木という名のパチスロ機~/~アントニオ猪木自身がパチスロ機~』(サクセス2004年5月、プレイステーション2用ゲームソフト)