アントーニオ本多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アントーニオ本多
Antonio Honda
アントーニオ本多 Antonio Hondaの画像
プロフィール
リングネーム アントーニオ本多
アントーニオ本蛇
アントーニオ"ザ・ドラゴン"本多
本多 二等兵
A.YAZAWA
本名 本多 宗一郎
身長 168cm
体重 100kg
誕生日 (1978-01-02) 1978年1月2日(41歳)
出身地 東京都
所属 フリー
スポーツ歴 学生プロレス
トレーナー ディック東郷
マッスル坂井
デビュー 2005年1月4日
テンプレートを表示

アントーニオ本多(アントーニオほんだ、1978年1月2日 - )は、日本プロレスラー。本名:本多 宗一郎(ほんだ そういちろう)。役者時の芸名はアントニオ本多(アントニオほんだ)。

父は俳優渡辺哲。双子の兄は俳優の本多英一郎。

経歴[編集]

武蔵野美術大学在学中はプロレス研究会所属の傍ら演劇あるいは前衛演劇に出場して卒業後に俳優業と学生プロレスを続けていた。武蔵野美術大学芸術祭におけるマン・ツィンポーとの試合でマッスル坂井にスカウトされて2005年1月4日、「マッスル2」に参戦して頭角を現す。

DDTマットにおいてはキューバ軍団のマネージャーを経てイタリア人ユニット「イタリアン・フォー・ホースメン」で確固たる地位を築くと共にプロレスの技量も着実に成長。言葉の端々に「ジョルノ」、「カルパチョ(カルパッチョ)」、「ルネサンス」、「ミゼラブル」とうさんくさい単語を混ぜながらハイテンションでまくしたてるマイクアピールを見せていた。

イタリア軍帰国後、ハワイ軍団「aWo(アロハ・ワールド・オーダー)」のアントーニオ“ザ・ドラゴン”本多として活動し、プリンス・トーゴーとのコンビでKO-Dタッグ選手権を獲得した。

2007年末、ディック東郷の裏切りに遭ってからはお笑い要素を封印し、東郷率いるメタル・ヴァンパイアと抗争を続け正規軍入り。

2008年9月、イタリアン・フォー・ホースメン再結成にともないヒールターンした。

またユニオンプロレスでは別キャラクター「A.YAZAWA」として不定期参戦している。

2007年8月11日に開催されたAOMORI ROCK FESTIVAL. 07'のMCに抜擢され、翌年以降も同イベントに出演を続けている。

2010年11月18日、新日本プロレスNEVER.4」にて頚椎後縦靭帯骨化症から1年3ヶ月ぶりに復帰した天山広吉の相手となった。

2012年4月8日新木場大会開始前、ラジオ体操の音楽に乗せてハルク・ホーガンの物真似をする「ハルク・ホーガン体操」を披露。これが話題を呼び、4月10日ニコニコ動画DDT公式チャンネル「DDTプロレスアワー」にて公開された。[1] こちらも再生回数7万回を達成するというプロレス動画としては異例の再生回数を成し遂げ、勢いのまま動画発信元のニコニコ動画の親会社ドワンゴ主催のニコニコ超会議2に上記の「ハルク・ホーガン体操」で参加した(ただし、試合会場の混雑と客層的にマッチしなかったことから思うように人が集められず、ブースの空気は何とも微妙なものとなってしまった[2])。

2013年モンスターアーミーで本多二等兵という肩書で活躍していた。8月17日に行われたDDT両国大会において、哲元帥こと父・渡辺哲と親子でリングに立った。坂口征夫にフォールされ、試合後征夫の弟である坂口憲二に手錠をかけられリングを後にした。

2014年3月21日、モンスターアーミー解散。その後映画の話などで意気投合している竹下幸之介と竹下のタッグパートナー遠藤哲哉とともにハッピーモーテルを結成。

得意技[編集]

ダイビング・フィスト・ドロップ
コーナー上でワンショルダーの肩ひもを外し放つ、現在の主なフィニッシャー。
南部式ナックル
アントン曰く、表現の粋を尽くした技。
バイオニック・エルボー
エルボー・スタッブ。ナックル連打からの連続攻撃で使用され、観客からは「ダスティ!」という掛け声がかかる。放つ直前に腕・腰の回転といった独特のムーブを入れる。
卍固め
ここ一番でのフィニッシャー。
延髄斬り
イタリアン・パウダー
ルー・テーズ・プレス
この技から1ダースのナックルを打ち込み、ロープに飛んでからエルボー・ドロップを放つ。
アリキック
トラース・キック
リッキー(バックハンド・チョップ)
スコーピオン・デス・ドロップ
リバースDDT。技名を叫んでから放つ。
ごんぎつね
徹夜で考えてきた昔話を披露し、相手があっけに取られている隙に影絵の狐状にした手でサミングを叩きこむ。
シャイニングごんぎつね
膝立ちの相手に対し、プロレスLOVEポーズから相手の膝に足をかけそのままの形の手でサミングを叩きこむ。
ラ・ケブラーダ
なかなか成功しない。

タイトル歴[編集]

DDTプロレスリング
プロレスリング我闘雲舞

入場曲[編集]

  • Nadir's Big Chance(Peter Hammill)
冒頭に「本多ボンバイエ」という掛け声が追加されている。

備考[編集]

DRAGON GATEとの合同企画「DDG」の3WAYタッグマッチの際、対戦相手の新井健一郎に過去に闘龍門の書類選考で落とされたことを暴露されてしまう。ちなみに落選理由は「ヴィジュアルが気持ち悪いから」らしい。 おまけに試合中に提出した履歴書を岩佐拓に読み上げられ、「夢は望月成晃とバチバチとした試合をすること」と描いたことをバラされる。 この後、同じく対戦相手だった望月(この試合では「望月魔蛇晃」として対戦、パートナーはポイズン澤田JULIE)と、バチバチファイトを展開した。

作品[編集]

自身が監督、出演した映画を自主制作してDVDとして販売している。

  • アントニオの告白
  • エスケープフロムフレンチカンカン/リヨンの天使
  • OVER THE HILL

Web出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]