アンドラのスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アンドラのスポーツではアンドラ公国スポーツについて概観する。アンドラはピレネー山脈に位置することから、その気候と地形を生かし、スキートレッキング自転車競技などがさかんである。他方、国土面積が狭いミニ国家であり、競技やトレーニングのための施設が十分でないという問題も抱えている。アンドラ政府においてはスポーツ・ボランティア省(Ministeri d'Esports i Voluntariat)がスポーツ関連の行政を管轄、特に青少年を対象としたスポーツ振興に力を注いでいる。

総合競技大会[編集]

オリンピック[編集]

オリンピックに関しては、アンドラの国内オリンピック委員会(NOC)の設立が1971年、正式に加盟が認められたのは1975年である。初参加は1976年のインスブルック大会である。

2010年の冬季五輪開催地として立候補を行なったが、ボブスレーおよびリュージュといった一部競技の会場を国内に確保できなかったことや、空港がなく交通アクセスが悪いことなどもあって誘致には失敗している。[1]

パラリンピック[編集]

パラリンピックについては1991年に加盟が認められ、2002年のソルトレイクシティ大会以降、冬季大会のアルペンスキー種目に代表を送っている。

その他[編集]

欧州小国競技大会には第1回から参加、1991年と2005年には開催国ともなっている。

競技(種目別)[編集]

ウィンタースポーツ[編集]

スキーがさかんで、グランドバリラ、バイノルトと呼ばれる2つのスキーリゾートがある。

スケート[編集]

アンドラ氷上競技連盟(Federació Andorrana d'Esports de Gel, 本部:カニーリョ)がフィギュアスケートアイスホッケーカーリングを所管。

フィギュアスケート[編集]

アンドラ氷上競技連盟は国際スケート連盟(ISU)に加盟している。ISU主催の国際競技会には、欧州選手権世界ジュニア選手権ジュニアグランプリシリーズに選手が出場している。2005年にはISUジュニアグランプリシリーズのアンドラ大会がカニーリョで開催された。[2]

アイスホッケー[編集]

国際アイスホッケー連盟に所属しているがアイスホッケー世界選手権への出場は現在までない。

自転車競技[編集]

山がちの地形を利用したマウンテンバイクのフィールドがある。ロードレースも行なわれ、カタルーニャ一周のコースに含まれることがある。 2009年のツール・ド・フランスや2010年のブエルタ・ア・エスパーニャでコースの一部が通る。 また、2009年にはアンドラを拠点し、アンドラおよびカタルーニャ系の選手が中心となったUCIコンチネンタルチーム・アンドラ・グランドバリラが活動していた。

サッカー[編集]

サッカーの国内リーグがあり、その頂点に立つのがアンドラン・プリメーラ・ディビシオであるがレベル的には低い。また、国内のサッカークラブのFCアンドラは隣国スペインのリーガ・エスパニョーラに参加しているが下部リーグに留まっている。なおナショナルチームについてはサッカーアンドラ代表を参照。

ラグビー[編集]

ラグビーの盛んなフランスミディ=ピレネー地域とスペインカタルーニャの中間にあることもあって、世界全体で見ればアンドラのラグビーはその人口と経済規模の割にはレベルは低くはない。ナショナルチームについてはラグビーアンドラ代表を参照。

バスケットボール[編集]

バスケットボールのナショナルチームについてはバスケットボールアンドラ代表を参照。

[編集]

  1. ^ The IOC Candidature Acceptance Working Group (2002年7月11日). “Candidature Acceptance Procedure XXI Olympic Winter Games in 2010 (PDF)” (英語). 2007年5月23日閲覧。
  2. ^ この大会では日本の柴田嶺浅田舞が優勝している