アンドリュー・スティーブンソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンドリュー・スティーブンソン
Andrew Stevenson
ワシントン・ナショナルズ #17
Andrew Stevenson 17.jpg
2017年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州ラファイエット郡ラファイエット
生年月日 (1994-06-01) 1994年6月1日(26歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2015年 MLBドラフト2巡目
初出場 2017年7月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アンドリュー・パトリック・スティーブンソンAndrew Patrick Stevenson, 1994年6月1日 - )は、 アメリカ合衆国ルイジアナ州ラファイエット郡ラファイエット出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。MLBワシントン・ナショナルズ所属。愛称はスティーボStevo[1]

経歴[編集]

ナショナルズ時代[編集]

2015年MLBドラフト2巡目(全体58位)でワシントン・ナショナルズから指名され[2]、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズでプロデビュー。A級ヘイガーズタウン・サンズ英語版とA-級オーバーン・ダブルデイズでもプレーし、3球団合計で55試合に出場して打率.308、1本塁打、25打点、23盗塁を記録した。

2016年はA+級ポトマック・ナショナルズとAA級ハリスバーグ・セネターズでプレーし、2球団合計で133試合に出場して打率.276、3本塁打、34打点、39盗塁を記録した。

2017年は開幕をAA級ハリスバーグで迎え、AAA級シラキュース・チーフスを経て7月23日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]。同日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦にて代打でメジャーデビュー。27日のミルウォーキー・ブルワーズ戦ではメジャー初安打を放った[4]。この年メジャーでは37試合に出場して打率.150、1打点、1盗塁を記録した。

2018年は開幕をAAA級シラキュース・チーフスで迎えた。何度かメジャーに昇格し、8月21日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では初本塁打を放った。計57試合の出場で打率.253、1本塁打、13打点、1盗塁を記録した。

2019年はメジャーとマイナーと行き来しながら、計30試合で打率.367をマーク。ワイルドカードゲームでポストシーズンに代走として初出場し、勝利につながる同点ホームインを踏んだ。

2020年新型コロナウイルス感染症流行の影響による60試合の短縮シーズンの中で15試合に出場し、打率.366、2本塁打、12打点の成績を残した。

プレースタイル[編集]

打球の読みに裏打ちされた中堅守備は20〜80評価で「70」とも言われる。肩とパワーは致命的弱点だが、一番打者としての適性はある[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 WSH 37 66 57 5 9 2 0 0 11 1 1 0 2 0 7 0 0 20 0 .158 .250 .193 .443
2018 57 86 75 9 19 2 0 1 24 13 1 1 1 3 6 0 1 23 0 .253 .306 .320 .626
2019 30 37 30 4 11 1 1 0 14 0 0 1 0 0 6 0 1 11 1 .367 .486 .467 .953
2020 15 47 41 11 15 7 1 2 30 12 2 0 0 0 6 0 1 11 0 .366 .477 .732 1.179
MLB:3年 139 236 203 29 54 12 2 3 79 26 4 2 3 3 24 0 3 65 1 .266 .348 .389 .737
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)




































2017 WSH 5 12 0 0 0 1.000 9 2 0 0 0 1.000 14 24 0 0 0 1.000
2018 3 5 0 1 0 .833 16 14 0 0 0 1.000 1 0 0 0 0 .---
2019 - 5 1 0 0 0 1.000 -
通算 8 17 0 1 0 .944 30 17 0 0 0 1.000 15 24 0 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 45(2017年 - 2018年)
  • 17(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Explaining Nats Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年11月4日閲覧
  2. ^ LSU junior Andrew Stevenson goes in the 2nd round to Washington” (英語). NOLA.com (2015年6月8日). 2017年11月4日閲覧。
  3. ^ Janes Chelsea (2017年7月23日). “Andrew Stevenson to join the Nationals in Arizona” (英語). The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/nationals-journal/wp/2017/07/23/andrew-stevenson-to-join-nationals-in-arizona/ 2017年11月4日閲覧。 
  4. ^ “Nats' 8-HR, 15-run barrage dominates Crew” (英語). MLB.com. (2017年7月27日). http://m.nationals.mlb.com/news/article/244781094/nationals-hit-8-homers-to-dominate-brewers/ 2017年11月4日閲覧。 
  5. ^ 「2017 - 2021 全30球団未来予想図 ワシントン・ナショナルズ」『月刊スラッガー』2017年3月号 日本スポーツ企画出版社 54頁

関連項目[編集]