アンドリュー・トルガシェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドリュー・トルガシェフ
Andrew TORGASHEV
Figure skating pictogram.svg
2017-2018 ISU Junior Grand Prix Final Andrew Torgashev jsfb dave5779.jpg
2017年JGPファイナルでのトルガシェフ
基本情報代表国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国生年月日 (2001-05-29) 2001年5月29日(18歳)出生地 コーラルスプリングス身長 170 cm選手情報コーチ クリスティ・クラール
エリック・シュルツ元コーチ ジョシュア・ファリス
アルテム・トルガシェフ
Curtis Chornopyski振付師 アンドリュー・トルガシェフ
スコット・ブラウン
イローナ・メルニチェンコ
サミュエル・シュナイード所属クラブ ブロードムーアSCISU パーソナルベストスコアトータルスコア 217.54 2019 CSアジアフィギュア杯ショート 80.53 2019 JGPクロアチア杯フリー 144.63 2019 CSアジアフィギュア杯■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

アンドリュー・トルガシェフ英語: Andrew Torgashev2001年5月29日 - )は、アメリカ合衆国コーラルスプリングスフィギュアスケート選手(男子シングル)。 2015年全米ジュニア選手権優勝。 2016年CSタリントロフィー3位。

人物[編集]

父は旧ソビエト連邦の元ペアスケート選手であるアルテム・トルガシェフ。母はアイスダンス選手であるイローナ・メルニチェンコ

経歴[編集]

2005年にフィギュアスケートを始める。2010年12月に全米ジュニアフィギュアスケート選手権のジュブナイル部門で銅メダルを獲得する。

2014-2015シーズン、ジュニアグランプリシリーズに参戦し JGPチェコスケートは4位、JGPタリン杯では5位となった。 全米選手権のジュニア部門で優勝し、世界ジュニア選手権の代表に選ばれた。 世界ジュニア選手権では10位となる。

2015-2016シーズン、4回転トウループを練習中に足を捻挫し[1]、シーズン全ての試合を欠場した[2]

2016-2017シーズン、ジュニアグランプリシリーズのモルドヴィア杯では銀メダルを獲得したが、2戦目のブラエオン・シュベルター杯はジャンプのミスが重なり4位となった。

全米選手権で11位となり世界ジュニア選手権の代表に選ばれたが、ショートプログラム25位となり、フリーに進むことができなかった。

2017-2018シーズン、ジュニアグランプリシリーズのミンスク・アリーナ杯で自己ベストを更新し銀メダルを獲得した。 エーニャ・ノイマルクトでは4位となった。 初出場のジュニアグランプリファイナルではFSでほぼすべてのジャンプを失敗し、6位に終わった。 全米選手権では13位になり、世界ジュニア選手権の代表を逃した。

主な戦績[編集]

2017/2018 ISUグランプリファイナルでのアンドリュー・トルガシェフ
国際大会(シニア)
大会/年 2013
-14
2014
-15
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
CSアジアフィギュア杯 2
CSタリントロフィー 3
CSワルシャワ杯 6
フィラデルフィアサマー 6 1
エーニャスプリング杯 2
国内大会
全米選手権 4 N 1 J 11 13 7 TBD
国際大会(ジュニア)
世界ジュニア選手権 10 25
JGPファイナル 6 WD
JGPクロアチア杯 4
JGPリガ杯 4
JGPブラチスラヴァ 4
JGPアンバー杯 1
JGPエーニャ・ノイマルクト 4
JGPミンスク・アリーナ杯 2
JGP B.シュベルター杯 4
JGPモルドヴィア杯 2
JGPタリン杯 5
JGPチェコスケート 4
  • N - ノービスクラス
  • J - ジュニアクラス

詳細[編集]

2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年1月20日-26日 2020年全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ    
 
2019年10月30日-11月3日 ISUチャレンジャーシリーズ アジアフィギュア杯東莞 2
72.91
2
144.63
2
217.54
2019年9月25日-28日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 2
80.53
6
132.33
4
212.86
2019年9月4日-7日 ISUジュニアグランプリ リガ杯リガ 6
65.07
4
131.16
4
196.23
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月28日-31日 エーニャスプリングトロフィーエーニャ 4
66.97
1
151.46
2
218.43
2019年1月18日-27日 全米フィギュアスケート選手権デトロイト 9
76.95
6
149.02
7
225.97
2018年9月6日-9日 ISUジュニアグランプリ アンバー杯カウナス 2
69.39
1
132.24
1
201.63
2018年8月22日-25日 ISUジュニアグランプリ ブラチスラヴァブラチスラヴァ 5
65.37
3
129.38
4
194.75
2018年7月30日-8月5日 フィラデルフィアサマーインターナショナルフィラデルフィア 3
67.67
2
138.74
1
206.41
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年12月28日-2018年1月7日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 9
81.32
14
135.69
13
217.01
2017年12月7日-8日 ISUジュニアグランプリファイナル名古屋 6
64.73
6
95.76
6
160.49
2017年11月16日-19日 ISUチャレンジャーシリーズワルシャワ杯ワルシャワ 6
61.52
6
121.26
6
182.78
2017年10月11日-14日 ISUジュニアグランプリ エーニャ・ノイマルクトエーニャ/ボルツァーノ 4
69.03
2
136.53
4
205.56
2017年9月20日-24日 ISUジュニアグランプリ ミンスク・アリーナ杯ミンスク 3
74.34
2
138.37
2
212.71
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月13日-19日 2017年世界ジュニアフィギュアスケート選手権台北 25
55.42
- 25
2017年1月14日-22日 全米フィギュアスケート選手権カンザスシティ 7
77.82
11
147.53
11
225.35
2016年11月19日-25日 ISUチャレンジャーシリーズ タリントロフィータリン 4
68.12
4
133.33
3
201.45
2016年10月5日-8日 ISUジュニアグランプリ ブラエオン・シュベルター杯ドレスデン 2
73.48
6
118.32
4
191.80
2016年9月14日-17日 ISUジュニアグランプリ モルドヴィア杯サランスク 3
65.47
2
139.44
2
204.91
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月2日-8日 2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 10
67.78
6
133.96
10
201.74
2015年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(グリーンズボロ 1
75.61
1
149.63
1
225.24
2014年9月24日-28日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 4
64.70
6
112.95
5
177.37
2014年9月3日-6日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 4
57.94
2
124.63
4
182.57
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(ボストン 10
34.26
2
97.78
4
132.04

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS
2019-2020 Bloodstream
トキオ・マイヤーズ
オペラ『トスカ』より
星は光りぬ
作曲:プッチーニ
2018-2019 オープン・アームス
演奏:ジャーニー
ロクサーヌのタンゴ
(映画『ムーランルージュ』サウンドトラックより)
2017-2018 月光ソナタ
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

2016-2017 カテドラルの時代
(ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』より)
作曲:リシャール・コチャンテ
ボヘミアン・ラプソディ
作曲:クイーン
2015-2016
2014-2015 パリの散歩道
作曲:ゲイリー・ムーア
アランフエス協奏曲
作曲:ホアキン・ロドリーゴ

脚注[編集]

  1. ^ Rutherford, Lynn (2016年7月19日). “Smarter, stronger Torgashev aims to regain top form”. IceNetwork.com. オリジナルの2017年8月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170801003436/http://web.icenetwork.com/news/2016/07/19/190485302 
  2. ^ Rutherford, Lynn (2017年2月1日). “In face of injury, Brown puts positivity to the test”. IceNetwork.com. オリジナルの2018年7月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180703030959/http://web.icenetwork.com/news/2017/02/01/214894018/ 

参考文献[編集]