アンドリュー・パイパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
アンドリュー・パイパー
(Andrew Pyper)
誕生 1968年
カナダの旗 カナダ オンタリオ州
職業 小説家
言語 英語
活動期間 1996年 -
代表作 『ロスト・ガールズ』(1999)
主な受賞歴 カナダ推理作家協会賞
処女作 Kiss Me (1996)
公式サイト http://www.andrewpyper.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アンドリュー・パイパー(Andrew Pyper、1968年 - )はカナダ小説家。男性。

カナダ・オンタリオ州ストラトフォード生まれ。両親はアイルランドからの移民。高校卒業後、ケベック州モントリオールマギル大学に進学し、英文学の修士号を取得。その後、オンタリオ州に戻ってトロントで法律を学び、弁護士資格を取得。その後はトロントに在住。1996年、短編集"Kiss Me"でデビュー。1999年に刊行した初の長編作品『ロスト・ガールズ』はベストセラーとなり、カナダ推理作家協会主催のアーサー・エリス賞の最優秀デビュー長編賞を受賞した。

目次

日本語訳作品[編集]

  • ロスト・ガールズ (訳:堀内静子、2001年3月、早川書房、ISBN 9784152083371)(Lost Girls (1999))
  • キリング・サークル (訳:佐藤耕士、2009年9月、新潮文庫、ISBN 9784102173619) (The Killing Circle (2008))

作品リスト[編集]

英語で執筆。

  • Kiss Me (1996)
  • Lost Girls (1999) (ロスト・ガールズ)
  • The Trade Mission (2002)
  • The Wildfire Season (2005)
  • The Killing Circle (2008) (キリング・サークル)
  • The Guardians (2011)

参考文献[編集]

  • 三橋暁「恐怖のルーツを辿る試み」(アンドリュー・パイパー『ロスト・ガールズ』(2001年3月、早川書房)解説)