アンドリュー・マカロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドリュー・マカロック
Andrew McCulloch
生誕 1945年11月19日(69歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドボーンマス
ジャンル ロックプログレッシブ・ロック
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1968年 - 1980年
共同作業者 シャイ・リムズ
キング・クリムゾン
フィールズ
グリーンスレイド

アンドリュー・マカロック[1]Andrew McCulloch1945年11月19日 - )は、イギリス出身の元ミュージシャン。元ドラマー。

概略[編集]

アンドリュー・マカロックは、1945年イギリスのボーンマスにて生まれる。幼少期を日本の広島など英国以外の国で過ごし、英国帰国後、18歳からドラムスをはじめ、ボーンマス出身者のバンド、シャイ・リムズ(Shy Limbs)で1968年秋に初レコーディング[2]。翌1969年5月9日レコード・デビュー。

1970年、ロバート・フリップ以外の演奏するオリジナル・メンバーが脱退したキング・クリムゾンマイケル・ジャイルズ の後任として、1970年当時邸宅の一室をマカロックに貸していたキース・エマーソンからの紹介で参加。アルバム『リザード』で演奏[3]。奇しくも当時マカロック自身がジャイルズのファンでもあった[4]。『リザード』収録後のライブ・リハーサル中、ゴードン・ハスケルがロバート・フリップと険悪となり脱退、予定されていたライブ活動が中止になったためマカロックも同時に離脱した[5]。マカロックの後任は同じくキース・エマーソン宅に下宿していたイアン・ウォーレスがエマーソンの紹介で就いた。

クリムゾン側からの紹介でアーサー・ブラウンズ・キングダム・カムに移籍[6]するもリハのみでほとんど活動が無く、 その後、ロバート・フリップからレア・バードを脱退したグラハム・フィールドを紹介されるとキーボード・トリオのバンド、フィールズを1971年秋に結成。フィールズ結成に際し、1960年代末ルームシェアで同居仲間だったアラン・バリー(ベース、ギター、ボーカル担当)をマカロックからフィールドに紹介した。

フィールズ解散後の1972年秋、ツイン・キーボードのバンドグリーンスレイド結成に参加。4枚のスタジオ・アルバムを残した。

グリーンスレイド解散後は、ピーター・バンクスダンカン・マッケイアンソニー・フィリップス等のセッションで演奏したが、程なく音楽業界から去っている。

現在は、英国王立ヨット協会指導者 (RYA ヨットマスター)としてロンドンにおいて活動、五輪候補者のコーチングもしており、夏季にはトルコ周辺海域でマカロック・トラベル社観光ヨット船の船長も行っている。

2018年1月、ロンドン・ボート・ショーにおいて、久しぶりに元ロックドラマーとして紹介を受け、ヨットのトークショーに登壇した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム・シングル[編集]

※バンド・メンバーとして

シャイ・リムズ

キング・クリムゾン

フィールズ

  • 『フィールズ』 - Fields (1971年)
  • Contrasts: Urban Roar To Country Peace (2015年) ※1972年制作で未発表だったセカンド・アルバム。

グリーンスレイド

  • 『グリーンスレイド』 - Greenslade (1973年)
  • 『ベッドサイド・マナーズ・アー・エクストラ』 - Bedside Manners Are Extra (1973年)
  • 『スパイグラス・ゲスト』 - Spyglass Guest (1974年)
  • 『タイム&タイド』 - Time And Tide (1975年)
  • 『ライヴ’73-’75』 - Live 1973-1975 (1999年)
  • 『ライヴ・イン・ストックホルム 1975』 - Live In Stockholm March 10, 1975 (2013年)

参加アルバム・シングル[編集]

マンフレッド・マン・チャプター・スリー

  • 『ボリューム・ツゥー』 - Volume Two (1970年) ※「It's Good To Be Alive」のみ演奏

ディーク・レオナルド

  • "Diamond Road / Turning In Circles" (1973年) ※シングル

ランゾン&ハズバンド

  • Nostalgia (1975年) ※「Ecstasy Express」のみ演奏

ギター・ワークショップ(オムニバス)

ダンカン・マッケイ

  • 『スコアー』 - Score (1977年)

アンソニー・フィリップス

  • 『プライヴェイト・パーツ・アンド・ピーセズII(バック・トゥ・パヴィリオン)』 - Private Parts & Pieces II: Back To The Pavilion (1980年)

ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ

  • Opus One (1980年)

レイ・ベネット

  • Angels & Ghosts (2001年) ※元フラッシュのメンバーとの1975年、1976年演奏2曲のみ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『キング・クリムゾン―至高の音宇宙を求めて』(新興楽譜出版社、1981年6月)
  • 『クリムゾン・キングの宮殿 風に語りて』シド・スミス著(ストレンジ・デイズ、2007年7月)
  • 『キースエマーソン自伝』(三修社、2013年4月)

脚注[編集]

  1. ^ アンディ・マカロック」「アンディ・マクローチ」「アンディ・マックローチ」 (Andy McCulloch)といった表記もある。
  2. ^ DGM LIVE!ロバート・フリップ日記2014年3月25日付より
  3. ^ 『クリムゾン・キングの宮殿 風に語りて』シド・スミス著(ストレンジ・デイズ、2007年7月)
  4. ^ 『フィールズ』リマスター盤CD収録のグラハム・フィールドによるライナー原文より
  5. ^ 『クリムゾン・キングの宮殿 風に語りて』シド・スミス著(ストレンジ・デイズ、2007年7月)
  6. ^ MARQUEE別冊「キング・クリムゾン」(マーキームーン社、1995年)