アンドリュー・リーヴァイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ケビン・ハックマン
プロフィール
リングネーム アンディ・リーヴァイン
ケビン・ハックマン
本名 アンドリュー・リーヴァイン
ニックネーム バッドマン
ビッグ・アンディ
サイレント・レイジ
身長 196cm
体重 120kg
誕生日 (1987-12-27) 1987年12月27日(29歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州ブルックスビル
スポーツ歴 NFL
マイアミ・ドルフィンズ
トレーナー FCWスタッフ
ビル・デモット
デビュー 2010年
テンプレートを表示

アンドリュー・リーヴァインAndrew Leavine1987年12月27日 - )は、アメリカ合衆国の元アメリカンフットボール選手であり、プロレスラーフロリダ州ブルックスビル出身[1]

来歴[編集]

NFL[編集]

プロレスラーになる以前はアメリカンフットボール選手として活動していた。フロリダ国際大学ではオフェンシブラインとしてチームを牽引し、活躍。卒業後、NFLのチームであるマイアミ・ドルフィンズに入団。第3のラインマンとして期待されたが早い期間でチームを去った。

WWE[編集]

2010年WWEとディペロップメント契約。8月に傘下団体のFCWにてケビン・ハックマンKevin Hackman)のリングネームでデビュー。クラシック・バトルロイヤルに出場した。

中堅の位置として出場の機会がありながら2011年2月に解雇通告を受けたが、4月に復活したタフイナフに本名名義で参加することが決定。番組内においてはFCWに所属していたこと、レスラーであることは隠され、パフォーマンスを上手く表現できない元フットボーラーという旨で紹介された。番組エピソード開始当初からストーン・コールド・スティーブ・オースチンを始めとしたトレーナー陣からの評価は高く、以後高評価を持続し続けて優勝を飾った。最終エピソードにおいてはビンス・マクマホンが登場。優勝した際にビンスからは張り手、オースチンからはスタナーと手痛い祝福を受けてドタバタ劇となりながらも次の番組であるRAWに引き続き登場。タフイナフ優勝者として紹介された。

タフイナフ終了後はFCWに戻り、リングネームも以前使っていたケビン・ハックマンに戻し活動。8月にウェルネスポリシーを違反し30日間出場停止処分を受ける。謹慎明けの9月からはトレーニングを継続していたが2012年4月、再び解雇通告を受けた。

インディー団体[編集]

WWE解雇後、2012年7月よりプエルトリコの団体であるWWCに参戦。9月8日、PPVであるSeptiembre NegroにてWWCユニバーサルヘビー級王座戦に出場。王座を保持するアポロ、もう一人の挑戦者であるギルバートを加えたトリプルスレットマッチ形式の試合で勝利し、ベルトを奪取した。

2013年4月27日、サムソン・ウォーカーとタッグを組んでWWC世界タッグチーム王座を保持するサンダー & ライトニングに挑戦して勝利し、ベルトを奪取した。6月29日、トリプルスレットマッチによるWWCタッグ王座防衛戦をソンズ・オブ・サモア(アファ・ジュニア & LAスムーズ)、サンダー & ライトニングを相手に対戦するがソンズ・オブ・サモアに王座を奪われてしまい、サムソン・ウォーカーと仲違いを起こした。9月22日、PPVであるAniversario 2013にてサムソン・ウォーカーと遺恨戦を行い勝利し、シングルへと転向した。

2014年5月3日、WWCユニバーサルヘビー級王座を保持するレイ・ゴンザレスに挑戦するが敗戦。この試合がきっかけとなり、ベルトを巡って抗争を開始。5月13日にはスペシャルレフェリーにカルロス・コロンを迎えてレイ・ゴンザレスと対戦するが王座を奪取するに至らなかった。

その他[編集]

得意技[編集]

フィニッシャー
FCW時代のフィニッシャー。DDT

獲得タイトル[編集]

WWE
WWC
  • WWCユニバーサルヘビー級王座 : 1回
  • WWC世界タッグチーム王座 : 1回
w / サムソン・ウォーカー

脚注[編集]

  1. ^ Andy Leavine Wrestlingdata.com、2014年2月27日閲覧。
  2. ^ Andy Leavine is Tough Enough and Raw is run of the mill Poughkeepsie Journal、2012年1月20日閲覧。