アンドルー・レイノルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドルー・レイノルズ
Andrew Rannells
Andrew Rannells
Rannells at the PaleyFest 2015
本名 Andrew Scott Rannells
生年月日 (1978-08-23) 1978年8月23日(40歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ネブラスカ州、オマハ
職業 俳優、歌手
活動期間 1995 -

アンドルー・レイノルズ(Andrew Rannells、1978年8月23日 - )は、アメリカ合衆国俳優歌手である。 アンドリュー・ラネルズとも表記される。

レイノルズはトニー賞にノミネートされた、2011年のミュージカル『ブック・オブ・モルモン』のエルダー・プライス役で知られている。オリジナル・ブロードウェイ・キャスト・レコーディングのアルバム『ブック・オブ・モルモン』は、2012年のグラミー賞を受賞した。

また、2016年にリヴァイヴァル上演された、ミュージカル『Falsettos』のウィザー役でも、トニー賞にノミネートされた。

ブロードウェイでよく知られたレイノルズの出演作は、他に、『ヘアスプレー』、『ジャージー・ボーイズ』、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、『ハミルトン』がある。

"Rannells"(レイノルズ)は"Reynold"(レイノルド)を元にして"Reynals"(レイノルズ)の変化したものとみなされている[1]

経歴[編集]

アンドルー・スコット・レイノルズはネブラスカ州オマハに、ロナルド・レイノルズとシャーロット夫妻の4人目の子供として生まれた[2]。レイノルズ一家はオマハ近くのクレイトン・パークに住んでいた[2] 。子供達は全部で5人で、一家はアイルランド系とポーランド系の両方の出自がある[2][3]

レイノルズは"Our Lady of Lourdes"と男子校の"Creighton Preparatory School"に通学していた[3][4]。また、"Emmy Gifford Children's Theater"で受講し、オマハ・コミュニティ・プレイハウス、ファイアーハウス・ディナー・シアター、ダンディー・ディナー・シアターに出演していた[2][5]

レイノルズはハイ・スクールを卒業し、1997年にニュー・ヨークに移ってメリ-マウント・マンハッタン・カレッジのシアターで2年間学んだ。そのあとで、役を得るためのオーディションを受け始めた[6]

キャリア[編集]

2001年から2004年までの3年間は、ニュー・ヨークにあるアニメーション制作会社の"4Kids Entertainment"での仕事をしていた。"4Kids"や"DIC"でのテレヴィジョン番組とヴィデオ・ゲームの声優の仕事が中心であった[7]

ブロードウェイに登場する前に、地方のシアター公演で、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、『Thoroughly Modern Millie』、『ミス・サイゴン』に出演していた[8]。転機となったのは、2002年のテキサス州オースティンにある"Zachary Scott Theater Center"で上演された『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のヘドウィグ役であった[9]。この役の優れた業績に対して、2002年9月に、"B. Iden Payne Awards"の主演男優賞にノミネートされ受賞した[10]

2005年、レイノルズはブロードウェイで上演されていた『ヘアスプレー』に、リンク・ラーキン役で出演した[11]。レイノルズにとっては、ブロードウェイの最初の出演で、大きなブレイクだと思われていた[3]。そして2006年、『ジャージー・ボーイズ』のボブ・ゴーディオ役でUSツアーに参加した。

サウスパーク』のクリエイターである、トレイ・パーカーマット・ストーンによって製作され、『アベニューQ』のロバート・ロペスの作曲によるミュージカル『ブック・オブ・モルモン』が2011年3月24日から上演された。レイノルズはオリジナルのエルダー・プライス役で出演して、好評のため2012年6月10日まで出演を続けた。この作品でレイノルズはトニー賞のミュージカル主演男優賞にノミネートされた。また、レイノルズが参加したオリジナル・ブロードウェイ・キャスト・レコーディングのアルバム『ブック・オブ・モルモン』は、2012年のグラミー賞で最優秀ミュージカル・シアター・アルバムに選ばれた[12]

映画では、2012年『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』に出演して、マニー役でストリッパーを演じ、テレヴィジョンでは 2012年-2013年の『New Normal おにゅ~な家族のカタチ』でのブライアン・コリンズ役で出演していた[13][14]

2015年10月27日から11月29日までブロードウェイのミュージカル『ハミルトン』に、ジョージ三世役で出演した。ジョナサン・グロフが『ルッキング』のドラマ撮影予定を終了するまでのための代役であった[15]

私生活[編集]

レイノルズはオープンリー・ゲイで、ハイ・スクールのころから自分がゲイであるのをの知っていた[16][3]。18歳で家族に打ち明けたが、家族はもうそれを理解していた.[17]。シアターでの友人たちには明らかにしていたが、ハイ・スクールの生徒であった頃までは、まわりにオープンにはしていなかった[3]

レイノルズはニュー・ヨークに住んでいて、撮影の仕事で必要になった場合はL.A.に滞在している[3]

ディスコグラフィー[編集]

ミュージカル・シアター・アルバム[編集]

出演作品[編集]

シアター[編集]

上演年 題名
原題
役名
原表記
備考
2000 – 2001 Pokémon Live! James Baritone/Tenor
2005 ヘアスプレー
Hairspray
フェンダー、リンク・ラーキン
Fender, Link Larkin
Replacement roles[18]
Neil Simon Theatre
2006 The 60's Project Performer Chester, CT (Regional): World Premiere
The Terris Theatre
2007 ジャージー・ボーイズ
Jersey Boys
ボブ・ゴーディオ
Bob Gaudio
US Tour: 1st National Tour, replacement role[19]
2010 Lysistrata Jones Michelangelo "Mick" Jackson Originated role[20]
Dallas Theater Center
2011 ブック・オブ・モルモン
The Book of Mormon
エルダー・プライス
Elder Price
Originated role
Eugene O'Neill Theatre
2014 ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
Hedwig and the Angry Inch
ヘドウィグ
Hedwig
Replacement
Belasco Theatre
2015 ハミルトン
Hamilton
ジョージ三世
King George III
Temporary five-week replacement
Richard Rodgers Theatre
2016 Falsettos Whizzer Broadway revival
Walter Kerr Theatre
2018 真夜中のパーティー
Boys in the Band
ラリー
Larry
Broadway
Booth Theatre

映画[編集]

公開年 題名
原題
役名
原表記
備考
2010 セックス・アンド・ザ・シティ2
Sex and the City 2
ウェディング・コーラス
Wedding Chorus
2012 バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!
Bachelorette
マニー
Manny
2015 マイ・インターン
The Intern
キャメロン
Cameron
2016 Why Him? Blaine Pederman

TVドラマとTVシリーズ[編集]

放映年 題名
原題
役名
原表記
備考
2012 – 2017 GIRLS/ガールズ
Girls
イライジャー・クランツ
Elijah Krantz
全35話出演
2012 – 2013 New Normal おにゅ~な家族のカタチ
The New Normal
ブライアン・コリンズ
Bryan Collins
全22話出演
2013 – 2014 ママと恋に落ちるまで
How I Met Your Mother
ダーレン
Darren
全2話出演。
2015 The Knick/ザ・ニック
The Knick
フレイジャー・H・ウィンゴー
Frazier H. Wingo
全4話出演
2016 Another Period Bertram Harrison Fusselforth VII 3 episodes
2016 Drunk History John A. Roebling Season 4 Episode 8 "Landmarks"
2017 ふたりは友達? ウィル&グレイス
Will & Grace
Reggie Season 9 Episode 4 "Grandpa Jack"
2018 ロマノフ家の末裔 〜それぞれの人生〜
The Romanoffs
デヴィッド・パットン 第5話『虚像の調べ』

TVアニメーション[編集]

ゲーム[編集]

  • Yu-Gi-Oh! Capsule Monster Coliseum-Mako Tsunami,2004
  • Bully(BULLY)-Bif Taylor,2006
  • Yu-Gi-Oh! Duel Links(遊戯王デュエルリンクス)-Mako Tsunami,2016

受賞とノミネーション[編集]

年度 カテゴリー 作品 結果
2011 トニー賞 ミュージカル主演男優賞 ブック・オブ・モルモン
The Book of Mormon
ノミネート
ドラマ・デスク・アウォーズ Outstanding Actor in a Musical ノミネート
2012 グラミー賞 Best Musical Theater Album 受賞
2013 OFTA Award Best Guest Actor in a Comedy Series GIRLS/ガールズ
Girls
ノミネート
Gold Derby Awards Best Comedy Guest Actor ノミネート
Dorian Awards Rising Star ノミネート
2014 Gold Derby Award Best Comedy Guest Actor GIRLS/ガールズ
Girls
ノミネート
放送映画批評家協会TV賞 Best Guest Performer in a Comedy Series ノミネート
2015 Broadway.com Audience Awards Favorite Replacement (Male) ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
Hedwig and the Angry Inch
ノミネート
2016 ハミルトン
Hamilton
ノミネート
2017 Favorite Featured Actor in a Musical Falsettos 受賞
トニー賞 Best Performance by Featured Actor in a Musical ノミネート


出典[編集]

  1. ^ Surname Database: Rannells Last Name Origin” (英語). The Internet Surname Database. 2019年6月18日閲覧。
  2. ^ a b c d Fischbach, Bob (2011年5月1日). “He has drive — and now Broadway”. Omaha World-Herald. http://www.omaha.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20110501/LIVING/705019893 2014年4月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f Taylor, Aisha (2014年2月11日). “girl on guy 126: andrew rannells (audio podcast)”. girl on guy. 2014年4月6日閲覧。
  4. ^ Miller, Bruce R. (2011年). “'Nebraska native finds stardom in 'Book of Mormon'”. Sioux City Journal. 2011年12月23日閲覧。
  5. ^ Francke, Warren (2012年9月9日). “Omaha’s Andy Now in New Normal: Oompa-Loompa Before Mormon Missionary”. The Reader (Omaha). オリジナルの2014年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140407081753/http://www.thereader.com/index.php/comments/omahas_andy_now_in_new_normal/ 2014年4月6日閲覧。 
  6. ^ Yi, David (2011年6月9日). “'The Book of Mormon' star Andrew Rannells: college dropout turned actor gets suited up for the Tonys”. NY Daily News. http://www.nydailynews.com/life-style/book-morman-star-andrew-rannells-college-dropout-turned-actor-suited-tonys-article-1.128282 2011年12月23日閲覧。 
  7. ^ Rapkin, Mickey (2011年6月9日). “Q&A: The Book of Mormon's Andrew Rannells”. GQ. 2013年4月14日閲覧。
  8. ^ Broadway.com Staff (2008年12月30日). “Andrew Rannells Tapped to Play Bob Gaudio in Jersey Boys”. Broadway Buzz. Broadway.com. 2014年5月17日閲覧。
  9. ^ [1]
  10. ^ Faires, Robert (2002年10月4日). “Articulations”. The Austin Chronicle. 2014年5月17日閲覧。
  11. ^ Truitt, Brian (2011年6月9日). “Rannells relishes first Tony nomination”. USA Today. http://usatoday30.usatoday.com/life/theater/awards/tonys/2011-06-09-andrew-rannells-tonys_n.htm 2014年4月6日閲覧。 
  12. ^ Hetrick, Adam (2012年6月6日). “"Two By Two": Josh Gad and Andrew Rannells Will Be Succeeded By Jared Gertner and Nic Rouleau in Book of Mormon. Playbill. オリジナルの2012年8月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120829143403/http://www.playbill.com/news/article/166746-Two-By-Two-Josh-Gad-and-Andrew-Rannells-Will-Be-Succeeded-By-Jared-Gertner-and-Nic-Rouleau-in-Book-of-Mormon 2012年10月26日閲覧。 
  13. ^ Goldberg, Lesley (2012年2月22日). “'The Hangover Star Joins NBC's Ryan Murphy Comedy”. The Hollywood Reporter. 2011年2月28日閲覧。
  14. ^ Miller, Bruce (2012年11月24日). “Andrew Rannells sends up boss in 'New Normal'”. Sioux City Journal. http://siouxcityjournal.com/entertainment/arts-and-theatre/andrew-rannells-sends-up-boss-in-new-normal/article_c9569f57-b3ee-5eae-9895-d3515e511365.html 2014年4月6日閲覧。 
  15. ^ Tony Nominee Andrew Rannells Will Step In for Jonathan Groff in Hamilton on Broadway”. Broadway.com. 2015年11月29日閲覧。
  16. ^ Siegel, Miranda (2012年5月29日). “Andrew Rannells on His Girls Character, Slapping Marnie, and His New Ryan Murphy Show”. Vulture-New York. http://www.vulture.com/2012/05/andrew-rannells-girls-the-new-normal-interview.html 2012年10月26日閲覧。 
  17. ^ Martin, Denise (2013年1月29日). “Andrew Rannells: The Boy Scout With the Dirty Mouth”. Vulture-New York. 2014年4月6日閲覧。
  18. ^ Joy, Cara (2005年11月11日). “Andrew Rannells to Star as Hairspray's Next Link Larkin”. broadway.com. 2014年5月18日閲覧。
  19. ^ Aradi, Cathi (2008年3月3日). “JBB EXCLUSIVE: Interview With Andrew Rannells!”. jerseyboysblog.com. 2014年5月18日閲覧。
  20. ^ Liner, Elaine (2010年1月28日). “The Dallas Theater Center's World Premiere, Give It Up! Asks The Audience To Give Up More Than Two And A Half Hours To Its Redbull-buzzed Idiocy”. Dallas Observer. http://www.dallasobserver.com/arts/the-dallas-theater-centers-world-premiere-give-it-up-asks-the-audience-to-give-up-more-than-two-and-a-half-hours-to-its-redbull-buzzed-idiocy-6405994 2017年12月30日閲覧。