アンドレアス・アッヒェンバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンドレアス・アッヒェンバッハ
Andreas Achenbach
Heinrich von Angeli Professor Andreas Achenbach.jpg
生誕1815年9月29日
Flag of Hesse.svg ヘッセン選帝侯国, カッセル
死没1910年4月1日
ドイツの旗 ドイツ帝国, デュッセルドルフ

アンドレアス・アッヒェンバッハ(Andreas Achenbach、1815年9月29日 - 1910年4月1日)はドイツの風景画家である。19世紀末のイギリスの人物事典、Chambers Biographical Dictionaryによれば "he was regarded as the father of 19th century German landscape painting."(「19世紀のドイツの風景画の父とされている」)[1]

略歴[編集]

カッセルに生まれた。父親は実業家で、デュッセルドルフで醸造業や宿屋を経営していた。幼い年から美術教育を受け12歳の1827年からデュッセルドルフ美術アカデミーで、フリードリッヒ・ヴィルヘルム・フォン・シャドーのもとで学び始めた。1832年にはオランダを旅し、17世紀の風景画家、ヤーコプ・ファン・ロイスダールの作品に影響を受け、オランダの海岸の風景を描いた。1835年以降、ミュンヘンフランクフルトで活動し、デンマーク(ホルシュタイン公国)生まれの風景画家、ルイス・グルリット(Louis Gurlitt)の影響を受けて、写実的な風景画を描くことになった[1]

弟のオスヴァルト・アッヒェンバッハ(Oswald Achenbach:1827–1905)も風景画家となり、イタリアの風景を多く残した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Chambers Biographical Dictionary 0-550-18022-2, page 6

参考文献[編集]

  • Ralf Kern: Oswald Achenbach: Ein Düsseldorfer malt Italien. LIT Verlag, Münster 2009, 978-3-643-10081-8
  • One or more of the preceding sentences incorporates text from a publication now in the public domain: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Achenbach, Andreas". Encyclopædia Britannica. 1 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 142.
  • Wikisource-logo.svg Gilman, D. C.; Peck, H. T.; Colby, F. M., eds. (1905). "Achenbach, Andreas". New International Encyclopedia (1st ed.). New York: Dodd, Mead.
  • The Iconographic Encyclopaedia of the Arts and Sciences: Sculpture and painting, (1887) p 204