アンドレアス・ケプケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドレアス・ケプケ Football pictogram.svg
20180602 FIFA Friendly Match Austria vs. Germany Andreas Köpke 850 0604.jpg
名前
ラテン文字 Andreas Köpke
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1962-03-12) 1962年3月12日(56歳)
出身地 キール
身長 182cm
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1983 ドイツの旗ホルシュタイン・キール 6 (0)
1983-1984 ドイツの旗SCシャルロッテンブルク 38 (0)
1984-1986 ドイツの旗ヘルタ・ベルリン 71 (0)
1986-1994 ドイツの旗1.FCニュルンベルク 235 (2)
1994-1996 ドイツの旗フランクフルト 66 (0)
1996-1998 フランスの旗オリンピック・マルセイユ 64 (0)
1998-2001 ドイツの旗1.FCニュルンベルク 74 (0)
代表歴
1990-1998 ドイツの旗 ドイツ 59 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレアス・ケプケAndreas Köpke, 1962年3月12日 - )は、ドイツ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはゴールキーパー。元ドイツ代表

経歴[編集]

サッカー選手としては遅咲きの部類に入る選手で、1990年に28歳で初めて西ドイツ代表に招集され、同年のFIFAワールドカップ・イタリア大会、1994年のFIFAワールドカップ・アメリカ大会の代表に選出された。しかし当時は正GKの座にボド・イルクナーが存在し重用された為、出場機会を得る事が出来なかった。

1993年にドイツ年間最優秀選手賞を受賞すると、FIFAワールドカップ・アメリカ大会後に正GKの座を掴み、1996年のUEFA欧州選手権1996優勝に貢献。特に準決勝のイングランド戦ではPK戦でガレス・サウスゲートのシュートを阻止し、ドイツの決勝進出に大きな役割を果たした。この活躍により、同年のFIFA年間最優秀ゴールキーパー賞を受賞した。

1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会にも出場したが、準々決勝でクロアチアに0-3で敗退。そしてこの大会を最後に代表から引退し、後進に道を開いた。

クラブレベルでは選手生活の大半を1.FCニュルンベルクで過ごし、1994年からはフランクフルト、1996年からはオリンピック・マルセイユへ移籍したが、晩年は再び1.FCニュルンベルクに戻り2001年に現役を引退した。

現役引退後もサッカー界と関わりを続け、2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会ではニュルンベルク市の大使を務め、2004年からは、ドイツA代表のGKコーチを務めている。

また息子のパスカル・ケプケもプロサッカー選手であり、U-20ドイツ代表にして2017年現在はFCエルツゲビルゲ・アウエに所属している。

個人タイトル[編集]