アンドレアス・ホモキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アンドレアス・ホモキAndreas Homoki, 1960年2月16日 - )は、 ドイツ マール生まれのハンガリー系ドイツ人オペラ演出家、インテンダント(芸術総監督)。

ベルリン(Technischen Hochschule、及びHochschule der Künste in Berlin)で学んだ後、1987年から1993年までケルン歌劇場でアシスタント・ディレクターを務める。1992年より、演出家としての活動も開始。

ジュネーヴ歌劇場での1992/1993シーズン開幕「影のない女」の演出で成功を収める。その後ハンブルク州立歌劇場「リゴレット」、デンマーク王立歌劇場「ドン・ジョヴァンニ」、バーゼル歌劇場「エレクトラ」、バイエルン州立歌劇場「アラベッラ」などヨーロッパを中心に活躍。

2002年よりベルリン・コーミッシェ・オーパーの主席演出家に就任、加えて2003年よりインテンダント(芸術総監督)を兼任していた。2012年よりチューリヒ歌劇場のインテンダントとしてアレクサンダー・ペレイラの後任に就いた。

日本での演出活動[編集]

2003年10月に東京、初台の新国立劇場にて「フィガロの結婚」(モーツァルト作曲)を演出。 (富山・オーバードホールでも上演。その後新国立劇場では2005年4月、2007年10月にも再演されている。)

2007年4月に、新国立劇場にて「西部の娘」(プッチーニ作曲)を演出。

2008年2、3月に、びわ湖ホール神奈川県民ホール、東京二期会の共同制作によってアンドレアス・ホモキ演出の「ばらの騎士」(R.シュトラウス作曲)が上演された。 これは2006年4月にベルリン・コーミッシェ・オーパーにて新制作されたプロダクションである。