アンドレアス・ヴェルクマイスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンドレアス・ヴェルクマイスター Andreas Werckmeister1645年11月30日ベネッケンシュタイン - 1706年10月26日 ハルバーシュタット)は、ドイツバロック時代の音楽家音楽理論家である。

生涯[編集]

ヴェルクマイスターはノルトハウゼンクヴェトリンブルクの学校で学んだ。音楽教育は叔父たちハインリヒ・クリスチャン・ヴェルクマイスター と ハインリヒ・ヴィクトール・ヴェルクマイスターから受けた。1664年に彼はハッセルフェルデのオルガニストとなり、10年後にエルビンゲローデへ移り、1696年には ハルバーシュタットのマルティン教会のオルガニストに就任した。

音楽作品[編集]

彼の音楽作品は1冊しか刊行されていない。通奏低音付きのヴァイオリン曲集でタイトルはMusikalische Privatlust (1689)というものである。

音楽理論[編集]

ヴェルクマイスターは後世には音楽理論家として、より広く知られるようになった。特に著作Musicae mathematicae hodegus curiosus… (1687)と、Musikalische Temperatur, oder… (1691)は代表作であり、それにおいて彼は現在ヴェルクマイスターの調律法として知られる鍵盤楽器の調律法について記述した。

Title page of Andreas Werckmeister, Orgelprobe (1698).

ヴェルクマイスターの著作、なかでも対位法に関してヨハン・ゼバスティアン・バッハはよく知っていた。ヴェルクマイスターは熟達した対位法、特に転回対位法 [1]は天体の通常運行と結び付けられている、と信じていた。これはヨハネス・ケプラーの著作「宇宙の調和 Harmonice Mundi」における見解の反映である。George Buelowによると「この時代の他の著作家は、神の仕事の結果として、そう明確に音楽を考えなかった」[2]が、バッハの見解とは合うものであった。ヴェルクマイスターは対位法に記述の焦点を合わせていたのだが、彼の作品は、その根底にある和声的原則を強調している。

その他[編集]

2000年に上映されたハンガリー映画「ヴェルクマイスター ・ハーモニー」では、彼の音楽理論について言及されている。

著作[編集]

  • Musicae mathematicae hodegus curiosus oder richtiger musicalischer Weg-Weiser (1686)
  • Musicalische Temperatur (1691)
  • Hypomnemata Musica (1697)
  • Erweiterte und verbesserte Orgelprobe (1698)
  • Die nothwendigste Anmerkungen und Regeln (1698)
  • Cribum Musicum (1700)
  • Harmonologia Musica (1702)
  • Musicalische Paradoxal-Discourse (1707)

脚注[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ George B. Stauffer, Journal of the American Musicological Society, Fall 2005, p. 711.
  2. ^ George J. Buelow, "Andreas Werckmeister," Grove Music Online
  • Hermann Gehrmann (1896), “Werckmeister, Andreas” (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 41, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 744–749 
  • David Yearsley, Bach and the Meanings of Counterpoint. New Perspectives in Music History and Criticism. Cambridge and New York: Cambridge University Press, 2002.

関連項目[編集]

著作