アンドレア・アニェッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドレア・アニェッリ
Andrea Agnelli
生誕 (1975-12-06) 1975年12月6日(43歳)
イタリアの旗 イタリアトリノ
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身校 セントクレアズ・オックスフォード
ルイージ・ボッコーニ商業大学
職業 ユヴェントスFC 会長
取締役会 フィアット
エクソール
配偶者 エマ・ウィンター
子供 2
ウンベルト・アニェッリ
アレグラ・カラッチョロ
親戚 ジョヴァンニ・アニェッリ(曽祖父)
エドゥアルド・アニェッリ(祖父)
ジャンニ・アニェッリ(伯父)
スザンナ・アニェッリ(伯母)
ジョン・エルカーン(従兄弟)
詳細はアニェッリ家を参照

アンドレア・アニェッリ英語: Andrea Agnelli1975年12月6日生まれ)は、アニェッリ家の著名なメンバーの一人であるトリノ出身のイタリア実業家。2010年以来、アニェッリ家が所有するユヴェントスFCの会長を務めている。

生い立ち[編集]

アンドレアはユヴェントスFCの会長で上院議員だったウンベルト・アニェッリと貴族の娘アレグラ・カラッチョロの間に生まれた。父ウンベルトは1970年から1976年にかけてアニェッリ家が所有するフィアットの最高経営責任者を務めていた。

兄ジョヴァン二・アルベルト・アニェッリが1997年に33歳の若さで早逝したためにアンドレアは息子ジャコモ・ダイ・アニェッリが誕生するまでアニェッリ家で最後のアニェッリ姓を持つ男子メンバー。現在も同家でアニェッリ姓を持つ男子は二人だけである。

Kリーグとの親善試合におけるロナウド訴訟騒ぎ [編集]

2019年7月26日、ユベントスとKリーグとの親善試合においてクリスティアーノ・ロナウドが契約に反して出場しなかったと韓国側が主張し、観客などを巻き込んだ訴訟騒ぎにまで発展した。契約内容は機密事項であり本来明かすこと自体ビジネスマナーに違反していることもあり、Kリーグ側の抗議文書に対してアニェッリが反論書簡を送った[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]