アンドレア・モンテルミーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドレア・モンテルミーニ
Andrea montermini brandshatch2014.JPG
モンテルミーニ(2014年)
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・サッスオーロ
生年月日 (1964-05-30) 1964年5月30日(55歳)
F1での経歴
過去の所属チーム '94 シムテック
'95 パシフィック
'96 フォルティ
出走回数 29 (20 starts)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1994年スペインGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1996年イギリスGP
テンプレートを表示

アンドレア・モンテルミーニAndrea Montermini, 1964年5月30日 - )は、イタリア出身の元F1ドライバーである。

略歴[編集]

1992年に国際F3000選手権ルカ・バドエルに次ぐシリーズランキング2位を獲得する。翌1993年はインディカーのデトロイト戦にスポット参戦し、4位入賞を果たしている。ベネトンのテストドライバーを務めた。

1994年に事故死したローランド・ラッツェンバーガーの代わりにシムテックからF1デビューする。ところがデビュー戦となった第5戦スペインGPのフリー走行中に最終コーナーの立ち上がりでコースアウトしクラッシュ。フロントから斜めに衝突したマシンは左向きに回転しながらホームストレート中央で停止。マシン前部が破壊され、ドライバーの両足がモノコック前端から見えるほどの事故で、ラッツェンバーガーに続く最悪の事態を予想させた。モンテルミーニはヘリコプターで緊急搬送され、デビュー戦を予選すら走る事無く欠場することになったが、足の踵とつま先にヒビが入る程度の負傷で助かった。

この年はJ.J.レートジャン・アレジペドロ・ラミーカール・ベンドリンガールーベンス・バリチェロ、そしてモンテルミーニが重傷を負うアクシデント。そしてラッツェンバーガー、アイルトン・セナの死亡事故で揺れたF1界だった。

パシフィックのマシンをドライブするモンテルミーニ(1995年イギリスGP)

1995年にはパシフィック (F1)に乗ってフル参戦する。最高位はドイツGPの8位だった。

1996年はパシフィックの撤退でフォルティから参戦する。しかし走らないマシンで4度の予選落ちをし、第10戦イギリスGPでチームが撤退する。1997年はローラのテストドライバーを務める予定だったが、第1戦のオーストラリアGPのみでチームは撤退したため、自身もF1から身を引いた。

その後はFIA GT選手権IMSAル・マン24時間レースなどスポーツカーレースで活動しており、ルマン24時間耐久レースでは1998年と1999年に総合6位となった。2008年のInternational GT Openでは総合優勝を達成した。

F1での全成績[編集]

(key)

エントラント シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC Points
1994 MTV Simtek Ford シムテック S941 フォード V8 BRA PAC SMR MON ESP
DNQ
CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR EUR JPN AUS NC 0
1995 Pacific Grand Prix パシフィック PR02 フォード V8 BRA
9
ARG
Ret
SMR
Ret
ESP
DNS
MON
DSQ
CAN
Ret
FRA
NC
GBR
Ret
GER
8
HUN
12
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
EUR
Ret
PAC
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
NC 0
1996 Forti Grand Prix フォルティ FG01B フォード V8 AUS
DNQ
BRA
Ret
ARG
10
EUR
DNQ
SMR
DNQ
NC 0
フォルティ FG03 MON
DNS
ESP
DNQ
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
DNQ
GER
DNP
HUN BEL ITA POR JPN

関連項目[編集]