アンドレイ・クラフチェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレイ・クラフチェンコ
Андрей Кравченко
Colonel General Andrei Kravchenko.jpg
生誕 1899年11月30日
ロシア帝国ポルタヴァ州、スリミン村[1]
死没 (1963-10-18) 1963年10月18日(63歳没)
ソビエト連邦ロシアSFSRモスクワ
所属組織 ソビエト連邦軍
軍歴 1918年 - 1955年
最終階級 上級大将
テンプレートを表示

アンドレイ・グリゴーリエヴィチ・クラフチェンコロシア語: Андрей Григорьевич Кравченко1899年11月18日ユリウス暦/30日グレゴリオ暦 - 1963年10月18日)は、ソ連の軍人。ソ連邦英雄

経歴[編集]

ロシア帝国ポルタヴァ州スリミン村出身。1918年から赤軍に入り、兵卒としてロシア内戦に従軍。1923年、ポルタヴァ軍事歩兵学校を卒業たあと1925年にソビエト連邦共産党に入党。1928年、M.V.フルンゼ名称軍事アカデミー卒業後、狙撃連隊参謀長、1930年からレニングラード装甲戦車指揮要員完全化課程の戦術講師。1935年からサラトフ装甲戦車学校に勤務。1939年5月から狙撃師団、後に自動車化狙撃師団の参謀長。冬戦争には、第173狙撃師団参謀長として従軍。1940年6月~1941年2月、第16戦車師団参謀長。

1941年3月から第18機械化軍団参謀長となり、独ソ戦を迎える。同年9月から第31独立戦車旅団長となり、モスクワの戦いに参加。1942年1月~3月、第61軍装甲戦車・機械化兵司令官。1942年3月から第1戦車軍団参謀長、同年7月から第2戦車軍団長、同年9月から1944年1月まで第4戦車軍団長。スターリングラード攻防戦において、第4戦車軍団は機動群となり、1942年11月23日ソヴィエツキー町で第4機械化軍団と合流し、スターリングラードの包囲網を完成させた。カストルナヤの戦い(1943年1月)、クルスクの戦い、ドニエプルの戦い(1943年8月~12月)、ウクライナの解放の功績に対して、ソ連邦英雄の称号が授与された。

1944年1月から終戦まで、第6戦車軍(1944年9月から親衛)司令官となり、コルスン包囲戦ヤッシー=キシニョフ攻勢ハンガリーチェコスロバキアオーストリアでの作戦に参加した。1945年夏、第6親衛戦車軍はモンゴルに配置転換され、ザバイカル戦線に編入され、ソ連対日参戦に参加した。これにより、2つ目のソ連邦英雄称号が授与された。

1947年6月からザバイカル軍管区沿バルト軍管区の装甲戦車・機械化兵司令官。1949年、高等軍事アカデミー附属学術課程を修了。1954年1月~1955年10月、戦車兵器担当極東軍管区司令官補佐官。

第2期ソ連最高会議代議員。

ソ連邦英雄(2度)。レーニン勲章2個、赤旗勲章4個、一等スヴォーロフ勲章2個、一等ボグダン・フメリニツキー勲章、二等スヴォーロフ勲章、二等クトゥーゾフ勲章を受章。

脚注[編集]

  1. ^ ウクライナキエフ州ヤホティーン地区英語版