アンドレイ・ミフネビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンドレイ・ミフネビッチ Portal:陸上競技
Andrei Mikhnevich.jpg
アンドレイ・ミフネビッチ(2007年大阪)
選手情報
フルネーム アンドレイ・アナトリェヴィチ・ミフネビッチ
国籍  ベラルーシ
種目 砲丸投
生年月日 (1976-07-12) 1976年7月12日(44歳)
生誕地 マヒリョウ州バブルイスク
居住地 ベラルーシミンスク
身長 202cm
体重 140kg
自己ベスト 砲丸投 : 22m10 (2011年)
 
獲得メダル
 ベラルーシ
陸上競技
オリンピック
剥奪 2008 北京 砲丸投
世界陸上競技選手権大会
2003 パリ 砲丸投
剥奪 2007 大阪 砲丸投
世界室内陸上競技選手権大会
剥奪 2010 ドーハ 砲丸投
ヨーロッパ陸上競技選手権大会
剥奪 2010 バルセロナ 砲丸投
剥奪 2006 ヨーテボリ 砲丸投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アンドレイ・ミフネビッチベラルーシ語:Андрэй Міхневіч、ローマ字:Andrei Anatolyevich Mikhnevich、1976年7月12日 - )は、ベラルーシの陸上競技選手。マヒリョウ州バブルイスク出身。

経歴[編集]

ミフネビッチは、砲丸投の選手で、1999年の世界室内選手権に出場し19m44で8位。翌2000年、初めてのオリンピック出場となるシドニーオリンピックでは決勝に進出し、19m48で9位。2001年のエドモントンの世界選手権で10位となっている。しかし、この後、ドーピング違反が発覚し、2年間の出場停止処分を受けた。

2003年、パリの世界選手権直前に復帰し、復帰初戦で21m66の好記録を樹立。2週間後の世界選手権でも自己ベストとなる21m69を投げ、復帰後いきなり世界チャンピオンに輝いた。また、同年のユニバーシアードでも勝利している。

2004年、ブダペストで行われた世界室内選手権では20m50を投げたものの6位に終わる。夏に行われたアテネオリンピックでも20m60で5位にとどまっている。2005年、2度目のベラルーシチャンピオンに輝くが、ヘルシンキの世界選手権では、20m74で6位に終わった。

2006年、モスクワで行われた世界室内選手権は、21m37でアメリカリース・ホッファに次いで銀メダル、さらに夏にヨーテボリで行われたヨーロッパ選手権でも21m11で、ドイツのラルフ・バルテルスに次いで銀メダルと、この年、2つの国際大会で銀メダルを獲得した。また翌年の2007年、大阪で行われた世界選手権においても、21m27でアメリカのホッファ、アダム・ネルソンに次いで銅メダルを獲得している。

2008年、3回目のオリンピックとなる北京オリンピックに出場。21m05で、ポーランドトマシュ・マエフスキ、アメリカのクリスチャン・カントウェルに次ぎ3位で銅メダルとなり、オリンピックで初めてのメダルを獲得した。また、この大会、妻のナタリア・ミフネビッチも女子砲丸投で銀メダルを獲得。夫婦でメダリストとなった。

しかし2013年、再びドーピングが発覚したため2006年以降の記録がすべて抹消され、永久追放された[1]

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1999 世界室内陸上選手権 前橋(日本) 砲丸投 8位 19m44
1999 世界陸上選手権 セビリヤ(スペイン) 砲丸投 24位(q) 18m93
2000 オリンピック シドニー(オーストラリア) 砲丸投 9位 19m48
2001 世界陸上選手権 エドモントン(カナダ) 砲丸投 10位 20m42
2003 世界陸上選手権 パリ(フランス) 砲丸投 1位 21m69
2003 ユニバーシアード 大邱(韓国) 砲丸投 1位 20m76
2003 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロ(モナコ) 砲丸投 3位 20m51
2004 世界室内陸上選手権 ブダペスト(ハンガリー) 砲丸投 6位 20m50
2004 オリンピック アテネ(ギリシャ) 砲丸投 5位 20m60
2005 世界陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 砲丸投 6位 20m74
  • qは予選

脚注[編集]